人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)SUBSIDY

厚生労働省人材開発支援助成金が
利用できます

人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)は、労働者のキャリア形成を効果的に促進することを目的とした厚生労働省の制度です。この制度を活用すれば、長期にわたるIT研修を低コストでご利用いただくことができます。

※平成29年4月1日からキャリア形成促進助成金は人材開発支援助成金と名称が変更されました。

IT研修を低コストで導入するチャンスです。

この助成金制度(特定訓練コース)は、中小企業から大企業まで助成の対象となっており、年間で最大1,000万円までの支給をお受け頂くことができます。

  • 助成額年内最大1,000万円
    年度内に最大1,000万円助成可能
  • 経費助成1人当たり最大50万円
    1人当たり最大50万円(大企業は1人当たり最大30万円)経費助成可能
  • 賃金助成1人1時間最大760円
    受講者1人1時間当たり760円(大企業は380円)賃金助成可能

助成金活用における条件

  • 雇用保険の被保険者への研修であること
  • 会社都合による解雇がないこと(計画届提出の前日から起算して6か月前の日から、支給申請の日まで)
  • 助成対象となる訓練コースの受講は、1人当たり1年度3回までです。

詳しくは厚生労働省の人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)のページをご確認ください。

主なコースの助成額と助成率

人材開発支援助成金には研修対象者や研修内容によって様々なコースが用意されています。

特定訓練コース

職務に関連した専門的な知識および技能の習得を目的とした訓練を実施した場合に、その経費や賃金が助成されるコースです。

  中小企業 大企業
賃金助成額
(受講者1人1時間あたり)
760円 380円
経費助成率 45% 30%

キャリア形成支援制度導入コース

定期的なセルフ・キャリアドック制度の導入、教育訓練休暇制度または教育訓練短時間勤務制度を導入し、実施した場合に助成されるコースです。

  中小企業 大企業
制度導入助成額 47.5万円 -

職業能力検定制度導入コース

技能検定合格者への補助金支給制度、社内検定制度などを導入し実施した場合に助成されるコースです。

  中小企業 大企業
制度導入助成額 47.5万円 -

活用事例

インターネット・アカデミーでは、以下のような研修にも助成金をご利用いただくことが可能です。

  • 内定者・新入社員向け企業研修
  • 技術者向け企業研修
  • 広報・広告担当者向け企業研修
  • マネジメント層向け企業研修

CASE1.既存社員向けのITリテラシー研修

企業業種 印刷会社(従業員規模/約100名)
研修人数 既存社員50名
研修内容 ITリテラシー・UI/IX講座(6時間×4日)
  • 研修費

    360万円

  • 助成金支給

    賃金助成
    90万円

    経費助成
    160万円

  • 実質研修費

    110万円

※実際の研修費は人数や内容により変動がございます。

CASE2.新入社員向けのWeb制作実践研修

企業業種 広告制作会社(従業員規模/約50名)
研修人数 新入社員5名
研修内容 Web制作実践・プロデュース/ディレクション講座・マーケティング講座(6時間×10日)
  • 研修費

    195万円

  • 助成金支給

    賃金助成
    20万円

    経費助成
    75万円

  • 実質研修費

    100万円

※実際の研修費は人数や内容により変動がございます。

自社にぴったりの研修をお探しの方へまずは無料相談・お問い合わせください

自社にぴったりの研修をお探しの方へ

インターネット・アカデミーでは、研修内容を弊社が提供する講座から自由にお選びいただくのはもちろん、御社専用にカスタマイズ、カリキュラムを作成することも可能です。IT・Webのプロフェッショナルが無料でご相談を承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。