【Linux研修】LPICの勉強は企業研修で!Linuxの資格対策講座

【Linux研修】LPICの勉強は企業研修で!Linuxの資格対策講座

業務ではWindowsサーバーだけでなく、Linuxサーバーを扱う機会もあります。社員にネットワークやサーバーに関する技術・知識を学ばせる場合、LPIC(エルピック)の資格対策を取り入れてはいかがでしょうか。世界共通基準でLinuxの技術力を証明するLPICは、8年連続で最も取得したい資格に選ばれるなど、エンジニアからの人気も高い資格です。 今回は、企業研修でLPICの資格対策を行うメリットと、企業研修選びのポイントについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

Linuxの企業研修を行うメリット

Linuxの企業研修を行うメリット

ITスキルの向上は、業務遂行に欠かせません。社員のスキルアップを本人任せにするのではなく、会社側が社員の学ぼうとする気持ちに応えることが大切です。

例えば、社員を集めて研修を行うことも社員教育方法の1つです。勉強に対する張り合いやモチベーションの向上につながるなど、集合研修は個人で学習する場合に比べて効率的に学習を進められるというメリットがあります。

また、OJTなどにより社員教育に力を入れる企業も増えていますが、指導する先輩社員はLinuxのプロであって、教育のプロではないことを忘れてはなりません。後輩社員のスキルを伸ばすことができる先輩社員もいれば、あまり効果が見られない先輩社員もいるなど、教える社員によって後輩社員のスキルに差が生まれてしまうこともあるでしょう。

このような問題を解決し、社員全体のレベルを底上げするためには、企業研修を実施してプロの講師から学ぶことがおすすめです。Linux研修では、Linuxのスキルを身に付けるだけでなく、ITのトレンドや最新の技術に関しても勉強することができます。

LPICのレベルは3種類

LPICのレベルは3種類

IDC Japanが2016年2月4日に発表した、企業におけるオープンソースソフトウェア(OSS)の利用実態調査結果によると、企業におけるOSS導入率は31.3%、このうち最も利用率が高いOSSはLinux(67.3%)でした。今後一層のOSS普及に伴い、Linuxの利用機会増加が見込まれるため、社員にLinuxを学ばせることは価値ある投資と言えるでしょう。

Linux技術者認定試験「LPIC」は、Linuxの技術力を証明できる資格です。試験は初級から上級まで3つのレベルに分かれています。
Linux初心者である新入社員がまず目指すべき認定資格が「LPICレベル1」です。レベル1はコマンドラインによる基本的なLinuxの操作方法を問う内容であり、Linuxが扱えるエンジニアであることを証明する資格です。「101試験」と「102試験」の両試験に合格することにより、LPICレベル1に認定されます。

実務経験を積んだ中堅社員は、「LPICレベル2」の学習に進みましょう。レベル2はレベル1の技術・知識をベースとして、さらに幅広いシステム構築やネットワークの構築が行えるレベルを認定する資格です。

ネジメントクラスの社員には、「LPICレベル3」を受験させると良いでしょう。レベル3は大規模なシステムやWebサイトが抱える問題点を解決するための提案をしたり、予算を意識しながら作業をしたりできるレベルが想定されています。

学んだことを実務に活かせる企業研修を選ぶ

学んだことを実務に活かせる企業研修を選ぶ

資格試験対策を企業研修で実施する目的は、LPIC資格試験に合格するだけではありません。資格を取得した後、学んだ知識をいかにして実務に反映させるかということが重要です。試験に出題される問題を覚えるだけの研修では、得るものが少ないと言えます。Linuxの企業研修を選ぶ際は、現在勉強していることが、実務にどのように活かせるかを教えてくれる研修を選びましょう。

また、「Linuxの実行環境が用意され、サーバーを実際に操作しながら学べるか」「講師が参加者と向かい合い、丁寧に指導してくれるか」についても確認することをおすすめします。

[PR] 「このまま仕事続けていていいのかな...」そんな不安をマンガで解決!『マンガでわかる! インターネット・アカデミー』

おわりに

オープンソースソフトウェアの普及により、今後Linuxの利用機会が増えることが予想されます。LPICの受験は、Linuxに対する理解を深める良いきっかけになるでしょう。 インターネット・アカデミーでは、LPICの資格対策講座を設けている他、ご要望に応じて研修内容をカスタマイズすることも可能です。Linuxに関する研修・講座の受講を検討している場合はぜひお気軽にご相談ください。

参考サイト

IDC Japan:国内企業におけるオープンソースソフトウェアの利用実態調査結果を発表

トップ企業が選ぶ、グローバル時代のIT研修なら
プロフェッショナルを育成するIT専門スクールインターネット・アカデミー

すべての業界で通用する研修ラインナップ

インターネット・アカデミーの研修カリキュラムには、短期間で実践スキルを習得するためのノウハウが凝縮されています。

新入社員向けIT研修

既存社員向けIT研修

圧倒的なIT研修実績

次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきた実績が、何よりのインターネット・アカデミークオリティの証明です。

  • NTT
    コミュニケーションズ
    大津谷亮祐 氏

  • 日本
    デザインセンター
    色部義昭 氏

  • 楽天カード海外事業企画グループ

  • 博報堂
    アイ・スタジオ
    廣岡マヒコ 氏

  • 有限責任監査法人
    トーマツ
    吉村礼子 氏

  • カシオ計算機山本幸司 氏

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム