無料体験レッスン
よくあるご質問

Web業界にはどんな職種がありますか?

Web業界には「Webデザイナー」「Webディレクター」「Webプログラマー」など様々な職種があります。ここでは、それぞれの職種と仕事内容についてご紹介します。

Webデザイナー

Webサイトのクオリティを左右する要素のひとつとして「デザイン」があります。デザインの良し悪しによって、Webサイトの使いやすさや見た目の美しさ、そしてWebサイトから得られる成果は大きく変わります。Webデザイナーは、PhotoshopやIllustratorなどのグラフィックソフトを使い、Webサイト全体のビジュアルのデザインします。また、出来上がったデザインをもとに、HTMLやCSS、JavaScriptを使ってWebサイトを構築するコーディングも行います。

この職種を目指す方にオススメのコース

Webプロデューサー

Web制作プロジェクトの統括責任者として、企画立案から、納品、そして結果測定まで責任を持ってプロジェクトをゴールへと導きます。クライアントの要望を汲み取りプロジェクトを成功させるためには、制作の知識はもちろん、Webマーケティングやマネジメントなど幅広い知識やスキルが求められます。

この職種を目指す方にオススメのコース

Webディレクター

デザイナーやエンジニアを指揮し、ひとりでは実現できないような大規模なプロジェクトを形にしていくのがWebディレクターの仕事です。クオリティの高いサイトを作るためには、Web制作に精通したWebディレクターの存在が欠かせません。しかし、現場ではWebディレクターが慢性的に不足しており、人材ニーズの増加はとどまるところを知りません。

この職種を目指す方にオススメのコース

Webプログラマー

お問い合わせフォームからショッピングサイトのシステム構築まで、Webサイトで利用する各種サービスを実現するためのプログラム制作を行います。プログラミング言語にはPHPやJavaなど様々な種類があり、現場によって求められる言語が異なります。次々とWebサービスが生まれている今、その屋台骨を作るWebプログラマーはニーズの高い職種のひとつと言えます。

この職種を目指す方にオススメのコース

サーバーエンジニア

Webサイトへ各種サービスを提供するサーバーの技術者です。Windows、Linux、UNIXなど各種サーバーのシステム構築や保守管理などを担います。モバイルやクラウドサービスが普及し、安定したWebサービスを提供するには、優れたサーバーエンジニアの存在が欠かせなくなっています。

この職種を目指す方にオススメのコース
質問一覧に戻る