副業・転職を目指す方へ

Webマーケティングとは?Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容

IT化が進む現代では、Webを用いたマーケティングが盛んに行われています。現在では多くの企業が自社のWebサイトを所有しており、各社は自社サイトを用いた効果的なマーケティングを日々模索しています。このWebマーケティングを担当している職業がWebマーケティング担当者で、Web担当者Webマーケッターとも呼ばれています(以後、Web担当者と表記)。 今回は、Web担当者の仕事内容や、要求されるスキルなどについてご紹介します。

目次

Webマーケティングの記事一覧

Web担当者の仕事内容

Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容

Web担当者は、Web上でのマーケティングを担当します。Webマーケティングの主な目的は、Webサイトの登録者数やPVなどの増加です。Web担当者はその目的を達成するために、さまざまな施策を講じます。その後、施策の結果からユーザーの流入経路や離脱率を分析し、施策の検証・改善を行います。

Web担当者には、マーケティングに関する知識が不可欠です。仕事内容は自社サイトへの集客だけではありません。現代に生きる人々はどのようなライフスタイルを送っているのか、時代の動きを読みながらユーザーのニーズへ先回りし、ときには新たなマーケットの形を自ら作り上げていきます。そのため、Web担当者には、自身が担当する市場に関する専門知識だけでなく、常に社会の変化に対して幅広くアンテナを張り、臨機応変なマーケティングを行う柔軟さが求められます

Webマーケティングの施策例とは?

1.SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)

SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)とは、検索エンジンにWebサイトの内容を適切に伝え、検索結果でより上位に自社サイトが表示されるようWebサイトを作成、調整することです

以前は他のWebページから多くのリンクを貼ってもらう外部リンク対策が有効でしたが、近年はユーザーにとって有益な情報を提供するためにコンテンツの拡充を図ることがSEO対策として重視されています。Webページ内に、単に検索ワードを多く登場させるだけでは良いWebページとして評価されません。リンク先の情報がユーザーに有益である、見やすい、使いやすい、様々な観点から総合的に良いと評価されなければ、自社のWebページが検索結果で上位に表示されないのです。SEO対策のメリットは、次項のリスティング広告と比較した場合、予算をかけずに施策できることです。

2.リスティング広告

リスティング広告

Webサイトのユーザー流入数を増やす施策の1つに、リスティング広告があります。リスティング広告とは、検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告のことです。検索結果に関連した広告が、Webページの上部や下部に表示されているのを見たことがあると思います。サイトの閲覧状況や検索ワードにマッチした広告が表示されるため、購買意欲のあるユーザーを効率よく掲載元サイトへ導くことができます。Web担当者は、「リスティング広告にどれだけの予算を投入するか」「どのキーワードを設定するか」などを検討し、実行に移します。経験はもちろんのこと、データを的確に分析することが重要です。

3.LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)

Webサイトへ訪れたユーザーを引き留めたい場合は、LPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)を行いましょう。ユーザーが最初に訪れたページのことをランディングページといいます。このランディングページを改善し、離脱率(ランディングページのみを見てサイトを離れるユーザーの割合)の減少を図る試みがLPOです

LPOの一般的な手法としては、ランディングページのリンクメニューや検索機能を充実させ、目的のページへとすぐにたどり着けるようにする、などが 挙げられます。Web担当者は、「ランディングページにどのような工夫が必要か」を考えながら、ランディングページを含むWebサイト全体の構成の見直しを行います。

Web担当者に必要な能力とは?

Web担当者に必要な能力とは?

Web担当者には、マーケティングに関する知識が不可欠なことは前述しましたが、アクセス解析に関する知識も必要です。アクセス解析では、Webサイトに訪れたユーザーの情報や傾向を調べます。ユーザー像を明確にすることは、今後の戦略を練るために必要な作業です。

一般的に利用されているアクセス解析ツールには、Google AnalyticsやSiteCatalyst、AD EBiSなどがあります。基本的な操作方法はもちろん、効果的な使い方や設定方法についても学ぶ必要があります。また、アクセス解析に関する知識と共に、SEO対策やアフィリエイトに関する知識も押さえておく必要があるでしょう。

加えて、Web担当者には、Webサイトをプロデュースするスキルも必要とされます。例えばLPOを行う際には、効果的なランディングページのデザインに対する知見が重要です。もちろんその際には、Webサイトの構築に関する知識も必要になります。

Webマーケティングを成功させるには?

独学でひたすら知識を詰め込んでも成功はしません。なぜならば、Webマーケティングは企業の強みや商品、サービスの特徴を理解し、あらかじめ決められた予算の中で最も効果的な施策を考える必要があり、それは実践から得られたノウハウを学ばなければできないからです。

そのため、実践のノウハウを体系的に習得できるWeb専門のスクールで学んでいくことをおすすめします。Webマーケティングに精通したスクールであれば、Webサイトへの集客、および改善方法を現場で活用するツールを使いながら実践的な演習を行うことができます。

おわりに

Web担当者の仕事内容についてご紹介してきました。Webサイトを用いたプロモーション活動が一般化している今、Webマーケティングの需要はますます高まりを見せています。スマートフォン1つで簡単にWebページを開けるということは、それだけユーザーが簡単にWebページ内の広告を目にすることになります。このように、Webマーケティングは、他のマーケティングよりも、一層人々に身近なものと言えるでしょう。

自社Webサイトのマーケティング効果を検証し、改善していくWeb担当者は、専門的な知識や技術が必要ですが、非常に大きなやりがいを伴う仕事です。

Web担当者になるには、何から始めればよいのか、自社のWebマーケティングの現状をどう解決すればよいのか、様々な疑問があると思います。日本唯一のWeb専門スクール「インターネット・アカデミー」の無料体験レッスンであれば、御社のWebサイトのカウンセリングをさせていただき、集客方法のアドバイスをさせて頂くことができます。ぜひ、お気軽にご相談ください。

Webサイトの成果を最大化する

Webマーケティング講座

Webマーケティングの基礎知識はもちろん、SEOやWeb広告運用のノウハウ、アクセス解析をもとにした効果検証の方法まで学べます。ビジネス実務に即した内容を学べるのが魅力の講座です。

相談してコースを選びたい方はカウンセラーに無料で相談

カウンセラーに無料で相談

※無理な勧誘は一切ありません

無料で相談してみる