0120-746-555お電話での無料体験レッスン予約・ご質問はこちら(受付時間 10時‐21時)
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

Webプロデューサーとは? Webプロデューサーの仕事内容と年収

Webプロデューサーとは

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

現在ではインターネットがビジネスに欠かせないツールの1つとなり、多くの企業が自社のWebサイトを持っています。Webプロジェクトの責任者である「Webプロデューサー」は、Webに関する戦略や業務などに深く関わる立場として、年々需要が高まっている職種です。

Webプロデューサーは、Webサイトの企画をする人であることは間違いありませんが、知識がないと企画もできないため、一般に思われている以上に幅広い知識や能力が求められます。今回はWebプロデューサーの仕事内容と年収についてご紹介します。

Webプロデューサーの仕事内容

Webプロデューサーの仕事内容

Webプロデューサーの仕事内容を一言で言うと、「Webに関わるプロジェクト全体を統括すること」です。Web制作の現場を管理するだけでなく、企画の立ち上げからクライアントへの営業やプレゼンテーション、予算設定や人材の適切な配置、納品後のアフターフォローなど、プロジェクトの最初から最後まで幅広く関わらなければなりません。


クライアントが求めるものを正確に把握した上で、どのようにすればプロジェクトをスムーズに遂行できるかを考えながら業務を進める必要があるため、Webプロデューサーはプロジェクト全体を見通す力が求められます。

プロジェクトが成功すれば大きな達成感を得られる一方、プロジェクト全体の責任を負わなければならない大変さもある職種です。

Webプロデューサーの年収

Webプロデューサーの年収

Webプロデューサーの平均年収は約400~500万円、腕の良いWebプロデューサーであれば年収1,000万円以上も夢ではありません。Webサイト制作やSNSマーケティングにおいて需要が高まっていることや、任される責任が他の業種よりも大きいことから、IT業界のクリエイターの中では最も稼げる職業と言われます。

実力や制作実績があればより良い条件で働けるなど、キャリアアップしやすい点もWebプロデューサーの魅力です。

Webプロデューサーに求められる知識や能力

Webプロデューサーに求められる能力

それでは、Webプロデューサーにはどのような知識や能力が求められるのでしょうか。 まずは、「Webに関する専門知識」です。Web制作に関する知識はもちろん、クライアントに提案する際にシステム関連やマーケティングなどの知識も不可欠です。


次に、クライアントへの「営業力・折衝力」も欠かせません。

クライアントから課題をヒアリングして魅力的な提案をしたり、クライアントとの折り合いをつけたりできるかどうかは、Webプロデューサーの腕にかかっています。そのため、広告代理店やコンサルティング部門で営業経験を積んでからWebプロデューサーに転職する方も少なくありません。


また、Webプロデューサーには「運営・管理能力」も求められます。

先ほどの営業力と内容が少し重なりますが、プロジェクトを成功させるためにはコミュニケーションを円滑に取れる人材でなければなりません。プロジェクトではクライアント以外に現場スタッフやWebディレクターとの関係も良好に保つ必要があり、トラブルが起きた際には迅速に問題解決することも業務の1つです。

[PR] Webディレクターの仕事の魅力とは? 先輩Webディレクターに聞いた仕事の魅力

おわりに

Webプロデューサーには専門的な知識も必要ですが、クライアントや現場のスタッフに対する課題を的確に解決できる能力が求められます。また、業務を円滑に行うだけでなく、プロジェクトに付加価値をつけるような提案ができるかどうかも重要な資質です。

Webプロデューサーは、プロジェクトの企画から納品に至る全プロセスの責任を持ちます。そのため、リーダーシップや経営感覚など問われる能力は多岐にわたりますが、その分報酬では恵まれています。また、プロジェクトを自分で企画し、最後まで成し遂げた達成感は、他の職業ではなかなか味わうことはできません。


これからWebプロデューサーを目指す方は、Web制作の枠にこだわることなく、貪欲にスキルを磨いていくことをおすすめします。身に付けておきたい内容は広範囲に及びますが、スクールであれば体系的に学ぶことできます。興味がある方は、インターネット・アカデミーの「Webプロデューサーコース」や「プロデュース・ディレクション講座」を受講しても良いでしょう。

また、顧客開拓もWebプロデューサーの役目です。インターネット・アカデミーでは「Webマーケティング講座」を用意している他、Google Japanと共同開発した「はじめてのWebマーケティング講座」を2016年3月より受講生に無料公開しています。プロデュースはもちろん、人より一歩秀でるためにWebマーケティングについて学んでみませんか。

IT企業研修

Webプロデューサーになりたい方へまずはお気軽にお問い合わせください

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

日本初そして唯一のIT・Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、毎日無料体験レッスンを開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)