0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

ITコンサルタントとは?ITコンサルタントの仕事内容と年収

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントは、「企業の経営課題を解決する」ことを目的とし、対策の提案から課題解決のためのシステムの開発まで、ありとあらゆる分野の業務を行います。業務規模と収入額に応じた高度なスキルが求められる、非常にやりがいのある仕事です。ITエンジニア職でキャリアを積むうちに、ITコンサルタントへの転職に興味を持たれる方も多いことでしょう。そこで今回は、ITコンサルタントの具体的な仕事内容や年収についてご紹介します。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容

企業の経営方針に沿ったIT戦略を基にシステム開発を提案する、あるいはシステムの最適化から経営改善を図るなど、ITコンサルタントの業務フローはクライアントや案件によって異なります。

システム導入を依頼された場合は、システムの設計から開発・動作検証まで、あらゆる作業に携わることがITコンサルタントの仕事です。もちろんITコンサルタントが1人ですべての作業を行うわけではありません。ITコンサルタントを含めた各分野のスペシャリストでチームを編成し、協力して業務をゴールへ導きます。

さまざまな分野のプロフェッショナルに囲まれながら仕事を行うため、幅広い知識と経験を得られることがITコンサルタントの魅力の1つです。

ITコンサルタントの3つの役職

以下では、ITコンサルタントの仕事内容を3つの役職に分けて説明します。

1.アナリスト

アナリストは、画面定義書や動作検証仕様書の作成、システムのプログラミングやテストなどの役割を担います。また、状況に応じ、複数のタスクを同時進行するケースも見受けられます。

2.コンサルタント

コンサルタントは、要件の整理や、開発計画の進捗確認、アナリストが作成した仕様書などの確認などを行います。加えて、クライアントとの調整もコンサルタントの重要な仕事です。

3.マネージャー

マネージャーは、アナリスト・コンサルタントの成果チェックなどを行う、プロジェクト全体の総括役です。作業計画の作成や、開発計画全体の進捗・品質管理、関係者との調整・対応などの役割も担います。

ITコンサルタントに必要な能力とは?

ITコンサルタントに必要な能力とは?

ITコンサルタントは、各プロジェクトにおいてリーダー的な役割を担います。そのため、各分野のIT技術職に対する知識の他、問題解決に必要な論理的思考力、多数の技術者をまとめることのできる協調性が求められます。多数のクライアントと交渉を行うことから、体力・忍耐力はもちろん、対外的なプレゼン能力や案件を同時進行する能力も必要です。また、ITコンサルタントには高いITスキルのみならず、現状に甘んじることなく、常に問題解決に向けて挑戦を続ける姿勢が求められます

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントは、IT業界の中でも特に年収が良いことで知られています。高い能力が求められるITコンサルタントの年収は、すべての年代で高水準です。2014年度データによると、30代の平均年収は635万円、40代では820万円、生涯賃金は2億6358万円と非常に平均年収が高額な職業です。

おわりに

セキュリティエンジニア、おわりに

ITコンサルタントの仕事内容や平均年収についてご紹介しました。ITコンサルタントは、ITエンジニア職の中でも自分を成長させたい方、ハイレベルなキャリアを目指したい方におすすめの職種です。既存の価値観にはまった仕事ではなく、新しい価値を創出できる仕事を求めている方、ITをベースとしたスケールの大きいビジネスを目指している方は、ITコンサルタントへの就職を目指してはいかがでしょうか。

ITコンサルタントを目指す方へ「無料体験レッスン」で転身のためのカウンセリングを実施中

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

ITコンサルタントになるための方法のご紹介や、適職診断を行う無料体験レッスンをインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。
このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)