0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

データベースエンジニアとは?データベースエンジニアの仕事内容と年収

データベースエンジニアとは?

データベースエンジニアとは、データベースの開発・設計、もしくは運用・管理を行うエンジニアの総称です。企業の情報システムを支えるために不可欠な職種 ですが、データベース製品を専門に扱うエンジニアはいまだ少なく、近年では技術者としての市場価値も上昇しています。今回は、Oracleや Microsoft SQL Serverなど、データベース製品を扱うデータベースエンジニアへの転職や、スキルアップを考えている方に、データベースエンジニアの仕事内容や年収などをご紹介します。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの仕事内容

ITを活用する時代になり、どの企業でもインターネット上でのデータ活用が欠かせなくなりました。データ活用に欠かせないものが、データベースです。データベースとは、大きな倉庫のようなもので、この倉庫は常に整理されており、簡単に目的のデータを取り出すことができます。データベースにデータを保存したり、必要なときにデータを瞬時に取り出せるようシステムを構築・運用したりすることがデータベースエンジニアの仕事です。

最近ではビッグデータという言葉が話題になっているように、大量のデータを管理し、そのデータを企業の戦略に活用できるスキルを有する人材が求められています。データベースエンジニアの腕の見せ所は、どのようなデータを集め、どのような形で分析すれば企業の戦略に活かせるかなどの経営戦略面を一緒に考えることです。データベースエンジニアの活躍範囲は広がっています。

また、データベースエンジニアは、担当する業務内容をもとに、以下の3職種に大きく分類されます。

1.データベース開発・設計者

OracleやMicrosoft SQL Serverなどのデータベース製品を扱い、最適なデータベースを開発・設計するソフトウェアエンジニア

2.データベース管理者

データベースシステムが動作するインフラを管理し、データを長期的に保存するためのストレージ・サーバーの最適化や使用効率の最大化を図るハードウェアエンジニア。

3.データベース運用者

稼働中のデータベースの運用や、アクセス権管理などのセキュリティ規則設計、データバックアップなどを行う運用系エンジニア。

必要なスキルは上記の職種別に異なるため、今回は特にデータベースの開発・設計に携わるソフトウェアエンジニアを中心に、年収や要求される能力についてご紹介します。

データベースエンジニアの年収

各技術者のスキルにより異なりますが、データベースエンジニアの30代における平均年収は500万円前後であると言われています。オラクル社のORACLE MASTERやマイクロソフト認定資格であるMCP、あるいはテクニカルエンジニアの国家資格を有している場合は、企業において年収面での優遇を受けられる可能性が高くなるでしょう。

データベースエンジニアに必要なスキル

データベースエンジニアに必要なスキル

データベースエンジニアとして企業に応募する場合は、プログラマーやシステムエンジニアの実務経験を備えている ことが理想的です。現在、大規模なシェアを占めているデータベース製品はOracleやMySQL、PostgreSQL、Microsoft SQL Serverなどです。基本的にはこれらの製品に関する知識を備えていることが、データベースエンジニアとして就職する際に有利になります。

また、ビッグデータの解析など、高速なデータ処理が必要となるシステムでは、MongoDB、Memchached、Redisなどの最新データベースソフトを扱える人材のニーズも高まってきています。しかし、近年はデータベースエンジニア不足のため、データベース製品の知識のみを採用条件として 掲げている企業も少なくありません。

データベースエンジニアに必要な適性

データベースエンジニアに必要な適性

仕事を進める上で、多数の別部門との協力が必須となるデータベースエンジニアには、高いコミュニケーション能力が求められます。また、物事を論理的に考えることが好きな方もデータベースエンジニアに適性があります。そして、ビッグデータ時代に通用するよう、データを戦略に活かすためにビジネス全体を俯瞰して見る能力や利益感覚も大切です。

おわりに

データベースエンジニアと仕事内容と年収についてご紹介しました。データベースエンジニアは、プログラマーやシステムエンジンニアとして勤めている方にとって、キャリアパスの選択肢になる職業です。

近年では、アプリケーションの開発時などに、データベースを取り扱うことのできる人材を必要とするケースも多く見られます。そのため、データベースエンジニア専任ではなくとも、データベース製品に対する知識を募集要件として掲載している求人も少なくありません。 IT関連の職種でスキルアップを図りたい方は、データベースエンジニアへの就職も検討してみてはいかがでしょうか。

データベースエンジニアを目指す方へ「無料体験レッスン」で転身のためのカウンセリングを実施中

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

データベースエンジニアになるための方法のご紹介や、適職診断を行う無料体験レッスンをインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。
このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)