Webディレクターとは? Webディレクターの仕事内容と年収

Web業界にはWebデザイナーやWebプログラマー、Webライターなど、さまざまな職種があります。WebデザイナーやWebプログラマー、WebライターなどのWebコンテンツ制作に直接関わる職種については、職種名から仕事内容をイメージしやすいでしょう。

しかし、Webディレクターのような管理者寄りの職種については、どのような仕事をする人なのか良く理解できていない方も少なくありません。

そこで、今回はWebディレクターの仕事内容と年収についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

ディレクションの記事一覧

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターとは、Web業界においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指します。WebプログラマーやWebデザイナーなどのWeb制作に関わるスタッフ達をまとめ、クライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げることが、Webディレクターに求められる役割です。プロジェクトの進行管理をはじめとするWebコンテンツ制作の責任者がWebディレクターといえます。


Webディレクターの主な業務は、スケジュールの進行管理、コンテンツの品質管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントと現場スタッフの橋渡しなどです。

上記業務の他、Webサイトのコンテンツ企画やクライアントへの提案を行う「Webプランナー」の業務を兼務することもあります。このような場合は、企画書の作成や、取材・撮影、要件定義などもWebディレクターの仕事です。

Webディレクターに必要な能力

Webディレクターに必要な能力

Webディレクターは、Webサイト制作における監督のような役割です。Webデザインやプログラム、Webマーケティングといったサイト制作に関わるスタッフをまとめるために、主にスケジュール管理能力とコミュニケーション能力が求められます。


Webコンテンツの制作は、複数の案件が同時に動いている場合が少なくありません。したがって、Webディレクターは各案件の進捗状況やスケジュールを十分に把握する必要があります。

クライアントと各スタッフの間における仕事上の認識の相違を防ぐため、打ち合わせや情報共有を密に行うこともWebディレクターの重要な仕事の1つです。


また、プログラム・デザイン・コーディングなどの各分野の専門スタッフと話をする際に、技術的なことがまったく分からない状態では、適切な指示を出すことができません。そのため、ある程度の技術的な知識を身に付けておくことも必要です。

例えば、Webデザイナー出身のWebディレクターも、デザインだけでなくコーディングやSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)といったWebマーケティングの分野についても精通していることが望ましいです。

Webディレクターの平均年収

Webディレクターの平均年収

年収は個人のスキルや経験、年齢、業種、会社規模によっても異なりますが、DODAの「平均年収ランキング2015」によると、「Webプロデューサー/ディレクター」の平均年収は451万円です。

クリエイティブ系職種はスキルや経験が重視されることが多い一方、マネジメント経験や技術的スキルを持つWebディレクターであれば、高い年収を得られる可能性があります。実力主義であるWeb業界では、意欲がある方ほどキャリアアップできます。

マネジメント系 人気コースランキングTOP3

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

  1. Web担当者コース
  2. Webディレクターコース
  3. Webプロデューサーコース

おわりに

Webディレクターは、プロジェクトの進行管理、品質管理だけでなく、場合によっては企画立案やテクニカルな業務も兼務する職種です。必要なスキルも多く、簡単な職種ではありませんが、Webの幅広い知識と経験を身に付けることができるため、キャリアアップには最適です。また、Webコンテンツを作り上げたときの達成感や、やりがいが大きい職種でもあります。

出典元

DODA(デューダ):平均年収ランキング2015(89職種の平均年収/生涯賃金)