インターネット・アカデミー オフィシャルブログ
About

バンガロール・バーチャルリアリティ・ミートアップを開催しました

2016年5月 8日

Bangalore VR Meetupの様子

とあるアメリカの調査会社の報告では、バンガロールは世界で2番目に成長しているスタートアップ都市とランク付けされています。そんなスタートアップが多い都市ということもあってか、新しい技術やコンセプトに対する感度も高いエンジニアが多いような印象も受けます。ここ最近では、VR(仮想現実)やAR(拡張現実)といった話題のコンセプトが、バンガロールでも注目を集めています。(VRについては、ニシャンツ先生の「今年はVR元年!」をご参照ください)

そこで、インターネット・アカデミーのインド支店が主催者となって、「Bangalore Virtual Reality Meetup」というものを始めました。その第1回目を昨日、5月7日に実施してきました。

日本でも、こういった特定の技術にフォーカスした技術者のコミュニティーというのはありますが、バンガロールでは種類や参加者どちらも圧倒的に多いように感じます。アメリカでも良く使われていますが、「Meetup.com」というWebサイトで、このようなコミュニティーを作成することができて、同じような分野に興味のある人達が集えるような仕掛けがされています。私たちもMeetup.comを使用してみましたが、すぐにコミュニティ参加者は100人を超え、毎日のように参加者が増えてきています。

さて、イベントの方では、VRコンテンツ開発に必要なヘッドマウントディスプレイからジェスチャーコントローラー、360度撮影カメラなど、様々なガジェットを用意して、まずは参加者にVRの世界を体験していただく機会を作りました。もちろん、すでにVRコンテンツを作成している技術者もいらっしゃいましたし、マーケティング会社の方がVRマーケットの状況を知りたい、といった目的で参加されていた方もいました。

ちなみにVRコンテンツは、Web技術を使っても作成できるようにMozillaを中心として活動が始まっています。WebGLというブラウザー上で3D表現をするためのJavaScript APIを使用していくことになりますので、ますますJavaScriptの活躍の場も広がっていきそうですね。興味のある方は「MozVR」のサイトをぜひご覧になってください。

本ブログは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーの講師が運営するWebメディアです。 スクールの情報はもちろん、最新のWebデザイン・プログラミング・Webマーケティングについて役立つ情報をご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、マサチューセッツ工科大学のW3C本部に在籍し、HTML開発とインターネット・アカデミーのカリキュラム開発を担当する。

海外支店責任者として、アメリカとインド、日本を行き来する。5年間、マサチューセッツ工科大学のW3C本部に在籍し、HTML開発と普及活動を行ってきた経歴を持つ。

日本の新宿校、渋谷校インストラクター。主にWebマー ケティングとクリエイティブ系の授業を担当。

バンガロール校インストラクター。デジタルマーケティング が専門分野。

Google認定Webマーケティング講座の企画・開発に携わる。「PHPカンファレンス2011」で講演。「PHP公式資格教科書」の執筆など

バンガロール校支店長。Webプロデューサー、インストラクター、エリアマネージャを経て、現在はグローバル展開のビジネスディベロップメントを担当。

「W3C"HTML5 Tour"」での講演や、インド校にてWebデザイナーおよびチーフインストラクターを勤めた経歴を持つ、人気キャリアプロデューサー。

フランスにあるW3CのEUホスト、ERCIM(欧州情報処理数学研究コンソーシアム)に常駐し、Webの研究を行うインド人インストラクター。Webマーケティングに精通している。

テーマテーマ

最新の記事最新の記事

スタッフ別ブログスタッフ別ブログ