副業・転職を目指す方へ

フロントエンドエンジニアとは?フロントエンジニアの仕事内容と年収

Web制作者といえば「Webデザイナー」や「Webディレクター」が代表的な職種ですが、Web制作の工程ごとに専任の担当者を配置する場合もあります。「フロントエンドエンジニア」もWeb制作に携わる職種の1つです。よく似ている職種に「マークアップエンジニア」があるため、両者の違いがよく分からない方もいるでしょう。今回は、フロントエンドエンジニアの仕事内容と年収をご紹介します。

目次

JavaScriptの記事一覧

フロントエンドとは

フロントエンドとは

フロントエンドエンジニアは、フロントエンド側を担当するエンジニアです。まず、フロントエンドとは何かについて整理しておきましょう。

フロントエンド(front-end)とは、ユーザーと直接データのやり取りを行う要素のことで、Web制作ではWebブラウザ側(クライアント側)を指します。

一方、バックエンド(back-end)はフロントエンドからのデータ入力や指示に基づき、ユーザーから見えないところでデータ処理や保存などを行う要素のことで、Web制作ではWebサーバー側を指します。

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーのデザインをもとに、HTML、CSS、JavaScript(jQuery)、PHPの設計や実装、WordPressなどのCMS(コンテンツマネジメントシステム)構築やカスタマイズを担当します。

HTMLの設計を主に行うマークアップエンジニアに対し、フロントエンドエンジニアはHTMLの他にCSSやJavaScript、PHPのコーディングを行う点が違います。

ただし、企業によってはフロントエンドエンジニアの業務内容が異なることも少なくありません。デザインはすべてWebデザイナーに任せるという企業もあれば、デザインの一部はフロントエンドエンジニアに任せるという企業もあります。

そのため、デザインについても関心を持つようにすると良いでしょう。直接デザインに関与しない場合でも、デザイナーと連携する機会があるため、採用時にPhotoshopやIllustratorなどの画像編集ソフトのスキルを求める企業もあります。

スマホ時代のUIを担うフロントエンドエンジニア

スマホ時代のUIを担う

自社サービスのUI(ユーザーインターフェース)設計や実装に関わるフロントエンドエンジニアもいます。現在、フロントエンドエンジニアに求められる重要スキルは、モバイル対応です。

これまではPCからWebサイトにアクセスするユーザーが大半を占めていましたが、近年ではスマートフォンなどのモバイル端末からアクセスするユーザーが増加しており、既に2015年にはGoogleが「PCでの検索数」よりも「スマホなどのモバイル端末での検索数」の方が多くなったと公表しています。

 

総務省の「端末別にみた個人のインターネット利用者数・比率の推移」によると、PCからのアクセスが平成27年70.0%、平成28年72.1%、平成29年67.5%…と減少する一方、モバイル端末からのアクセスは平成27年70.0%、平成28年72.1%、平成29年67.5%と増加しています。

また、モバイル端末のみからインターネットを利用するユーザーが、平成27年26.7%、平成28年24.4%、平成29年27.9%と増加傾向にある点も無視できません。

したがって、Webサイトを制作する場合は、モバイル端末からアクセスするユーザーが理解・操作しやすいUIを心掛けることが必要です。

フロントエンドエンジニアを目指す場合は、HTMLだけでは実現できない表現を加えられるJavaScriptを学び、モバイル端末の小さい画面を最大限活かせるUI設計や実装のスキルを身に付けることをおすすめします。  また、Webコンテンツを瞬時に読み込んで表示するためAMP対応やWebマーケティングに対する理解など、求められる知識の幅は年々広がっていることも覚えておくと良いでしょう。

フロントエンドエンジニアの年収

フロントエンドエンジニアに限定した年収の調査結果はありませんが、Web専門の人材サービスを提供しているWEBSTAFFによると、フロントエンドエンジニアの平均年収は約500万円です。

さまざまな採用メディアを見ると、おおよそ400万~600万円を想定年収としているようです。企業の中には1,000万円を超える年収を提示する企業もあります。

おわりに

Web業界を取り巻く状況は日々変化しています。Web制作者は自分の専門・担当分野以外にも関心を持つことが大切です。フロントエンドエンジニアとして働くことを希望する方は、自分の枠にとらわれることなく、自分の可能性を広げるためにも、「現場で使える」最新のWeb技術を学べるWebスクールに通い、スキルアップするのもオススメです。スクールの講師や一緒に学ぶ受講生から刺激を受けながら、なりたい自分に近づいてください。

Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、これまで25,000人を超える卒業生を輩出してきました。自分のペースとスタイルで学べるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就転職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。初心者の方から、さらなるスキルアップを目指す方まで、あらゆるサポートをさせていただきます。ぜひお気軽に無料体験レッスン・カウンセリングにお越しください。

就転職・副業に有利なフロントエンドの知識を身につける

プログラマーコース

未経験からのスタートでもWebデザイナーとしてプログラミングの基本スキルがすべてマスターできるだけでなく、実際の制作に役立つノウハウまで学ぶことができます。

相談してコースを選びたい方はカウンセラーに無料で相談

カウンセラーに無料で相談

※無理な勧誘は一切ありません

無料で相談してみる