無料体験レッスン
0120-746-555お電話での無料体験レッスン予約・ご質問はこちら(受付時間 10時‐21時)
お知らせ

お知らせ2013.02.28
グローバル企業が集う「W3C Advisory Committee Meeting 2013」のスポンサーに!

アップル、グーグル、マイクロソフトなど、W3C(※)メンバーであるグローバル企業が集う国際会議「W3C Advisory Committee Meeting 2013」が、7年ぶりに日本で開催されます。

W3C Advisory Committee Meeting 2013とは、各企業から代表者(Advisory Committee Representative)が参加し、W3Cの活動報告や注目すべきIT技術を議論して今後のWeb技術の仕様を決定する重要な会議です。これまではスペインのビルバオやフランスのニースなどで開催され、インターネット・アカデミーもメンバー企業として参加を続けてきましたが、本年度はスポンサー企業となり技術仕様の策定を支援することとなりました。

インターネットの生みの親であり、W3C創設者でもあるティム・バーナーズ=リーをはじめ、世界中のトップクラスの技術者が来日し、慶應義塾大学にて本ミーティングが実施されます。インターネット・アカデミーが技術仕様の策定を支援し、そこで得た最新技術をカリキュラムにいち早く反映 し、IT教育の普及に貢献します。

※W3CとはWebサイト制作に必要な技術開発とその標準化を行っている、Web業界で世界最高位の団体です。下記の4つの組織が中心となり、世界各国で20の支部を構えています。

W3Cメンバーのスクールで学ぶメリット

インターネット・アカデミーは日本のスクール業界で唯一のW3Cメンバーとして認められています。また、米国ボストン市にあるマサチューセッツ工科大学(MIT)内のW3C本部には、現在インターネット・アカデミーのインストラクターが客員研究員として在籍し、最新のWeb技術開発 などの仕事に直接携わっています。だからこそ提供できるカリキュラムがインターネット・アカデミーにはあります。

インターネット・アカデミーとは

Webデザインやプログラミングなど、Web・ITが学べる通学制のスクールです。
1995年の創業以来、初心者を「最短距離で最前線へ」導くスクールとして、
これまでに25,000人以上の卒業生を国内外に輩出してきました。社会人でも短期間でスキルと人脈を得ることができます。

無料体験レッスン実施中
このページの上へ