ITコンサルタントとは?ITコンサルタントの仕事内容と年収

ITコンサルタントとは?

ITコンサルタントは、「企業の経営課題を解決する」ことを目的とし、対策の提案から課題解決のためのシステムの開発まで、ありとあらゆる分野の業務を行います。業務規模と収入額に応じた高度なスキルが求められる、非常にやりがいのある仕事です。ITエンジニア職でキャリアを積むうちに、ITコンサルタントへの転職に興味を持たれる方も多いことでしょう。そこで今回は、ITコンサルタントの具体的な仕事内容や年収についてご紹介します。

今すぐ研修を実施したい、IT戦略を成功させたいなどのご要望をお持ちの方は、こちらのページをチェック♪↓

IT研修を、もっと自由に。御社に合わせた内容・期間・費用でご提案します。

https://www.internetacademy.jp/

品質の高さはもちろん、一社一社のご要望に合わせた研修が実施できるからこそ、次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきました。サイトリニューアル研修から英語研修、ITコンサルティングまで幅広く対応・ご提案致します。

目次

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの仕事内容

企業の経営方針に沿ったIT戦略を基にシステム開発を提案する、あるいはシステムの最適化から経営改善を図るなど、ITコンサルタントの業務フローはクライアントや案件によって異なります。

システム導入を依頼された場合は、システムの設計から開発・動作検証まで、あらゆる作業に携わることがITコンサルタントの仕事です。もちろんITコンサルタントが1人ですべての作業を行うわけではありません。ITコンサルタントを含めた各分野のスペシャリストでチームを編成し、協力して業務をゴールへ導きます。

さまざまな分野のプロフェッショナルに囲まれながら仕事を行うため、幅広い知識と経験を得られることがITコンサルタントの魅力の1つです。

Webデザイン・プログラミング・マーケティングを学びたい方は、こちらのページをチェック♪↓

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

ITコンサルタントの3つの役職

以下では、ITコンサルタントの仕事内容を3つの役職に分けて説明します。

1.アナリスト

アナリストは、画面定義書や動作検証仕様書の作成、システムのプログラミングやテストなどの役割を担います。また、状況に応じ、複数のタスクを同時進行するケースも見受けられます。

2.コンサルタント

コンサルタントは、要件の整理や、開発計画の進捗確認、アナリストが作成した仕様書などの確認などを行います。加えて、クライアントとの調整もコンサルタントの重要な仕事です。

3.マネージャー

マネージャーは、アナリスト・コンサルタントの成果チェックなどを行う、プロジェクト全体の総括役です。作業計画の作成や、開発計画全体の進捗・品質管理、関係者との調整・対応などの役割も担います。

就転職、在宅ワークでの副業、スキルアップなど夢を叶えた人たちの事例は、こちらのページをチェック♪↓

Webスクールに通って、なりたい自分になろう

https://www.internetacademy.jp/

Webのお仕事は、スキル次第でさまざまな働き方を選ぶことができるのが大きな魅力。ここでは、通学制のスクールに通った後、理想の働き方を実現した方々のサクセスストーリーと生の口コミ・評判をご紹介しています。

ITコンサルタントに必要な能力とは?

ITコンサルタントに必要な能力とは?

ITコンサルタントは、各プロジェクトにおいてリーダー的な役割を担います。そのため、各分野のIT技術職に対する知識の他、問題解決に必要な論理的思考力、多数の技術者をまとめることのできる協調性が求められます。多数のクライアントと交渉を行うことから、体力・忍耐力はもちろん、対外的なプレゼン能力や案件を同時進行する能力も必要です。また、ITコンサルタントには高いITスキルのみならず、現状に甘んじることなく、常に問題解決に向けて挑戦を続ける姿勢が求められます

ITコンサルタントの平均年収

ITコンサルタントは、IT業界の中でも特に年収が良いことで知られています。高い能力が求められるITコンサルタントの年収は、すべての年代で高水準です。2014年度データによると、30代の平均年収は635万円、40代では820万円、生涯賃金は2億6358万円と非常に平均年収が高額な職業です。

ITコンサルタントになるには

ITコンサルタントになるには

上で述べたように、ITコンサルタントには幅広い知識と能力が必要になります。そのため、ITコンサルタントになるための全ての知識を身に付けるには、膨大な時間と経験が必要になります。ここでは、ITコンサルタントに必要なスキルを身に付ける方法をご紹介します。

独学で学ぶ方法

まず、独学で学ぶメリットとしては、手軽に始めることができる、自分の好きな時間にいつでも勉強できることが挙げられます。ただ、先ほども述べたようにITコンサルタントに必要とされる知識は非常に幅広いため、独学でこれらの知識をすべて身に付けるには相当な根気と時間が必要になります。また、ただ知識を身に付けるだけでなく、現場での実践力も必要になるため、独学では実践力を身に付けることが難しいという問題もあります。

ITスクールで学ぶ方法

ITスクールでは、ITコンサルタントに必要とされる知識を体系的かつ効率的に学ぶことができます。その中でも、特におすすめなのがインターネット・アカデミーでの学習です。インターネット・アカデミーは、母体が制作会社であり、そこで培われたプロデュース、ディレクション、Webマーケテイングまで、ITコンサルタントに必要とされる現場の知識を体系的に学ぶことができます。実際にコンサルティングに精通した講師から指導を受けることこができるため、実践的なスキルを身に付けることができます。

おわりに

ITコンサルタントの仕事内容や平均年収についてご紹介しました。ITコンサルタントは、ITエンジニア職の中でも自分を成長させたい方、ハイレベルなキャリアを目指したい方におすすめの職種です。既存の価値観にはまった仕事ではなく、新しい価値を創出できる仕事を求めている方、ITをベースとしたスケールの大きいビジネスを目指している方は、ITコンサルタントへの就職を目指してはいかがでしょうか。

IT研修・ITスクールのインターネット・アカデミー