Web制作研修のススメ - よくあるWeb担当者の悩みとその解決法 

Web制作研修のススメ - よくあるWeb担当者の悩みとその解決法

会社のWebサイトの成果が思うように出なかったり、Webサイトにかけるコストが掛かり過ぎていると感じたりすることはありませんか?今回はWeb制作担当者のよくある悩みから、今後どのようなWeb制作研修を社内で実践したほうが良いか、おすすめのWeb制作研修をご紹介いたします。

今すぐ研修を実施したい、IT戦略を成功させたいなどのご要望をお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

目次

よくあるWeb担当者の悩み

記事の更新に手間や費用がかかる

この悩みはWebサイトの記事をWeb制作会社に外注している担当者の方に多く見られる悩みです。確かにWeb制作会社には、どのような施策をすれば効率よく集客ができるかなどのノウハウが備わっており、外注をすれば業務の負担を大幅に軽減することができます。 しかし、Webサイトを外注する場合、運用・管理もWeb制作会社に委託している企業が多く、その場合ランニングコストがかかってしまいます。また、わずかなテキストの更新であってもWeb制作会社を通さないといけないため時間がかかってしまいます。他にも何らかのトラブルなどが起こった場合、すぐには対応できない可能性が多くあります。Webサイトの記事を外注している場合でも、Webサイトの仕組みなどを学び、簡単な修正作業などは自社でもできるように体制を整えておくのがよいでしょう。Webサイトについての専門知識があれば、Web制作会社に外注する場合でも、制作の要望を適切に伝え、正確なディレクションができるようになります。

サイトのアクセス数がなかなか伸びない

アクセス数を伸ばす対策の一つとして「SEO (Search Engine Optimization )= 検索エンジン最適化」があります。SEOとは、検索エンジンであるキーワードを検索した時に自身のWebサイトが上位に表示されるように対策することです。
2017年、アメリカにあるInternet Marketing Ninjas社がGoogleの検索順位別クリック率を調査しました。その結果、検索一位の記事は21.12%というクリック率に対して、検索2位になると10.65%と1位の半分までにクリック率は減り、10位にもなると1.64%と13分の一にまで減ってしまうということが分かりました。そのため、サイトのアクセス数を伸ばすためにはSEOで上位になるように対策することがとても大切になってきます。

参考

コンバージョンが少ない

コンバージョンとは、Webサイトに訪れたユーザーが、商品を買ったり、来店予約をしたりするなど、そのWebサイトにとっての成果をあげることです。このコンバージョンが高いほど成果を上げているWebサイトと言えます。
コンバージョンを高めるためには、ターゲットと目的をはっきりさせなければなりません。ターゲット層と目的がしっかりしていれば、Webサイトの方向性をどうするべきか、コンテンツもどのようなものが必要なのかが明確になります。目的がしっかりと決められていなければ、アクセス数が多くてもコンバージョン率の低いサイトになってしまいます。ターゲット層に魅力的だと思ってもらえるようなWebサイト作りが大切になってくるのです。

IT研修を導入し成功した事例が気になる方は、こちらのページをチェック♪↓

すべての企業に最適なIT研修を。各社のご要望に合わせてご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

未経験から2か月でWebサイトの内製化の対応、自社オリジナルのシステムに対応したIT人材の育成、データ分析のスペシャリストの育成、新しいWeb・IT部署の立ち上げなど大手企業の事例多数。自由なIT研修が組めるから、様々なご要望に対応致します。

企業研修で取り組むべき内容とは?

企業のWeb制作担当者の悩みをいくつか挙げましたが、いくつかあてはまるものがあったのではないでしょうか。次は、これらの悩みを解消することが出来るWeb制作研修をご紹介いたします。

web_content_creation_training_pic01.jpg

記事の更新に手間や費用がかかる場合

Webサイト制作研修

Webサイトを作るためには基本的にHTML、CSS、 JavaScriptの3つの知識が必要となります。 HTMLは文章をWebページに反映させたり、文の構造を明確にしたりするだけでなく画像や動画などを挿入する役割を持ちます。CSSはHTMLで書いた文章の見栄えをよくするために、文字を大きくしたり、色を変えたり、表示位置を調整することなどに使用します。そして、JavaScriptはHTMLとCSSだけではできないWebサイトの動きをつけることができます。マウスの動きに連動してデザインが変化するなどのユーザーの動きに対応したWebページを作ることが可能です。
これらの3つのスキルを身に付けるためのWeb制作研修を実施することで、自社でもユーザーの印象に残るようなデザインのWebサイトを作ることができるようになります。 このWeb制作研修はある程度自社でWebサイトを作る体制を整えたい場合にも有効ですが、その他にもWebサイトの外注先とスムーズにコミュニケーションを取りたい場合にも有効です。Webサイトが作られる仕組みが分かれば具体的にどのようなWebサイトを作ってほしいか、どこを修正してほしいか伝えやすくなります。また、簡単な修正なら自社でもすることができるようになり、コストを削減することができます。

WordPress研修

WordPressとは、CMS(Contents Management System)というツールの1種です。CMSは別名コンテンツ管理システムといい、Webサイトを簡単に管理、更新できるようにするシステムです。本来、Webサイトを更新する際にはHTMLやCSSを編集する必要があり、Webサイトの制作スキルを持っていない方にとって難易度が高く、手間がかかってしまいます。 しかし、CMSを使うことで、専門知識を必要とする作業をシステムによって省くことでき、簡単に更新ができるようになります。
WordPressのWeb制作研修を実施することで、自社でWebサイトを管理できるようになるため、継続的にかかっていたコストをカットすることができるようになったり、より柔軟なWebサービスを展開したりすることができるようになります。Webサイトを内製化しようと考えているのであればオススメの研修です。

コンバージョンが少ない場合

ITコンサルティングを受ける

Webサイトのコンバージョンが少ない場合は様々な理由が考えられます。例えば、Webサイトのデザインや使い勝手が悪くコンバージョンが下がっているなら、UI/UXをWeb制作研修として学ぶべきでしょう。UIはユーザーがPCとやり取りをする際の入力方法や表示方法などの仕組み見た目のデザインのことで、UXは物やサービスなどによって得られるユーザー体験のことです。UI/UXを踏まえることで、自分の想定しているターゲット層の人々がどのようなWebサイトを使い、どのようなWebサイトを求めているのかを把握することが出来ます。このようにコンバージョンが少ない原因を把握することが出来るのであれば、その原因を改善するためのWeb制作研修を受けるべきです。ですが、コンバージョンが少ない原因を掴めていない場合はITコンサルティングを受け、コンバージョンが少ない原因を探し出すのが良いでしょう。ITコンサルティングとは企業の経営課題の解決を目的としたもので、企業の経営方針に沿ったIT戦略の提案を受けることができます。コンバージョンでお悩みの方は、一度プロのITコンサルティングを受けてみるのも一つの方法です。

サイトのアクセス数がなかなか伸びない場合

Webマーケティング

Webマーケティングは主にWebサイトの登録者やアクセス数を増やすことを目的としています。先ほど挙げたSEO対策は、Webサイトの登録者数やアクセス数を増やすために行う施策のうちの一つです。検索エンジンからの検索結果が上位に表示されるほどクリック率は高くなりますが、そのためにはWebサイトを上位にヒットさせるための対策をする必要があります。SEOではよりユーザーにとって有益なサイトが上位に上がるようになっています。そのため、Webサイトの情報がユーザーにとって有益であり、見やすく、使いやすいデザインであると検索エンジンから評価をされる必要があります。WebマーケティングではSEO対策の他にも、検索エンジンの検索結果ページに掲載される広告を使ったり、アクセス解析をしてWebサイトに訪れたユーザーの情報や傾向を調べ、今後の戦略を練ったりします。Webサイトのアクセス数が伸び悩んでいるのであれば、Webマーケティングの研修を行い様々な対策をとるのも一つの手でしょう。

その他のオススメな研修

ITリテラシー研修

ITリテラシーとはITを使いこなす能力を意味しています。 ITリテラシー教育を行う目的の1つに、ITを活用した業務効率化を図るということが挙げられます。ITスキルを社員に定着させることによって、社内で導入したITシステムへの理解度を深め活用しやすくすることができます。そして、結果的に業務を円滑に進めることができるようになります。
もう1つ目的は、ITのセキュリティ対策を学ぶことです。近年では、ウィルス感染したメールにより、企業の機密情報が盗まれる事件も多発しています。ITリテラシー教育の中でセキュリティについて学ぶことによって、外部からの攻撃に対する危険意識を高めることができます。
また、パソコンやタブレットなど、会社から貸し出された端末を扱う機会もあるでしょう。情報漏えいを避けるために、端末を利用する際は運用上のルールを守ることの重要性を社員に理解させることが欠かせません。
現代は仕事をするうえでITは欠かせませんが、セキュリティ対策の重要性を十分に理解している方は多くないのではないでしょうか。ITを正しく安全に利用させるための教育が必要となってくるでしょう。

新入社員の育成にお悩みをお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

未経験の新入社員を「最短距離で最前線へ」導く

https://www.internetacademy.jp/

Web・IT未経験者を、短期間で業界のトップランナーに育成する。それこそがインターネット・アカデミーが最も得意とすることです。あらゆる業界の人事担当者に選ばれ続けているその理由と、他のスクールとの違いをご紹介します。

Web制作研修ならインターネット・アガデミーがおすすめ

Web制作研修に興味があり、実施を検討していても、自社で研修する体制が整っていなかったり、どのスクールにWeb制作研修を依頼しようか迷っているというWeb担当者の方の意見もよく耳にします。そこで、実績、評判がともに優れていて、Web制作研修を依頼するのにおすすめのスクールとしてインターネット・アカデミーをご紹介いたします。

インターネット・アカデミーの母体は東京大学や京都大学iPS細胞研究所などの大学系の機関から、気象庁や情報処理推進機構(IPA)、ジェトロ日本貿易振興機構などの官公庁系の機関まで、あらゆるWebサイトの制作を手掛けたWeb制作会社です。そのため、インターネット・アカデミーでは実際の制作現場で蓄積されてきたノウハウやスキルをカリキュラムに取り入れることで、短期間で現場で活躍することのできる人材を育てることを可能にしています
また、教育業界で唯一のW3C(Webサイト制作に必要なルールの標準化を行っているWebに関する世界最高位の団体)のメンバー企業でもありますので、どこよりも最新で、正確なWebスキルの情報をご提案することが可能です。 質の高いWeb制作研修を実施するにはとてもおすすめなスクールなのです。 インターネット・アカデミーにはほかにも優れた特徴があります。それはWeb制作研修カリキュラムを企業様に合った形にカスタマイズできることです。ほかのスクールではなかなか研修内容を変えたり、期間があらかじめ決まった期間までにしかできなかったります。しかし、インターネット・アカデミーでは研修期間だけでなく内容も企業様が実施したい内容に特化したりと柔軟に対応することができるのです。
Web制作研修をどこでするかに迷っているのであれば是非インターネット・アカデミーをご利用してみてはいかがでしょうか。

研修事例

インターネット・アカデミーで実際に研修を実施した企業様から、高い評価を頂いております。インターネット・アカデミーでは企業様に合わせた研修カリキュラムご用意しております。是非この研修事例を参考にしていただきWeb制作研修を検討してみてください。

研修例1 カシオ計算機(株)様

web_content_creation_training_pic03.jpg

新サービスを担う社員に向けたWebスキルアップ研修

インストラクターが現役のクリエイターで、実際の制作現場の情報をすぐに還元してくれるのも魅力的でした。
研修を振り返ると、私自身はもちろん他の社員も、楽しみながらWebの技術を学べたようです。インターネット・アカデミーの研修は教え方が体系化されていて、とても分かりやすかったですし、実践の部分に比重を置いたカリキュラムとなるようカスタマイズしていただきましたので、非常に有意義なものとなりました。この研修をきっかけに、今後はWebサイトや社内システムも、内製化を視野に入れていきたいと考えています。

参考

研修例2  (株)日本デザインセンター

web_content_creation_training_pic04.jpg

全社員を対象としたWeb制作のリテラシー研修

現状の悩みにフォーカスし、研修内容をカスタマイズして実施することができました。 NDCはこれまで、紙媒体をベースとしたヴィジュアル・コミュニケーション提案を中心に承ってきたので、コンピュータの仕組みやIT業界の現状を専門的に理解できる人材が限られていました。その状況に合わせ、研修ではコンピュータの基礎から応用まで体系的にWeb制作の技能面を教えて頂きました。また、200名近くの全社員を対象とした研修の実施にあたり、柔軟に日程を組むことができたことも大きなポイントでした。

参考

研修例3 株式会社ジールアスリートエージェンシー

web_content_creation_training_pic05.jpg

20日間で行うWordpressを使ったサイトの制作

複数の講師の方の講義を受けたのですが、どなたの指導にも熱がありました。時には宿題の多さにびっくりすることもありましたが、先生の真剣さやその課題の意味は重々過ぎるほど感じていたので、必死で取り組みました。
後から振り返ってみてより強く感じているのが、インターネット・アカデミーの講師であれば、どなたでも100%持っているものを受講者に還元してくれるという特長があるということです。これから通う方は、その気持ちに自分たちが応えられるよう、ぜひ真剣に講義や課題に取り組んでみてください。その分、成果となって返ってくるはずです。

参考

まとめ

Web・IT分野の知識を社員が正しく身に付けることは、仕事の生産性を上げるためにも非常に重要です。Webサイト制作にかかわらず、Web・ITの分野で足りないと思われることがありましたら研修を実施することを考えてみてはいかがでしょうか。

インターネット・アカデミー では、ニーズに応じた実践に強いオリジナルカリキュラムで高い評価を得ています。Web制作研修を検討している際は、是非インターネット・アカデミーにご連絡 ください。企業様に合わせたオリジナルカリキュラムを提供させていただきます。

Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム