無料体験レッスン
0120-746-555お電話での無料体験レッスン予約・ご質問はこちら(受付時間 10時‐21時)
プログラミングを学ぶメリットとは?

プログラミングはビジネス必須のスキルになる

この十数年で、書類作成やファイル管理など、仕事でパソコンを利用するのは当たり前になりました。同じように、誰もがプログラミングの知識を持つことが当然の時代がすぐにやってきます。

最近では、家電製品や自動車など、身の回りの製品にインターネット通信機能を持たせた「Internet of Things」(IoT)という概念も登場しています。遠隔操作などの制御処理を開発する機会も増え、ますますプログラミングスキルを持つ人材の需要は増すばかりです。

しかし、需要の大きさに比べてプログラマーは世界規模で人材不足の状態となっています。こうした現状から、海外では学校でプログラミング教育を必須にして、未来のプログラマーを育てる流れが加速しています。

ヨーロッパ20カ国のうち、12カ国では学校教育にプログラミングを取り入れていますし、イギリスやオーストラリアなど、小学校から必須科目としている国もあります。

日本でも2020年からプログラミング授業の義務教育化が検討されており、プログラミングが国語や算数のように基礎的な知識として認知されるようになるのも時間の問題です。

IoTが広がることで、ビジネスにはこれまで以上にプログラミングスキルが求められるようになります。技術者だけでなく、営業やマーケティング担当者などもサービスを理解し、改善するうえでプログラミング知識が必要となります。

今後、ビジネスにおけるプログラミングスキルの活用場所が増えるのは確実で、これから学校教育を受ける世代だけでなく、その親の世代も学んでおくメリットがあります。

増え続けるプログラマーのニーズ

アメリカ政府も力を入れるプログラミング

アメリカのITエンジニア求人数 (NPO団体Code.org)

世界的に不足していると言われるプログラマーですが、実際にどれくらい不足しているのか見ていきましょう。

アメリカではプログラマーを含むITエンジニアの求人数は2017年で約70万人の不足、2020年には100万人の不足が出るとみられています。同じように日本企業においても人材不足は深刻です。

このような状況から、プログラミングスキルを持つ人材の価値はどんどん高まっています。アメリカではプログラマー養成スクールで10週間の初心者コースを受講後に、71%の方が平均年収790万円のジョブオファーを受けたという事例もあります。

シリコンバレーを筆頭に、短期間で人々の生活を大きく変えたIT企業が数多く存在することから、アメリカ政府も正式にプログラミングを奨励しています。

日本は今が絶好の学習タイミング

日本の職種別求人倍率 (DODA)

日本では、プログラマー不足を埋めるためにIT業界未経験者でも採用し、実践を通じてプログラミングスキルを学んでいく方法を採用する企業が増加しています。

現在は東京オリンピックに向けたインフラ整備の需要から、さらにプログラマーのニーズが高まっており、これからプログラミングを学んでビジネスに生かしたいと考えている方にとっては、絶好の学習タイミングだと言えるでしょう。

プログラミングを学ぶメリット

プログラミングを学ぶメリットは数多くあります。

  • 需要が高く、就職が有利になる
  • プログラミングの構造や思考方法を知ることで、論理的思考能力が身に付く
  • プレゼンテーションなど、資料の内容を論理的に伝えるスキルがアップする
  • 問題の推測・改善を通して問題解決能力が身に付く
  • どのようにITサービスが動いているのかが理解できるようになる
  • プログラミングでアイデアを形にできる
  • Webのセキュリティ対策を自分で行えるようになる

プログラミングスキルを習得できるだけでなく、ビジネススキル全体を向上させて生産性を高めることができます。

プログラムは人間同士のコミュニケーションとは異なり、少しでもミスがあるとバグが発生したり、まったく動かなくなったりします。そのような事態を前もって防ぐために物事の道筋を立ててプログラムの流れを設計する過程で、論理的思考力が身につきます。

また、問題解決力も身につけることができます。バグなどの問題が発生する原因を特定するプロセスを通して「どうすれば問題を解決できるか」という思考を鍛えられます。

さらに、自由なワークスタイルを実現できるのも大きなメリットです。パソコン1台あれば仕事ができるので、短時間だけ働きたい主婦などの在宅ワーカーや、フリーランスとして自由な時間に働くといった、場所や時間に縛られないワークスタイルを実現できるのです。

プロに学べば最短で習得できる

書店に行けばたくさんのプログラミングに関する本が並んでいますが、初心者の独学はとても困難です。

プロに聞けばその場で解決できることも、独学だと1週間以上かかってしまうこともあります。さらに残念なことに、挫折を体験し「プログラミングは難しい」というイメージを持ってしまい、習得をあきらめてしまうケースも多くあります。

「わからないことはネットで検索すればどうにかなる」と思う方もいますが、初心者の場合は検索キーワードも知らないため、目的のページにたどりつくのも一苦労です。ある程度の試行錯誤や失敗を1人で解決する機会は必要ですが、独学だとどうしても遠回りをしてしまいがちです。

そういった無駄をなくし最短期間で実践的なスキルを得るためには、やはりプロに教えてもらうのがオススメです。

また、チームで仕事をする場合、システム修正やメンテナンス、セキュリティを考慮したコードの書き方を知っておく必要があり、そういった意味でも現場に詳しいプロから学ぶのが最も効率的です。

初心者からプロになる方法

現場で使える実践知識を学ぶ

インターネット・アカデミーの母体はWeb制作会社で、制作現場で実際に使っているスキルやノウハウをカリキュラムに落とし込んで提供しています。

書籍や無料プログラミング学習サイトのようなサービスは、安価で手軽にプログラミングを学べる一方で、実戦で使えるスキルの習得にはかなりの時間がかかってしまうのが実状です。

それに比べて、インターネット・アカデミーでは単純なプログラミングスキルだけでなく、実際の現場でしか知り得ないノウハウや設計の考え方など、即実践に活かせる知識が短期間で学べます。

多くの有名IT企業が社員研修でインターネット・アカデミーを利用していることが、実践に活かせる充実した知識とノウハウを提供している証拠となっています。

Web業界の最新情報を得られる環境に身をおく

インターネット・アカデミーは、教育業界で唯一のWebに関する世界最高位の団体「W3C」のメンバー企業です。移り変わりが激しいWeb業界のトレンドの中で、最新かつ正確なWebスキルの情報を提供できる数少ないプログラミングスクールとなっています。

受講生の8割は初心者からスタートするにも関わらず、卒業後にはIT業界の最前線で活躍している方が非常に多いのは、そういった環境で学んでいる背景があります。

ITエンジニアとして活躍する卒業生

  • 環境省や大手企業の実績持つWebエンジニア(株)さんだる
    角田渉さん

    インタビューを読む
  • 最先端技術を極め、プロを育成するための社員研修NTTコミュニケーションズ(株)
    大津谷亮祐さん

    インタビューを読む
  • iモード公式コンテンツを
    生んだWebプログラマー(株)ボルテージ
    村上絵美さん

    インタビューを読む
  • 入社3ヶ月後にスイスと日本つなぐネットワークを構築(株)ループス・ネット
    福重真智さん

    インタビューを読む
  • 広告業界のリーディング企業が選んだプログラミング研修(株)博報堂アイ・スタジオ
    廣岡マヒコさん

    インタビューを読む
  • 東急ハンズのIT戦略担う人材の育成を目的とした研修(株)東急ハンズ
    長谷川秀樹さん

    インタビューを読む

ご自身のキャリアプランを相談したい方へWebのプロフェッショナルが
お待ちしています

まずは無料カウンセリング
無料体験レッスンからスタート!

インターネット・アカデミーでは、毎日無料体験レッスンを開催しています。授業の体験をしていただくのはもちろん、お一人おひとりのニーズにぴったりのコースや学び方を選ぶお手伝いをします。ぜひお気軽にお越しください。

インターネット・アカデミーとは

Webデザインやプログラミングなど、Web・ITが学べる通学制のスクールです。
1995年の創業以来、初心者を「最短距離で最前線へ」導くスクールとして、
これまでに25,000人以上の卒業生を国内外に輩出してきました。社会人でも短期間でスキルと人脈を得ることができます。

無料体験レッスン実施中
このページの上へ