コーダーとは?仕事内容や将来性をご紹介

コーダーとは?仕事内容や将来性をご紹介

コーダーとはどのような職種かご存知でしょうか。Web・ITに馴染みのない方にとってはあまり聞いたことのないワードかもしれません。しかし、コーダーの役割は、Webサイトの良し悪しを左右するほど重要であり、スキル次第で高収入を狙うこともできる職種でもあります。今回は、コーダーについて仕事内容や将来性、コーダーになるために必要なことを簡単にご紹介していきます。コーダーに興味がある方はぜひご一読下さい。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

コーダーとは?

コーダーとは、Webデザイナーがデザインしたサイトやアプリケーションなどを、ユーザーがWeb上で閲覧・動作させることができるよう、作り上げる職種のことを言います。そして、コーダーがコードを書く作業を「コーディング」と言います。コーダーが行うコーディングの仕事は、デザインデータを実際に使えるものにするために構造や機能を正しく作りこむ必要があります。企業内でWebサイトを内製化している場合やフリーランスなどの場合、Webデザイナーがコーディング作業まで行うことも珍しくありません。しかし、Web制作会社では分業しているのが一般的です。コーダーは最新の技術知識、SEOなどマーケティング知識、プログラミングやサーバーなどのエンジニアの知識といった専門知識を駆使して、より質の高いWebアプリケーションや成果が出せるWebサイトを構築することが求められます。

主な仕事内容

コーダーは、依頼されたデザインを実現するためにマークアップ言語やスタイルシート言語を用いてコーディングを行います。HTML・CSS・JavaScriptなどの言語が一般的に使用され、依頼通りのWebサイトを作成するためにこれらの言語の仕様に沿ってコードを書いていきます。
また、閲覧するブラウザや端末によって、コーディングしたデザインや機能に不具合が生じる場合があります。このような時にコードの確認や修正を随時行うこともコーダーの重要な仕事です。指示通りにコーディングを行うのはもちろんですが、Webサイト制作に携わっているデザイナーやシステムを開発するプログラマーの趣旨や希望をくみ取りつつ作業を行うことも大切です。そのため、幅広い分野に精通していることが求められます。

プログラマーとの違い

ここまでの説明で、コーダーとプログラマーの違いは何なのか?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。確かに言語を用いてプログラムを書くということは両者に共通していますが、扱う言語や担当する分野は大きく異なります。
コーダーは「フロントエンド」というパソコンやスマートフォン上での表示を担当しており、先にも述べたようにHTML・CSS・JavaScriptなどの言語を扱っています。一方、プログラマーは「バックエンド」を主に担当しサーバーで動くシステムのプログラムを書きます。Java・PHPなどのプログラミング言語を使用するのもコーダーと異なる点です。

コーダーの将来性は?

コーダーの将来性についても簡単にご説明します。
ほとんどの企業が独自のWebサイトを運用している現代ではコーダーの需要は高いと言えるでしょう。現在はWeb上でのマーケティングが主流になっているため、競合他社よりも良いWebサイトを運用しネット上から集客することが必須になります。そのため、Webサイト改良の必要性が高まり、新たなデザインのサイトをコーディングする機会が増えるため、その分コーダーの需要も高まるのです。
また、コーダーをファーストステップとしてWebデザイナー、Webプログラマーへのキャリアアップを狙えるという点もコーダーの将来性が高いと言える理由の1つでしょう。

コーダーになるためには?

それではコーダーになるためにどのようなスキルが必要になるのでしょうか。
必須な資格はありませんが、コーダーとしての知識や技術を何かしらの方法で身につける必要があります。ここでは、その知識や技術を学ぶ方法を「独学で学ぶ」「専門のWebスクールで学ぶ」の2種類に分けてご紹介します。

独学で学ぶ

独学で進めていく場合のメリットは、仕事の合間や通勤途中の電車内などで自分のペースで勉強を進めることができる点です。HTMLやCSSなどの参考書はたくさんあるので、自分の勉強スタイルに合ったものを組み合わせて学ぶことができます。
しかし、分からないところや勉強につまずいてしまったときにそこで挫折してしまう可能性があります。

専門のWebスクールで学ぶ

スクールに通って学ぶメリットは、効率よく短期間でスキルを習得することができる点です。また、分からないところが出てきてもすぐに講師に質問することができ、その場で疑問を解決できることもメリットの1つです。受講料はかかりますが、その分挫折することなく効率的に学習をすすめていくことができるでしょう。

実際にコーディングができるようになれば2種類どちらの学習方法でも問題はありませんが、効率よく短期間でスキルを身につけられるという点ではスクールに通って学ぶほうが良いかもしれません。

まとめ

コーダーは需要も高く、デザインを「見える」形にしていけるやりがいのある職種です。WebデザイナーやWebプログラマーへのキャリアアップも狙える、将来性のある仕事ですのでコーダーをぜひ目指してみてはいかがでしょうか。

インターネット・アカデミーは日本初のWebデザイン専門のスクールです。コーダーを始めとし、WebデザイナーやWebプログラマーなどのWeb関係の仕事をしたいという方のサポートをさせていただきます。このような職種に少しでも興味がございましたら、ぜひお気軽にご相談ください。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム