(株)博報堂アイ・スタジオ

博報堂アイ・スタジオが
理想とする人材を目指して

(株)博報堂アイ・スタジオ人材開発室 室長
廣岡マヒコ 様

博報堂アイ・スタジオ

大手広告会社「博報堂DYグループ」の「博報堂アイ・スタジオ」は、主にインタラクティブコンテンツの制作ビジネスを行う。設立以来、国内外のクリエイティブアワードで数多くの受賞歴があり、日本のインタラクティブ広告制作においてトップランナーとも言える存在。そんな同社が今回初めて行った内定者研修は、Web技術のおもしろさを体感し、未来のインタラクティブ広告業界を支える人材としての第一歩を踏み出すきっかけとなった。

INTERVIEW

職種に関係なく、
技術を学ぶ面白さを知ってもらいたい

職種に関係なく、技術を学ぶ面白さを知ってもらいたい

これまで弊社では、新卒の内定者に対して、個別に資格の取得を推奨していたものの、全員を対象にした研修は行っていませんでした。

しかし、総合職・専門職などの職種に関係なく、まずは「Webの制作技術」を学ぶことのおもしろさを知ってもらうことと、少しでも「技術」の部分に興味をもってもらいたいという思いから、今回初めて「集合研修」という形で内定者全員に研修を受けてもらうことにしました。

そうすれば、たとえ入社後に営業や企画などの直接制作に関わらない部署に配属されたとしても、「根っこ」の部分を知っている分、発想力が豊かになると考えたのです。

スタッフの「人柄の良さ」が、
研修先を決めるきっかけに

スタッフの「人柄の良さ」が、研修先を決めるきっかけに

研修先としてインターネット・アカデミーを選んだ理由としては、大きく分けて3つあります。

1つ目は「Webに特化している点」です。実は以前、インターネット・アカデミーが開催したセミナーに参加したことがありました。その時に、「Webに特化して教えているからこそ、Webの技術に対しての先進性がある」と感じました。やはり“技術のおもしろさ”を知ってもらうための研修ですので、学べる技術は最先端のものが良いと考えていました。研修先を検討する際、インターネット・アカデミーならWebの最先端技術を学べると思ったのです。

2つ目は「研修内容の柔軟性」です。弊社としては、パッケージ化された研修内容では満足する結果にはつながらないと考えていました。ある程度柔 軟に、研修内容をカスタマイズしていただけるようなスクールを探していました。インターネット・アカデミーではこちらの要望通りに内容をカスタマイズでき るという点も、決め手のひとつとなりました。

最後の3つ目は「人柄」です。今回の研修を提案していただいた担当の方も、以前セミナーでお会いした方もとても素晴らしい方々だったので、やはり教えを受ける身としてはこのような人柄の方々に教わりたいという気持ちが強くありました。

これらのようなことを考えて、インターネット・アカデミーなら満足できる研修内容になると考え、研修をお願いすることに決めました。

根っこをしっかり作れば、木はしっかり育つ。

実際に研修を受けた内定者からは「楽しかった!」という声を多く聞きました。私としては、これが一番の成果だと考えています。

研修の内容は、PHPの基礎を学ぶというものだったので、元々プログラムに触れたことのない人にとっては未知の世界だったと思います。それでも、素 直に「楽しい」と感じられたことで、技術に対する好奇心が芽生えたように思います。実際に研修後、「この部分をこうしたらどうなるのか」「このような時は どう書けばいいのか」などと、受講者同士が活発に意見交換していました。

この内定者達は、技術の基本を知ったので、具体的なアイデアを出しやすくなったと思います。弊社が求める人材像として、技術や知識があることはもちろんですが、「どこまで人を巻き込んで自分のアイデアをカタチにできるか」ということにも重点を置いています。

今回の研修を通して技術という「根っこ」の部分を学んだことで、その上に茂る枝や葉――アイデアや創造力が、より大きく、よりスピーディに生み出せるようになったと確信しています。入社したあとどこまで今回の研修を活かしてくれるのか、非常に楽しみです。