0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
よくあるご質問

Web業界ではどういう働き方がありますか?

Web業界では、スキルさえあれば働き方も働く場所も選ぶことができるのが特徴です。

企業に在籍して働く

企業に在籍して働く

IT・Web業界で最も一般的な働き方は、企業に在籍して働くというスタイルです。クリエイティブに特化したWeb制作会社はもちろん、広告代理店や企業のWeb担当者など様々な種類の仕事があります。

Web制作会社

Webサイト制作がメインの仕事になるため、身につけたスキルをフル活用できます。ただし、会社の規模や得意分野に応じて求められるスキルが変わるので、転職活動の際は注意が必要です。

広告代理店

いまや企業のほとんどがWebサイトを持っており、ビジネス戦略としてWebを重要視する企業も増えています。そのため、企業内での高度なスキルを持ったWeb担当者の人材ニーズも急増中。業界問わず、活躍の場は広がっています。

システム会社

Webプログラミングやシステム開発をメインで行います。もとはWeb以外のソフトウェア制作を行っていた会社が多く、高度な技術が必要な案件を受注することも少なくありません。人材のニーズは依然拡大中です。

フリーランス

フリーランス

個人事業主としてWebサイト制作の仕事を請け負います。一人で案件を受注することもあれば、企業やフリーランスの知人などと分業して制作することも。ワークスタイルも人それぞれで、結婚後、在宅で活躍する女性が多いのも特徴です。

独立・起業

独立・起業

Webを活用した新規ビジネスを考えて会社を立ち上げる働き方もあります。企画立案力や、アイデアを実現するためのスキルだけでなく、法律や財務関係の知識など、幅広い知識と仕事を円滑に進めるための人脈が必要です。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)