保護者の方へ

入学検討者の保護者の皆様へ

この度は、インターネット・アカデミーのWebサイトをご覧いただきありがとうございます。
インターネット・アカデミーは1995年に開校した、日本で初めてのWeb専門の教育機関です。 母体がWeb制作会社であるという強みを活かした現場直結の技術を学べるカリキュラムによって、個人から企業研修に至るまで、即戦力となる人材育成に取り組んでいます。そして、現在までに25,000人を超える卒業生たちの実力はWeb業界から高い信頼を得ています。

スクールの特長

インターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。ここではインターネット・アカデミーならではの3つの特長をご紹介します。

母体制作会社の現場のノウハウ

インターネット・アカデミーの母体は、東京大学や京都大学iPS細胞研究所などの大学系から、気象庁や情報処理推進機構(IPA)、ジェトロ日本貿易振興機構などの官公庁系まで、日本有数の制作実績を持つWeb制作会社です。これらの制作ノウハウを持っていることが、インターネット・アカデミーの強みであり、他のスクールとの大きな違いです。

W3Cメンバーだからこそ最新で正確なスキル

インターネット・アカデミーは最新のIT技術の普及を行うべく、政府機関やIT大手企業、大学などと連携し、ノウハウとして研修カリキュラムに取り入れています。また、教育業界唯一のW3Cメンバー企業なので、どこよりも最新で、正確なWebスキルの情報を受講生の方々にご提供できます

日本そして海外へ広がるアカデミーネットワーク

インターネット・アカデミーは最先端の技術や人材が集うニューヨーク、ボストン、バンガロールに支店とラボ(=研究所)を設立し、グローバル企業が求めるWeb技術を把握しカリキュラムに還元しています。だからこそ卒業生はグローバルに通用するスキルを手に入れることができるのです。

ハーバード、MITなど海外大学との産学共同プロジェクト

海外の大学よりインターンシップの学生を受け入れています。世界トップクラスのIT教育を受けた学生たちは、様々なプロジェクトを通じて実践的な学びの機会を得ると同時に、インターネット・アカデミーのカリキュラム開発などに貢献してくれています。

スクールの特長を知る

認定・受賞歴

インターネット・アカデミーはWeb・IT業界からの信頼も厚く、各分野を代表する団体からメンバーや認定校として認められています。

日本のスクール業界で唯一のW3Cメンバー

Webサイト制作に必要な技術開発とその標準化を行っているWeb業界で世界最高位の団体「W3C」は、米国ボストン マサチューセッツ工科大学(MIT)に本部を置き、Webの生みの親ティム・バーナーズ=リーが創設し、率いているコンソーシアムです。インターネット・アカデミーは日本のスクール業界で唯一のW3Cメンバーとして認められています。また、W3Cのホスト機関にインターネット・アカデミーの講師が客員研究員として常駐し、最新のWeb技術開発などの仕事に携わっており、Web技術の普及活動に貢献しています。

PHP認定技術者育成貢献賞を6年連続で受賞

PHP認定技術者育成貢献賞は、国内におけるPHP技術者の育成と質の向上を目的に活動している「PHP技術者認定機構」が2013年から定めている賞です。本賞の設立以来、インターネット・アカデミーは唯一連続で受賞をしています。
PHPは、世界のWebサイトの約8割がPHPで構成されているという統計データがあるほど、 広く開発に利用されている代表的なプログラミング言語のひとつです。経済産業省が個人のIT関連スキルを測定するために策定した指標「ITスキル標準」にも同機構が運営するPHPの資格試験が選定されています。 同機構における業界初の認定スクールとして、数々の技術者育成に貢献しております。

「縦書きWeb普及委員会」の活動が2018年度グッドデザイン賞を受賞

インターネット・アカデミーがメンバーとして参加している「次世代Webブラウザのテキストレイアウトに関する検討会(縦書きWeb普及委員会)」の活動が評価され、2018年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。「縦書きWeb普及委員会(主査:村井純 慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科委員長 環境情報学部 教授)」は、総務省の支援のもと、民間企業などで構成されている組織で、Webにおける縦書きやルビなど日本語固有の表現を世界に向けて発信し、国際標準化や普及促進に向けた活動を行っています。

「最も有望なAR/VRプロバイダー20社」に選出

世界各国の企業幹部向けに発行されているテクノロジー関連誌「CIOReview」にて、同紙が、有望なAR/VRソリューションプロバイダーとして選んだ20社のうち最も有望な企業のひとつとして、インターネット・アカデミーの海外研究開発所「xLab」が選出されました。同紙の表紙・特集を飾った松村勇輔は、インターネット・アカデミーの講師とxLabの研究開発チームリーダーを兼任しており、さらに世界最高峰の理系大学IIT(インド工科大学)の特別講師としても教鞭をとっており、国内外の優秀なIT人材の育成と輩出に尽力しています。

各種認定校

インターネット・アカデミー顧問
一色正男教授からのメッセージ

神奈川工科大学 創造工学部 教授
W3C/Keio元サイトマネージャー
スマートハウス研究センター所長
経産省管轄のJSCA、スマートハウス・ビル標準・事業促進等検討会 HEMSタスクフォース座長

「Webは、今まさに全世界規模で激変の時代を迎えています。ビジネスの場においてもその役割は増大し、今後ますますWebスキルを持った人材の企業ニーズが高まっていくことでしょう。 日本初のWeb専門スクールであるインターネット・アカデミーの強みは、母体が日本を代表する制作会社であること、そして、Webの国際規格を定めるW3Cのスクール業界唯一のメンバーであることです。ここで学んだ方々が、今後のWeb業界を牽引していってくださることを楽しみにしています」

保護者の方も一緒にスクールをご見学いただけますWebのプロフェッショナルが
お待ちしています

無料カウンセリング

インターネット・アカデミーでは、毎日無料体験レッスンを開催しています。授業の体験をしていただくのはもちろん、お一人おひとりのニーズにぴったりのキャリアカウンセリングやコースを選ぶお手伝いをします。ぜひお気軽にお越しください。

このページの上へ

Webを学びたいすべての方へ無料体験レッスン・個別相談を開催中

インターネット・アカデミーは、Webデザインやプログラミングなど、Web・ITが学べる日本初の専門スクールです。一人ひとりのご要望に合わせて、キャリアカウンセリングやレッスンを無料で体験して頂けます。

無料で体験レッスン・個別相談をする