アマゾン、VR/ARを簡単に作れる「Amazon Sumerian」を発表

2017年11月29日

グーグルやアップル、マイクロソフト、フェイスブックなど、アメリカの大手IT企業が続々と参入しているVR/ARマーケットに、新たな参入者の登場です。

アマゾンが、プログラミング知識なしでVRやARコンテンツの作成を可能とするサービス「Amazon Sumerian」を発表しました。Sumerianは、アマゾンが提供しているクラウドサービスのAWS 内の一部のサービスとして提供されます。現在は、プレビュー版が公開されていて、AWSのアカウントがあれば利用が可能です。

Sumerianでは、既存のテンプレートを使用して、クリックアンドドラッグなどの直感的な操作のみで、VRやARコンテンツ用の3D体験を作成することができます。また既存のテンプレートだけではなく、FBXやOBJファイルといった独自の3Dデータを取り込むことも可能です。近々、Unityのプロジェクトをインポートする機能も対応する予定のようです。

Sumerianで作成したコンテンツは、Oculus RiftやHTC Viveといった主要のヘッドセットはもちろんのこと、WebVRに対応したモバイル端末向けの書き出しも可能です。先日、グーグルが発表したARCore も近いうちに対応する予定のようです。

続々と、IT業界のメジャープレイヤーがVR/ARマーケットに参入してきていますね。インターネット・アカデミーでは、インド校に続き、日本の渋谷校もUnity認定校となりました。これからもVR/AR業界のニュースをピックアップしてお届けしたいと思います。

テーマ

最新の記事

スタッフ別ブログ