0120-746-555お電話での無料体験レッスン予約・ご質問はこちら(受付時間 10時‐21時)
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

Webデザイン(ウェブデザイン)の勉強・スキルアップ方法まとめ

Webデザイン(ウェブデザイン)の勉強・スキルアップ方法まとめ

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

IT業界まるわかりガイドでは、Webデザインの勉強やスキルアップ方法に関するさまざまな情報を取り上げています。Webデザイナーを目指している方やWebデザインに興味をお持ちの方は、ぜひ参考にしてください。

Webデザインを学んで「Webデザイナー」になろう!

Webデザイナーってどんな仕事?

Webデザインを学んで「Webデザイナー」になろう!

Webデザイナーとは、依頼されたWebサイトのデザインを担当する職業です。クライアントがイメージするWebサイトデザインを具現化することが、Webデザイナーの役割です。

日本においてはWebデザインスキルを持つ人材として定義されることの多い職業ですが、海外ではWebデザインスキルだけでなく、プログラミング、SEO(検索エンジン最適化)やアクセス解析のスキルを持っていることが一般的です。そのため、日本と海外のWebデザイナーは年収に差があります

Webデザイナーを名乗る上で必須となる資格はありませんが、スキルや知識をアピールできる資格として、「Webクリエイター能力認定試験」「HTML5プロフェッショナル認定資格」「ウェブデザイン技能検定」などがあります。

「Webディレクター」「Webプロデューサー」にキャリアアップも!

「Webディレクター」「Webプロデューサー」にキャリアアップも!

WebデザイナーとしてWeb業界でキャリアをスタートさせた方も、スキルを身に付ければWeb制作の全体的なマネジメントを担う「Webディレクター」、Webプロジェクトの責任者である「Webプロデューサー」にステップアップできます。

WebディレクターやWebプロデューサーになるためには特別な資格は不要ですが、「Web検定 Webディレクター試験」「Webアナリスト検定」「Webクリエイター能力認定試験」「ネットマーケティング検定」などの資格を持っていると有利です。 営業力、スケジュール管理能力、チーム全体のマネジメント能力といった現場のスキルを培うとともに、このような資格の取得を検討しておくと良いでしょう。

これからWebデザイナーを目指す人へ

Webデザイナーはニーズが高く、将来性のある職業であるとともに、自由度の高い働き方ができる点が魅力です。フリーランスや主婦の方がWebデザイナーとして活躍する他、在宅で活動するWebデザイナーもいます。自分のライフスタイルに合わせて働きたい方に向いた職業です。

Webデザイン初級編:Web制作の基礎

Web制作に必要なツール

Web制作に必要なツール

Webデザインを学ぶ場合は、最初にWeb制作の環境を整える必要があります。Adobe社のグラフィックソフト「Photoshop」「Illustrator」は制作に必須です。どちらかと言えば、PhotoshopはWebサイト向け、Illustratorは印刷物向けですが、状況に応じてソフトを使い分けます。両方のソフトを使いこなせるようにしましょう。

また、グラフィックソフト以外の便利なツールもあります。Webサイトの色を簡単に調べられる「ColorPick Eyedropper」、マルチデバイスでの表示を確認できる「User-Agent Switcher」などのGoogle Chromeの拡張機能(アドオン)を利用することにより、作業効率を上げることが可能です。

Webデザインの基礎

美しく見やすいWebデザインは、デザインの基本に忠実です。ユーザーにとって魅力的に映るWebサイトには、デザインのトレンドやユーザーの利用デバイスに合わせて、「カラム・レイアウト」「フリー・レイアウト」「グリッド・レイアウト」といったレイアウトのパターンが採用されています。

また、「近接(グループ化)」「整列」「反復」「コントラスト(強弱)」といった手法も、Webデザインの基礎として確立されているコンセプトです。このようなレイアウトや手法を学ぶ場合は、既存のWebサイトを参考にしましょう。Webデザインのプロたちが作成したギャラリーサイトからインスピレーションを受けて、デザインカンプを作ってみることも1つの方法です。

画像素材(写真・イラスト)について

画像素材(写真・イラスト)について

Webサイト内で使用する画像は、Webサイトの印象や雰囲気を左右します。自分で写真を撮影したり、イラストを描いたりできれば理想的ですが、時間やコスト、スキルの制約があるなど自分で画像を用意することが難しい場合は、素材サイトの「フリー素材」を使用する機会も増えています。

ただし、フリー素材であっても、著作権が放棄されているとは限りません。利用規約をよく読んだ上で使用することが大切です。Webデザイナーとして日頃から著作権について関心を持つようにしましょう。

文字(フォント)について

文字(フォント)は、画像と同様にWebサイトのイメージを決定する要素です。フォントが変わると、ユーザーに与える印象は大きく変わります。ユーザーフレンドリーなWebサイトデザインのためには、タイポグラフィ(文字の書体、配置、構成)と併せて、CSS3で新しく導入された「Webフォント」に関する知識も欠かせません。

Webフォントは、Webサーバー上にフォントデータを用意しておき、ユーザーのブラウザに読み込ませる仕組みです。通常、ユーザー環境によっては指定したフォントを表示できない場合がありますが、Webフォントを利用すれば、思い通りのフォントを表示させることができます。

Webデザイン中級編:Web制作のポイント

スマートフォン対応

Web制作のポイント スマートフォン対応

スマートフォンが普及を続けている昨今、スマートフォンでWebサイトを閲覧するユーザーの存在は無視できません。2017年1月現在、導入時期は未定ですが、GoogleはPC向けではなくモバイル向けページの評価をもとにランキングを決定する、Mobile First Index(モバイルファーストインデックス)の導入を発表しています。このように、スマートフォン対応はSEOの観点からも重要です。

スマートフォン対応の手法は、スマホ専用サイト作成とWebサイトのレスポンシブ化の2つですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。ユーザーのニーズも考慮した上で、対応方法を決定してください。

UI/UXデザインを意識する

UI/UXデザインを意識する

Webデザイナーは、Webサイトを通してユーザーが得られる体験、UX(User Experience:ユーザーエクスペリエンス)の向上を目指すことになります。UX向上のためには、表示されている情報の方式や入力の仕組み、UI(User Interface:ユーザーインターフェース)の改善が不可欠です。最近では、人間中心設計(Human Centered Design)という手法も用いられています。

IoT(Internet of Things)の時代を迎え、ユーザーはさまざまなデバイスからWebにアクセスするようになりました。インターネットに接続する機会が増えるとともに、これまで以上にユーザーの目線に立ったWebデザインが求められるでしょう。

Webデザイン以外も学んでスキルアップ!

Webデザイナーとして一歩先のキャリアを切り開くなら、デザイン以外の知識も必要です。コーディングやWebマーケティングなど、Webサイトに関わるさまざまなスキルを身に付けましょう。動画コンテンツの制作にも活かせるJavaScriptや、最近注目を集めているCSSフレームワーク「Bootstrap」を学ぶこともおすすめです。

プログラミングに苦手意識を持つWebデザイナー志望の方もいるとは思いますが、HTML、CSS、JavaScript、PHPでコーディングできるようになると表現の幅はもちろん、仕事の幅も広がります。また、コンテストやアワードへ参加し、実績を残すこともキャリアアップへの近道です。

Webデザインの勉強方法

Webデザインが学べるスクールに通う

Webデザインの勉強方法

短期間で実践的なスキルを身に付けるために有効な方法は、Webデザインが学べるスクールに通うことです。独学では何かと挫折しがちなWebデザインの勉強も、仲間や講師のサポートで即戦力となる技術を効率良く学べます。人との出会いを通してモチベーションを高められる点もスクールに通うメリットです。

コスト面が気になるグラフィックソフトですが、スクールによっては学生割引で購入できます。近年ではインターン制度や就職支援制度の充実から、ダブルスクールをする大学生も少なくありません。自分に合うスクールを選べば、受講料に十分見合うリターンを得られます。

Webスクールを選ぶときのコツ

Webスクールを選ぶときのコツ

スクール選びの際は、スクールの費用だけを見て決めることは避けましょう。安いスクールは、授業内容も価格相応の可能性があります。まずは無料体験レッスンなどに参加し、「自分のニーズとマッチしているか」「実践的なカリキュラムが組まれているか」などをきちんと確認してください。社会人の方は、働きながら無理なく通えるスクールであるかどうかも重要なチェックポイントです。

卒業後のことを考え、就職支援を行っているかどうかも調べておきたいところです。卒業生の活躍や作品は、スクールを評価する際の判断材料になります。気になるスクールがあれば、卒業生がどのような実績を残しているか調べましょう。

さまざまな方法でWebデザインを学ぶ

さまざまな方法でWebデザインを学ぶ

Webデザインに関する書籍を読んだり、勉強会やセミナーへ参加したりすることは、Webデザインの勉強に良い刺激となります。インターネットで受講するeラーニングは、Webデザインの通学制スクールに通いながら、スクールの講義を補うために利用すると良いでしょう。

Webデザイン勉強中に気を付けたいこと

これからWebデザインを学ぼうとしている方の中には、「Webデザインだけを勉強すれば、Webデザイナーになれる」と考えている方もいると思います。しかし、Webデザイナーにはコーディングスキルをはじめ、SEOの知識やWebデザインのトレンドをキャッチする情報収集スキルも必要です。

特に独学の場合は、クライアントが求めるWebサイトを制作するために必要なヒアリング力や提案力が不足しがちです。Webデザインの基礎はもちろん、実際にWeb制作現場で求められるスキルをスクールでバランス良く学びましょう。

Webデザイン実践編:Web制作のコツ

Webデザイン実践編:Web制作のコツ

Photoshopユーザーであれば、Photoshop CC(Creative Cloud)以降実装された「画像アセット」を使いましょう。画像の切り出しや保存が非常に楽になります。 ユーザーを引き付ける、インパクトあるデザインにしたい場合は、CSSによる縦書きレイアウトや、立体的に見えるデザイン手法「パララックス」を取り入れることもおすすめです。

なるべく時間をかけずにWebサイトを制作したいときは、無料ホームページ作成ソフト・ツールで骨組みを作った後、細部をカスタマイズする方法もあります。今後のキャリアを考えるのであれば、さまざまなテクニックを駆使したポートフォリオサイトも作っておきたいところです。

Webデザインの豆知識

Webデザインの豆知識

WebやITの業界は、移り変わりが激しいことが特徴です。近年では、W3CによるHTML5.1の勧告、HTTPステータスコードに誕生した「451エラー」も記憶に新しいところです。Webデザイナーには、このようなWeb業界の動向に常にアンテナを張り巡らせておくことが求められます。

[PR] 「このまま仕事続けていていいのかな...」そんな不安をマンガで解決!『マンガでわかる! インターネット・アカデミー』

おわりに

Webデザイナーが学ばなくてはならない内容は多岐にわたります。独学の場合、参考書やインターネットから情報を手に入れることができても、実践で活かせないことが少なくありません。WebデザインやWeb全般の知識を効率良く身に付けるためには、Webデザインを学べるスクールに通うことが近道です

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。Webデザインに興味がある方はお気軽にご参加ください。

[PR] 「IT人材が社内に足りない!」「助成金って使える?」 企業研修に関する疑問を解決

Webデザインを学びたい方へまずはお気軽にお問い合わせください

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

業界のトレンドや、最先端のWeb技術についてご紹介をする『無料体験レッスン』をインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)