(株)サークルKサンクス

サークルKサンクスWebサイト統括リーダー

(株)サークルKサンクス統括マネージャー
橋本ゆり子 様

サークルKサンクス

サークルKサンクスのオフィシャルWebサイトを運用する専門部署の統括マネージャー。コンビニエンスストアは、Webサイトに掲載する商品の入れ替わりが激しいため、一般的には運用がむずかしい。しかし、持ち前のバランス感覚とスピード感のある判断力でディレクションをこなし、チームメンバーからの信頼もあつい。サークルKサンクスのWebサイトに限らず、事業戦略の展開には欠かせない人材である。

INTERVIEW

「短期間で学べる」が必須条件

「短期間で学べる」が必須条件

弊社は今まで、オフィシャルサイトの制作を完全に外注していました。しかし、それではコストパフォーマンスが良くなかったのと、Webを事業戦略のひとつとして位置づけるためには自社で制作と管理をするのが望ましいということで、社内でWebの専門部署を立ち上げることになったのです。

とはいえ、当時、私を含めて社内にはWebの専門知識を持ったスタッフなど一人もいませんでした。デザインなどを外注するにしても、結局はデザインの指示やできてきたものに対するジャッジを自分たちでしなければなりませんし、そもそも発注の料金感覚もまったくありませんでした。

だからこそ、短期間で専門の知識を身につける必要があったのです。それにはスクールで研修を受けるのが一番と考え、「とにかく短期間で必要なスキルを身につけられるところ」を基準にして探しました。

ただ学ぶだけでなく、
今後の課題や方向性まで

ただ学ぶだけでなく、今後の課題や方向性まで

インターネット・アカデミーは、限られた予算の中で私たちの要望に合わせて研修内容をカスタマイズして提案してくれました。それが決め手でしたね。

学んだのは、Webについての基本的な概念から、データの管理の仕方、グラフィックの制作など、一通り制作に必要な知識を学びました。もちろん基本的なことだけでなく、たとえば商品の魅力が伝わるような写真加工の仕方や、アクセス解析ツールをより使いこなして分析を行う方法、外注先とのやり取りのノウハウなども学ぶことができました。それらの知識は、学んですぐ翌日から仕事に活かすことができました。

当時公開していた自社のサイトをインストラクターにチェックしてもらい、使い勝手や改善点などもアドバイスしてもらって、課題や今後の方向性を確認する、なんてこともしていました。

お客様とのコミュニケーションがとれるサイトへ

実際に研修を受けた内定者からは「楽しかった!」という声を多く聞きました。私としては、これが一番の成果だと考えています。

希望どおり短期間で研修を終え、現在ではさっそく我々の専門部署がフル稼働してWebサイトの運営管理からマーケティングまで自社内で行っています。コンビニエンスストアは商品の回転が早いため、Webサイト上に掲載する期間が2~3週間と短く、掲載内容のクオリティを保ちながらなるべく早く更新作業をする、というバランスがとても重要。そこが難しいなと感じているのですが、学んだ分析の知識を活かしながらディレクションしています。

今後は、オフィシャルサイトを通じてサークルKサンクスのファンをもっともっと増やしていきたいと考えています。そのためには、お客様とのコミュニケーションを深めて、お客様の要望がくみとれるサイトにしなければなりません。挑戦してみたいこと、実現したいことは山積み。ひとつずつ、カタチにしていきたいですね。