インターネット・アカデミーからのお知らせ「W3Cとインターネット・アカデミー W3C公式講座「W3DevCampus」の日本語版を提供開始 〜12月8日から「W3C公式HTML5講座」を開講〜」

お知らせ
W3C公式HTML5講座新規開講!

W3C とインターネット・アカデミー
W3C公式講座「W3DevCampus」の日本語版を提供開始
〜12月8日から「W3C公式HTML5講座」を開講〜

Web技術の国際標準化団体のワールドワイドウェブコンソーシアム(W3C)日本ホスト・W3C/Keio(慶應義塾大学政策・メディア研究科特任教授・W3C/Keioサイトマネージャ:一色正男)と、Web専門スクールのインターネット・アカデミー(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:大西一磨、学校長:大岡和雄)は、2013年12月8日より、日本で初めて「W3C公式HTML5講座」を開講することを発表しました。

HTML5は新しいアプリケーションプラットフォームとして注目を集めています。現在、テレビや電子書籍、家電などにHTML5ブラウザが次々と搭載され、さらに時計や自動車、そして家など、あらゆるモノがWebで繋がり、それに伴いHTML5が急速に普及することが予想されています。

これまでW3Cでは、W3C自身が運営するオンライン講座「W3DevCampus」において、英語によるHTML5講座を運営してきましたが、HTML5のニーズの高まりを受け、今年の8月にスペイン語版、11月に韓国語版がリリースされました。そしてついに日本でも、W3CとWeb専門スクールであるインターネット・アカデミーが協力し、日本語版「W3C公式HTML5講座」を開発し、開講することになりました。

この日本語版「W3C公式HTML5講座」は「W3DevCampus」で提供するオンライン基礎学習に加え、インターネット・アカデミーで実施される実践課題を中心としたライブ授業を組み合わせ、学習効果を高める「反転授業」方式をとっており、これは他にはない特色です。

W3Cとインターネット・アカデミーは「W3C公式HTML5講座」の実施を通じて、来るべきHTML5時代のWeb技術者育成を推進し、日本のITビジネスの発展に貢献いたします。

W3C教育事業責任者:マリークレール・フォルグ 談

「W3Cは英語以外の言語でも、高品質な講座を提供するように努力をしています。これは、W3C公式講座の国際化にとって1つのマイルストーンです。今回、私たちは日本で素晴らしいパートナーを見つけられたことに期待と喜びを得ています」

講座概要

本講座は、HTML5に関する基礎知識やHTML5に関連すると言われる様々なJavaScript APIについて、幅広く学習する講座です。

講座回数 全6回×2時間×週1回
(その他、オンライン教材での基礎学習が週4時間ほど)
授業
開催日
  •  ※受講の進め方に関するガイダンスを行います。

※ライブ授業の全ての日程に参加出来ない場合でも、一度ご相談ください。

講座内容
  • 1.HTML5の新要素、セマンティック
    • HTML5の新要素
    • HTML5の新属性
    • Microdata
  • 2.マルチメディア
    • HTML5ビデオ
    • オーディオ
  • 3.グラフィック描画
    • HTML5 Canvas
    • アニメーション
  • 4.HTML5フォーム
    • 新しいinput type
    • フォーム関連の新属性
    • フォーム関連の新要素
    • フォームの検証
  • 5.HTML5関連のAPI
    • DOM API
    • geolocation API
    • orientationとdeviceMotion API
    • WebWorker API
  • 6.ドラッグ&ドロップとストレージ
    • drag and drop API とFile API
    • Web Storage
    • IndexDB
受講料 入学金:10,500円
受講料:126,000円

ワールドワイドウェブコンソーシアムについて

World Wide Web Consortium(W3C)は、Web標準化の開発を目的とし、会員組織、フルタイムスタッフ、および公的団体が連携する国際的なコンソーシアムです。W3Cは、Webの長期的な成長の確保を目的としたWeb標準およびガイドラインの作成を通じ、使命に尽力しています。Open Web Platformは、現在、我々が最も注力している分野です。390を超える組織が、本コンソーシアムの会員として参加しています。W3Cは、米国MIT Computer Science and Artificial IntelligenceLaboratory(MIT CSAIL:マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学人工知能研究所)、フランスEuropean Research Consortium for Informatics and Mathematics(ERCIM:欧州情報処理数学研究コンソーシアム)、中国の北京航空航天大学、および日本の慶應義塾大学により共同運営されており、各国にW3Cオフィスを設置しています。また、W3Cはより良いWebを提供するために、W3C公式講座とプレミアムなW3Cバリデータサービスを提案しています。詳細については、http://www.w3.org/をご覧ください。

インターネット・アカデミーについて

インターネット・アカデミーは、1995年に日本初のWeb専門スクールとして誕生、これまでに25,000人のWeb技術者を育成してきました。東京渋谷の本校と新宿校、インドバンガロール校の3校、そして、米国ニューヨークに支社、ボストンに研究所があります。スクール業界で唯一の、Web標準化機構・W3Cのメンバーとして、Web業界標準の質の高い教育を行っています。顧問は、一色正男教授(神奈川工科大学 教授 慶應義塾大学 大学院 特任教授 W3C/Keio サイトマネージャ)。

会社概要

学校名 インターネット・アカデミー
学校長 大岡和雄
顧問 一色正男
神奈川工科大学 教授
慶應義塾大学 大学院 特任教授
W3C/Keio サイトマネージャ
所在地
渋谷本校
東京都渋谷区桜丘20-1 渋谷インフォスタワー5階
新宿校
東京都新宿区新宿2-5-15 新宿山興ビル2階
インドバンガロール校
#223, 2nd Floor, Brigade Arcade, Garudacharpaly, Mahadevapura Post, Bangalore, India
米国ニューヨーク支社
568 Broadway, 11th Floor, New York, NY, USA
米国ボストンラボ
One Broadway, 14th Floor, Cambridge, MA, USA
社名 インターネット・ビジネス・ジャパン株式会社
設立 1995(平成7)年 9月12日 資本金1億円 従業員数70名
事業内容
  • Webサイトの制作、システム開発および管理・運用
  • IT技術者の育成およびITに関する企業教育全般
  • IT技術者の人材派遣および経営戦略における人材採用コンサルティング

講座に関するお問い合わせ

講座のくわしい内容やお申し込み方法などは下記からお問い合わせください。

0120-746-555