0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

ネットワークエンジニアとは?ネットワークエンジニアの仕事内容と将来性

ネットワークエンジニアとは?

ネットワークエンジニアとは、コンピューターネットワークのシステム構築や保守管理などを行う技術者を指します。ネットワークエンジニアと一口に言っても、仕事内容はさまざまです。今回は、これからネットワークエンジニアを目指す方に向け、ネットワークエンジニアの多岐にわたる仕事内容や将来性についてご紹介します。

ネットワークエンジニアの仕事内容

ネットワークエンジニアの仕事内容は、主にネットワーク設計、ネットワーク構築、ネットワーク監視・運用の3つに大別できます。なお、案件やネットワークの規模によっては設計から構築、運用までを一貫して1人の人員が担当することも珍しくありません。

1.ネットワーク設計

ネットワークシステムの詳細設計を行う仕事では、セキュリティや各種OS、サーバーなどに関する幅広い知識が求められます。お客様の依頼を受けてネットワークを設計する際は、設計・提案能力はもちろんのこと、ヒアリング力やプロジェクト推進能力なども必要です。

2.ネットワーク構築

ネットワークエンジニアは、設計書をもとに回線の設置などネットワーク構築も行います。無駄なコストやトラブルの発生を避けるためには、最新の製品や技術の動向、ケーブリングや機器の設置に関する知識が必須です。

3.ネットワーク監視・運用

ネットワーク監視・運用では、ネットワークシステム構築後の維持管理を行います。一度ネットワークを構築してしまえば、障害が起きない限り、ネットワークエンジニアは特別忙しくなることはないため、ネットワーク利用者のトラブル対応、いわゆるコールセンター的な仕事を兼任することもあります。ただし、障害が起きた際の対応にはネットワーク全体を見渡す視野や幅広い知識が必要とされるため、決して難易度の低い業務ではありません。

ネットワークエンジニアに必要な能力とは?

ネットワークエンジニアに必要な能力とは?

ネットワークエンジニアは、基本的に他人との接触が多い仕事です。ネットワークシステムの設計・提案では決定権を持つクライアント、構築・保守では各担当部門の設計者やマネージャー、そして運用ではネットワーク利用部門の方と意見を交換しながら業務を進めます。そのため、ある程度のコミュニケーション能力は欠かせません。ネットワーク運用や保守の工程において、利用者のトラブルに対応することもネットワークエンジニアの仕事の1つです。トラブルを抱える利用者の多くはネットワークの知識を持っていません。そのため、専門用語を多用した説明では伝わらないでしょう。ネットワークエンジニアには、さまざまな知識レベルの相手でも理解できる説明能力も必要です。

ネットワークエンジニアの将来性

ネットワークエンジニアの将来性

昨今、新規ネットワーク設計・構築を行う案件が少なくなっているため、ネットワークエンジニアの仕事は保守・監視・運用が中心です。この点から、ネットワークエンジニアの将来性を不安視する向きもあります。しかし、ネットワークインフラは企業にとって常に生命線になっているため、ネットワークエンジニアとしての仕事は今後もなくなることはないでしょう。むしろ、今後はネットワークの膨張に伴って、どんどん仕事が増えていくはずです。

現に、不正アクセスの防止、通信量増大によるネットワークトラフィック解消など、常に新たな仕事が生まれています。新しい問題に対応するために、ネットワークエンジニアは最新の知識や技術を獲得していくことが求められます。

おわりに

ネットワークエンジニアの需要は、今後も高まり続けると見られています。最新技術習得への熱意やコミュニケーション能力を持ったネットワークエンジニアなら、多くの企業から必要とされるはずです。また、フリーランスで活躍しているネットワークエンジニアも少なくありません。専門的な技術を活かす世界に挑戦 しませんか。

ネットワークエンジニアを目指す方へ「無料体験レッスン」で転身のためのカウンセリングを実施中

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

ネットワークエンジニアになるための方法のご紹介や、適職診断を行う無料体験レッスンをインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした転身についてのご相談も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。
このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)