Webディレクターとは? Webディレクターの仕事内容と年収

Web業界にはWebデザイナーやWebプログラマー、Webライターなど、さまざまな職種があります。WebデザイナーやWebプログラマー、WebライターなどのWebコンテンツ制作に直接関わる職種については、職種名から仕事内容をイメージしやすいでしょう。

しかし、Webディレクターのような管理者寄りの職種については、どのような仕事をする人なのか良く理解できていない方も少なくありません。そこで、今回はWebディレクターの仕事内容と年収についてご紹介します。

今すぐ研修を実施したい、IT戦略を成功させたいなどのご要望をお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

目次

ディレクションの記事一覧

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容

Webディレクターとは、Web業界においてプロジェクトを監督・指揮・管理する人を指します。WebプログラマーやWebデザイナーなどのWeb制作に関わるスタッフ達をまとめ、クライアントの要望にかなったWebコンテンツを作り上げることが、Webディレクターに求められる役割です。プロジェクトの進行管理をはじめとするWebコンテンツ制作の責任者がWebディレクターといえます。


Webディレクターの主な業務は、スケジュールの進行管理、コンテンツの品質管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントと現場スタッフの橋渡しなどです。

上記業務の他、Webサイトのコンテンツ企画やクライアントへの提案を行う「Webプランナー」の業務を兼務することもあります。このような場合は、企画書の作成や、取材・撮影、要件定義などもWebディレクターの仕事です。

新入社員の育成にお悩みをお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

未経験の新入社員を「最短距離で最前線へ」導く

https://www.internetacademy.jp/

Web・IT未経験者を、短期間で業界のトップランナーに育成する。それこそがインターネット・アカデミーが最も得意とすることです。あらゆる業界の人事担当者に選ばれ続けているその理由と、他のスクールとの違いをご紹介します。

Webディレクターに必要な能力

Webディレクターに必要な能力

Webディレクターは、Webサイト制作における監督のような役割です。Webデザインやプログラム、Webマーケティングといったサイト制作に関わるスタッフをまとめるために、主にスケジュール管理能力とコミュニケーション能力が求められます。


Webコンテンツの制作は、複数の案件が同時に動いている場合が少なくありません。したがって、Webディレクターは各案件の進捗状況やスケジュールを十分に把握する必要があります。

クライアントと各スタッフの間における仕事上の認識の相違を防ぐため、打ち合わせや情報共有を密に行うこともWebディレクターの重要な仕事の1つです。


また、プログラム・デザイン・コーディングなどの各分野の専門スタッフと話をする際に、技術的なことがまったく分からない状態では、適切な指示を出すことができません。そのため、ある程度の技術的な知識を身に付けておくことも必要です。

例えば、Webデザイナー出身のWebディレクターも、デザインだけでなくコーディングやSEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)といったWebマーケティングの分野についても精通していることが望ましいです。

IT研修を導入し成功した事例が気になる方は、こちらのページをチェック♪↓

すべての企業に最適なIT研修を。各社のご要望に合わせてご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

未経験から2か月でWebサイトの内製化の対応、自社オリジナルのシステムに対応したIT人材の育成、データ分析のスペシャリストの育成、新しいWeb・IT部署の立ち上げなど大手企業の事例多数。自由なIT研修が組めるから、様々なご要望に対応致します。

Webディレクターの平均年収

Webディレクターの平均年収

年収は個人のスキルや経験、年齢、業種、会社規模によっても異なりますが、DODAの「平均年収ランキング2015」によると、「Webプロデューサー/ディレクター」の平均年収は451万円です。

クリエイティブ系職種はスキルや経験が重視されることが多い一方、マネジメント経験や技術的スキルを持つWebディレクターであれば、高い年収を得られる可能性があります。実力主義であるWeb業界では、意欲がある方ほどキャリアアップできます。

 

出典元

DODA(デューダ):平均年収ランキング2015(89職種の平均年収/生涯賃金)  

おわりに

Webディレクターは、プロジェクトの進行管理、品質管理だけでなく、場合によっては企画立案やテクニカルな業務も兼務する職種です。必要なスキルも多く、簡単な職種ではありませんが、Webの幅広い知識と経験を身に付けることができるため、キャリアアップには最適です。また、Webコンテンツを作り上げたときの達成感や、やりがいが大きい職種でもあります。

Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、これまで25,000人を超える卒業生を輩出してきました。自分のペースとスタイルで学べるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就転職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。初心者の方から、さらなるスキルアップを目指す方まで、あらゆるサポートをさせていただきます。ぜひお気軽に無料体験レッスン・カウンセリングにお越しください。

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム