お知らせINFORMATION

お知らせ

2012年08月22日11月にインド バンガロール校、オープン!!

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、インドのバンガロールに進出し、インターネット・アカデミー バンガロール校を2012年11月より開校いたします。

インド国内では、IT関連の仕事は新職業として若者や学生から注目を浴びています。システムの開発や運用などを海外のIT企業に委 託するグローバルソーシング(オフショアリング)に関して、ソフトウェア・サービス(BPOを除く)の分野では世界全体で560〜580億ドルのうちの約65%をインドが占め、またBPOの分野では世界全体で360〜380億ドルのうちの約34%を占めています(※1)。

また、インドのIT技術者は米国内でも数多く採用されています。米国のH-1Bビザ(高度熟練労働者ビザ)における2005年度の発給件数は約27万件となっており、実にその44.4%はインド人によって占められ、次いで多い中国人の比率9.2%を大きく引き離しています(※2)。そのようなインドの中でバンガロールという都市は「インドのシリコンバレー」とも呼ばれ、インド国内のIT企業はもちろん、外資系IT企業の多くがバンガロールに支社を置いています。

インターネット・アカデミーは、そのバンガロールに校舎を設立し、現地の中所得者以上(年収250万円以上が目安)のIT事業従事者もしくはIT業界への就業希望者をターゲットとして、初年度で5000万円の売上を、5年以内には3億円の売上を見込んでいます。8月から駐在スタッフ3名がバンガロールに駐在し、現地の学校との連携・法人向けの事業も同時並行で進め、将来的には日本の受講生とインドの受講生との交換留学やエンジニアの人材採用なども検討しています。

インターネット・アカデミーは、国内初のWeb専門スクールとして、そしてスクール業界で唯一のW3C(Webの技術を策定するWeb標準化機構)メンバーとして、国内の教育サービスのノウハウを活かし、インドのIT市場活性化に貢献してまいります。

出典一覧

(※1) 『インド 成長ビジネス地図』 日本経済新聞出版社 P146
(※2) 『インド経済の基礎知識 第2版 〜新・経済大国の実態と政策〜』 JETRO P81

お問い合わせ先

インターネット・アカデミー 広報担当
電話:03-3341-3781
FAX :03-3341-3782

おすすめ関連記事