0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

人工知能とは?未来の人工知能(AI)の利用方法と2045年問題

人工知能

「人工知能(AI)」とは、学習・推論・認識・判断などの人間の知能を持たせたコンピューターシステムのことです。通常のコンピューターは与えられたプログラム通り動作しているに過ぎませんが、人工知能を備えたコンピューターはデータとして蓄積されたパターンを基に、相手や状況に応じた適切で柔軟な対応を選択することができます。

1997年5月、IBMのスーパーコンピューター「ディープ・ブルー」が当時チェス世界チャンピオンのガルリ・カスパロフに歴史的な勝利を収めました。コンピューターにできる限り多くの定跡を覚えさせ、局面に応じてパターンを先読みさせることによって、常に最善の手を打つことができたためです。

しかし、人間の知能と人工知能には大きな違いがあります。人間は「前回の対戦ではこうして負けたのだから、次回は新しいアプローチをしよう」と経験から学習することができますが、コンピューターの場合は新しいプログラムを必要とします。

自ら学習するコンピューターの研究は続けられていますが、人間と同レベルの学習能力を持つコンピューターはまだ現れていないようです。

人工知能の利用方法

AIの利用方法

あるコンビニエンスストアで「おにぎりを買った人はお茶も買う」客が多く訪れるとします。注意深い店員はおにぎりとお茶が同時に購入されることに気付き、「おにぎりの隣にお茶を置こう」と考えるでしょう。

しかし、お店の商品数が増えた場合、人間の力だけで同時に購入されやすい組み合わせを見つけ出すことは可能でしょうか。

商品の数が少ないうちは人間でも商品の売れ行きを確認することも比較的容易ですが、品数が数十万点、数百万件になると把握は困難です。


コンビニにおける商品購入の履歴は、コンピューターにデータとして記録されています。人工知能を利用することによって買い物状況から得られる情報を分析し、組み合わせて購入されることの多い商品や販売が増える時期、時間帯、購買層などを割り出すことが可能です。

人工知能は人間の頭脳では処理できない膨大な量のデータ「ビッグデータ」に掛け合わせることで、経済に大きな変革をもたらす可能性を秘めています。

人工知能が抱える問題

これからますますの発展が期待される人工知能ですが、2045年問題や倫理問題などの懸念もあります。

1. 2045年問題

2045年問題

「2045年問題」とは、2045年には人工知能が人間の知能を超えるという予測です。インテルの創設者の1人、ゴードン・ムーアが1965年に提唱した集積回路の集積密度は2年で2倍になるという法則に基づきます。

集積回路の密度が高まればコンピューターの性能も向上するため、2045年にはコンピューターの人工知能が人間の知能を超える「技術的特異点(シンギュラリティ)」を迎えるのではないかといわれています。人工知能が人間の知能を超えたとき、私たちの生活やビジネスに与える影響が懸念されます。

2. 倫理問題

SF作家アイザック・アシモフは「人間への安全性、命令への服従、自己防衛」をロボット三原則として挙げました。

人工知能を備えたロボットが人間に危害を及ぼす命令を下された場合、ロボット三原則に従おうとするロボットは「人間への安全性」と「命令への服従」のどちらを選べば良いのかというジレンマに陥ってしまいます。また、過ちを犯したロボットには責任が発生するのかという倫理的な問題も生じます。

おわりに

人工知能が搭載された人型ロボットを街やニュースで見かける機会も多くなってきました。人工知能の進歩に伴い、より生活が豊かになることが期待される一方、新しいテクノロジーに対する不安はまだ払拭されていません。今後、人工知能の利用方法や人間とロボットの共存についてさらなる議論が必要であり、その議論のために人工知能の基礎知識やロボットを動かすアルゴリズムを学習しておくと良いでしょう。

ビッグデータが気になる方へまずはお気軽にお問い合わせください

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

日本初そして唯一のIT・Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、毎日無料体験レッスンを開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)