インターネット・アカデミー オフィシャルブログ
About

現実世界と仮想世界の融合!?AR(拡張技術)の進化とこれから

2017年5月25日

現実世界と仮想世界の融合!?AR(拡張技術)の進化とこれから

昨年、爆発的なブームを起こした「ポケモンGo」。 現実世界を歩き回りながら、ポケモンをゲットするという 拡張現実(AR)による、現実世界と仮想世界(バーチャル)の 融合が人々を魅了しました。

ARとは、スマートフォンやパソコンなどで、現実世界を映しながら、 その中に3Dイメージも同時に映し出す技術のことです。 よく対比されるVR(ヴァーチャルリアリティ)との違いは、 ARは現実世界の中に非現実的なものを表示するのに対し、 VRは非現実的な世界を画面上にリアルに表現する点にあります。

AR技術は早くもいろんなアプリやサービスで活用されていて、みなさんが気づかずに実際にお使いなったこともあるかもしれません。 以前本ブログで取り上げた「Google翻訳」では、カメラ機能を使って、リアルタイムで写した外国語を翻訳するという機能がありましたが、あれもARの応用例の1つです。(過去記事「Google翻訳が進化!人間の脳の仕組みをモデル化したアルゴリズムとは」参照)

最近では、また新たにARが応用されたコンテンツが登場しています。

AR技術の更なる発展

最近では、「IKEAカタログ」というアプリでもARが駆使されています。 このアプリで活用されているARは、バーチャルな家具を表示し、 購入したい家具の大きさを、家のインテリアに合わせながら確認することができます。 アプリ内のカメラ機能使って、欲しい家具の形を選択すれば、そのARが画面に表示されるようになっています。 新生活をこれから始める方や、引越し後、家具を新調される方にとって大変ありがたい機能ですよね。

AR技術を駆使した無料アプリがリリースされるなど、ARが私たちの生活にかなり近づいてきていますが、まだまだARの発展は続きそうです。

Googleが開発した「Tango」というAR技術では、今まで以上に簡単にARを制作できるようになっています。 「Tango」を使えば、リアルタイムで3Dモデル構造を構築することができるようになっています。 つまり、リアルタイムに、カメラ機能などで映した風景の3Dモデルを作ることができるということです。

このリアルタイム3Dモデル構造技術は、驚くことに、みなさんでも手に入れられる専用のスマホ「Phab2Pro」と「ZenFone AR」で、活用することができます。

AR技術の更なる発展
asus「ZenFone AR」

AR技術を活用したアプリや機能だけでなく、これからはより多くの人々がARを駆使したコンテンツの発信者になる時代がやってくるかもしれません。(Tangoに興味を持った方は、山田先生の過去ブログ記事「AR技術に大変革!Google Tangoとは?」もご覧ください。)

AR市場拡大の見込み

AR技術を搭載したデバイスやアプリの登場から、AR市場が拡大しているのは明らかですが、ビジネスにおいては、どんなインパクトがあるのでしょうか。

ARは資格情報の伝達方法を今までと異なり、五感を通して伝えるので、様々な場面で活用されるのは間違いありません。 例えば、AR搭載のカメラ機能を使って、旅行先で訪れた観光地を撮影することで瞬時に観光地の情報を得たり、 少し先の話かもしれませんが、AR搭載のコンタクトレンズなんて登場したりするかもしれません。

米・ニューヨークに本社を置く、通信関連分野の調査レポートを出版するABIリサーチによれば、今年、2017年には変曲点に到達し、AR市場のシェアは前年の400%以上も伸びるとも言われています。(参考データ:「Augmented Reality Will Hit a Turning Point in Industrial Industries in 2017」)

こうした成長は、Boeing(ボーイング)やGEをはじめとする巨大な多国籍企業の競争によって続き、一方で、産業界では技術発展に伴う人材養成のために共同する動きが予想されるなどの変化によって生じると考えられています。 AR技術の開発・普及を担う人材がより求められるようになりそうですね。

インターネット・アカデミーでは、ARサービスを開発するためのプラットフォームであるUnityを学べるセミナーを開催したり、インドにあるバンガロール支店では、VR/AR技術について学べるUnity認定の講座を開講しています。 インドIT留学プログラム「Startup Ignition Program」もご用意しているので、興味がある方はぜひお問い合わせくださいね!

本ブログは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーの講師が運営するWebメディアです。 スクールの情報はもちろん、最新のWebデザイン・プログラミング・Webマーケティングについて役立つ情報をご紹介しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在、マサチューセッツ工科大学のW3C本部に在籍し、HTML開発とインターネット・アカデミーのカリキュラム開発を担当する。

海外支店責任者として、アメリカとインド、日本を行き来する。5年間、マサチューセッツ工科大学のW3C本部に在籍し、HTML開発と普及活動を行ってきた経歴を持つ。

日本の新宿校、渋谷校インストラクター。主にWebマー ケティングとクリエイティブ系の授業を担当。

バンガロール校インストラクター。デジタルマーケティング が専門分野。

Google認定Webマーケティング講座の企画・開発に携わる。「PHPカンファレンス2011」で講演。「PHP公式資格教科書」の執筆など

バンガロール校支店長。Webプロデューサー、インストラクター、エリアマネージャを経て、現在はグローバル展開のビジネスディベロップメントを担当。

「W3C"HTML5 Tour"」での講演や、インド校にてWebデザイナーおよびチーフインストラクターを勤めた経歴を持つ、人気キャリアプロデューサー。

フランスにあるW3CのEUホスト、ERCIM(欧州情報処理数学研究コンソーシアム)に常駐し、Webの研究を行うインド人インストラクター。Webマーケティングに精通している。

テーマテーマ

最新の記事最新の記事

スタッフ別ブログスタッフ別ブログ