【SEOの基本】Googleの検索順位を決める「アルゴリズム」とは

【SEOの基本】Googleの検索順位を決める「アルゴリズム」とは

Netcraftの「April 2017 Web Server Survey」によると、世界には約18億ものWebサイトが存在します。Googleでキーワードを入力して検索すると、キーワードに関連したWebページが表示されますが、いったいどのようにして検索順位を決めているのでしょうか。今回はSEO(サーチエンジン最適化)に取り組むためにもぜひ押さえておきたい、Googleの検索アルゴリズムについて紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

アルゴリズムとは?

アルゴリズムとは?

アルゴリズムとは、問題を解決するための手順や方法を指します。アルゴリズムをプログラミング言語で記述したものがプログラムです。

Googleは、Webサイトの検索順位を決定する検索アルゴリズムのアップデートを行っていますが、順位決定に特に重要な役割を果たすとされる要素がクエリ依存型要素クエリ非依存型要素の2つです。クエリ(query)は一般的に「問い合わせ」を意味し、検索エンジンに対する問い合わせを検索クエリと呼びます。

クエリ依存型要素には、ユーザーが入力したキーワードや関連情報、地理的情報、個人情報などの要素が含まれます。一方、クエリ非依存型要素は、ページに集まるリンクの情報を基に、検索エンジンがクエリ実行前から持っている情報を含む要素です。ページやサイトへのリンクを基準に重要度を測る指標「ページランク(PageRank)」もクエリ非依存型に分類されます。

検索アルゴリズムの例

検索アルゴリズムの例

Googleの検索アルゴリズムは頻繁にアップデートされています。有名なアップデートとして、2011年に英語圏を対象に実施された通称「パンダ・アップデート」があります。パンダ・アップデートは、低品質なコンテンツを検索結果に上位表示させないようにする検索アルゴリズム・アップデートであり、検索ユーザーの満足度を向上させるために実施されました。

もう1つの例として、「ペンギン・アップデート」(初回実施は2012年4月)があります。ペンギン・アップデートはスパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているWebサイトの検索順位を下げるとされています。

今後の展望

Googleの検索アルゴリズムは、絶え間なく変更が加えられています。2017年に行われた大きな変更点として、以下の2つが挙げられます。

低品質なWebサイトの検索順位を下げるアップデートの実施

Googleは2017年2月、ウェブマスター向け公式ブログの中で、低品質なWebサイトの検索順位を下げるアップデートを実施すると発表しました。アップデートは日本語検索を対象としており、有益で信頼のおける情報を提供するよりも、自ページを検索上位に表示させることを優先させたWebサイトは低品質なWebサイトとして判断されます。
Googleによる日本限定のアップデートの公表は異例ですが、アップデートの実施は2016年末の医療系キュレーションメディアの騒動が発端と言われています。

ファクトチェック機能の導入

ファクトチェック機能の導入

2017年4月には、Webサイトがファクトチェック(事実確認)を行っている場合に、検索結果にラベルを付けて表示するファクトチェック機能が導入されました。そのため、検索したときにファクトチェックの対象となった主張とその主張者、Webサイトの名前、ファクトチェックの概要が表示されることがあります。ユーザーに有用で信頼できる情報を提供しているかが、より一層重視されるようになるでしょう。
※日本語圏では、まだファクトチェックを施されたサイトは報告されていません(2017年5月現在)。英語圏から順次導入が進むものと思われます。

[PR] 「このまま仕事続けていていいのかな...」そんな不安をマンガで解決!『マンガでわかる! インターネット・アカデミー』

おわりに

Googleは検索ユーザーの利便性を向上させるため、日々検索アルゴリズムの改善に努めています。Web担当者には質の高いコンテンツ制作、多くのユーザーにコンテンツを見てもらうための施策の実施と、日々変化するWebマーケティング業界の動向をチェックすることが求められることは言うまでもありません。

Googleの検索アルゴリズムを独学で勉強する方法もありますが、実務に活かせるレベルになるためには、Web専門スクールでWebマーケティングを基礎から学ぶことをおすすめします。
インターネット・アカデミーがGoogle社の協力を得て開発した「Webマーケティング講座」は、Webマーケティングの基礎はもちろん、広告配信ツール「Google AdWords」や分析ツール「Google Analytics」について学び、学んだ内容をビジネスの現場で役立てることができる実践的な講座です。ご興味のある方は、毎日開催している無料体験レッスンにご参加ください。

関連記事

プログラミングの勉強に欠かせないアルゴリズムとは?アルゴリズムの種類 コンテンツSEOとは?コンテンツマーケティングに取り組むべき5つの理由

参考サイト

April 2017 Web Server Survey(Netcraft) 日本語検索の品質向上にむけて(Googleウェブマスター向け公式ブログ) Fact Check now available in Google Search and News around the world(Googleブログ) 検索結果でファクト チェックを確認する(Googleウェブ検索 ヘルプ)

関連講座

Webマーケティング講座

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム