0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

データサイエンティストとは?データサイエンティストの仕事内容と年収

データサイエンティスト

ハードウェア・ソフトウェアの進歩に伴い、大規模で複雑な「ビッグデータ」の蓄積・分析が可能となり、ビジネス分野でのビッグデータ活用が進められています。このビッグデータを分析する人材が「データサイエンティスト」です。
アメリカのビジネス雑誌『ハーバード・ビジネス・レビュー』(Harvard Business Review)2012年10月号は、データサイエンティストを「21世紀で最もセクシーな職業」(The Sexiest Job of the 21st Century)と形容しています。今回はデータサイエンティストの仕事内容と年収についてご紹介します。

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストの仕事内容

データサイエンティストとは、大量のデータ、すなわちビッグデータからビジネスに活用できる情報を引き出す専門技術者のことです。
データサイエンティストはビッグデータの分析及び分析結果をもとに、問題の解決や状況改善のための施策立案を行います。
例えば、大量に蓄積された顧客データの分析によって新商品開発や現行商品の改善に直結するヒントやアイデアを出したり、顧客の消費行動の変化を踏まえて効果的な販売戦略を打ち出したりすることが、データサイエンティストの仕事です。

データサイエンティストに必要な能力

データサイエンティストに必要な能力

企業におけるデータ分析はビジネスの改善や問題解決を目的とするため、データサイエンティストにはデータ分析以上の能力が求められます。

データサイエンティストはデータ分析から得られた知見をビジネスにどのように活かせるのかを考え、ビジネスモデルを立案します。したがって、統計・確率やデータ処理に関する高度な知識を持っているだけでなく、自社のビジネスに関する理解や競合他社の動向把握、さらには幅広いITスキルが必須です。

また、データ分析の現場で飛び交う専門用語は専門家でないと理解が難しいものです。分析結果や分析から導かれた戦略を、各部門の担当者あるいは経営層に対し専門用語を使うことなく、分かりやすく伝えるための論理的思考能力とコミュニケーション能力も必要とされます。

データサイエンティストの年収

データサイエンティストの年収

データサイエンティストは企業に勤めるケースが多いです。年収は企業によって大きく異なりますが、年収の幅は300万~900万程度、DODAの「キャリアコンパス」によると平均年収は約500万円です。なかには、年収1,000万~1,200万円を提示する企業もあります。

データサイエンティストという職業は確立されてからまだ日が浅い職業です。このデータ分析を専門とする職種が生まれる前までは、IT部門や各部門の担当者が個別にデータ分析を行っていました。

そのため、データサイエンティストを募集する企業は、待遇や福利厚生などが充実しているケースが多いため、勤務環境は恵まれていると言えるでしょう。 高い技術力や専門スキルを必要とされるデータサイエンティストですが、現在はまだデータサイエンティストの数が限られているため、採用現場では売り手市場が続いており、年収は能力次第というスタンスの企業もあります。

おわりに

今回はデータサイエンティストの仕事内容と年収についてご紹介しました。ビックデータ活用の広がりとともに、データサイエンティストの活躍範囲はさらに広くなることが予想されます。
現在懸念されている問題は、データサイエンティストの不足です。企業におけるデータ活用のニーズの高まりにデータ分析スキルを持った人材の供給が追い付いていません。アメリカでは高度な分析スキルを持った人材が2018年までに14~19万人不足すると試算されています。
このような現状を改善すべく、日本を含む世界各国がデータサイエンティスト育成を急いでいます。

データサイエンティストを目指す方へあなたにぴったりのコースをご提案いたします

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

最先端のWeb技術や、業界のトレンドについてご紹介をする無料体験レッスンをインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした授業の体験も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)