【初心者入門編】クラウドとは?まず押さえたいメリット・デメリット

【初心者入門編】クラウドとは?まず押さえたいメリット・デメリット

最近、クラウドサービスの提供を開始するという企業のニュースをよく目にするようになり、ますますクラウドが私たちの生活に欠かせない存在になりつつあります。今回はクラウドとは何か、クラウドを利用するメリットとデメリットについてご紹介します。

新入社員の育成にお悩みをお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

未経験の新入社員を「最短距離で最前線へ」導く

https://www.internetacademy.jp/

Web・IT未経験者を、短期間で業界のトップランナーに育成する。それこそがインターネット・アカデミーが最も得意とすることです。あらゆる業界の人事担当者に選ばれ続けているその理由と、他のスクールとの違いをご紹介します。

目次

クラウドとは?

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、インターネットなどのネットワーク経由でユーザーにサービスを提供する形態のことです。

クラウド(cloud)は直訳すると「雲」を意味します。なぜ「雲」という単語を使うのか、定説があるわけではありません。ただ、以前よりネットワーク図を雲であらわすことが多かったことや、ユーザーがソフトウェアやデータの物理的な保存場所(サーバーの設置場所)を意識することなく、「雲の中に隠れたコンピューターから提供されるサービスを利用する」というイメージからきているのではないかと言われています。

Webデザイン・プログラミング・マーケティングを学びたい方は、こちらのページをチェック♪↓

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

クラウドサービスの分類

SaaS(Software as a Service)

SaaS(Software as a Service)

SaaS(サース)はネットワークを経由してソフトウェアを提供するサービスです。GoogleマップやYahoo!メールなどがSaaSにあたり、ソフトウェアパッケージの購入やインストールをせずに、必要な機能だけを選んで利用することができます。



PaaS(Platform as a Service)

PaaS(Platform as a Service)

PaaS(パースまたはパーズ)は、アプリケーションを構築して稼働させる開発環境(プラットフォーム)を、ネットワーク経由で提供するサービスです。SaaSは一般の方でも利用しやすいクラウドサービスであるのに対して、PaaSはシステム開発者にとって欠かせないサービスと言えます。



HaaS(Hardware as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)

HaaS(ハース)またはIaaS(イアースまたはアイアスなど)は、サーバーや記憶装置などのインフラ機能をネットワーク経由で提供するサービスです。サービスはネットワーク経由で提供されるため、実機のハードウェアで起こり得るトラブルを回避することができます。

今すぐ研修を実施したい、IT戦略を成功させたいなどのご要望をお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

クラウドのメリットとデメリット

メリット

サーバーやソフトウェアを買わなくても良い

サーバーやソフトウェアなどのサービスがネットワーク経由で提供されるクラウドは、ユーザーがサービスを所有するのではなく、必要な機能を必要なときに利用する仕組みです。サービスの購入費用について悩むことはありません。

システム構築の時間を短縮できる

システムを自社で一から構築しようとすると、多くの工程や時間を必要とします。しかし、クラウドサービスを利用することによって開発期間を短縮し、素早く運用することができます。

メンテナンスが不要

自分のPCやハードウェアにデータを保存している場合、定期的なメンテナンスは欠かせません。しかし、クラウドサービスは運営元が管理およびメンテナンスをしているため、ユーザーによるメンテナンスは不要です。

デメリット

カスタマイズが難しい

社内に構築したシステムは自由にカスタマイズできますが、クラウドサービスの利用には制限が設けられていることに注意する必要があります。ただし、ある程度自由にカスタマイズ可能なクラウドサービスも登場しています。

サーバーの安定性やセキュリティに関するリスク

サーバーの安定性やセキュリティに関するリスク

クラウドサービスのメリットの1つとしてメンテナンスが不要である点を挙げましたが、サーバーの安定性はサービスのレベルに依存します。また、クラウドサービスがサイバー攻撃を受けた場合、クラウド上に保存していたデータが漏えいする可能性があります。

おわりに

クラウドは必要なときに必要な機能だけを利用でき、メンテナンスも不要であることから、今後ますますクラウドが活用されていくでしょう。クラウドのOSにはLinuxが使われることが多いため、現在エンジニア職に就いている方はもちろん、これからエンジニアを目指そうと考えている方も、Linuxの知識を身に付けておくと、クラウドビジネスに携わりやすくなります。

インターネット・アカデミーでは、Linuxを運用するためのノウハウや緊急時の対応を学び、さらには資格取得も目指せるサーバー講座をご用意しています。クラウドに関心をお持ちの方は、ぜひ無料体験レッスンにご参加ください。

IT研修・ITスクールのインターネット・アカデミー

参考URL

【Linux研修】LPICの勉強は企業研修で!Linuxの資格対策講座 サーバー管理者になるには資格が必要?サーバーエンジニア向けの資格

関連講座

サーバー講座