0120-746-555お電話での無料体験レッスンのご予約・ご質問は
無料体験レッスン
IT業界まるわかりガイド

データサイエンティストになるには資格は必要?データ分析に役立つ資格

データ分析に役立つ資格

複雑で膨大なデータ「ビッグデータ」を分析し、自社のビジネスに貢献することがデータサイエンティストの役割です。ビッグデータ活用は企業の存続にかかわる重要な課題であり、データサイエンティストのニーズが高まっています。
データサイエンティストは新しい職種のため、興味はあってもどのように勉強すれば良いか分からない方も少なくありません。そこで今回は、データサイエンティストとして活躍するために役立つ資格をご紹介します。

データサイエンティストになるには資格が必要?

データサイエンティストに資格は必要か

データサイエンティストになるための必須資格はありません。企業によって必要とされるスキルや分析手法が異なるため「この資格を取れば良い」とは一概に言えませんが、資格取得によって企業にアピールしたり自分のスキルアップにつなげたりすることができます。

データサイエンティストは統計・確率、データ統計処理手法、データベースに関する専門的知識から、プログラミングスキル、ビジネスに関する知識や、利益を生み出すための「予測モデル」の立案能力まで、幅広い知識とスキルを必要とします。

データサイエンティストに関する学習のアプローチ方法はさまざまですが、自分の得意分野を起点として「できること」を少しずつ増やしていきましょう。

データ分析に役立つ資格

現時点ではデータサイエンティストに特化した資格はありませんが、データサイエンティストの仕事に関連した資格があります。ここでは統計学・データベース・情報科学の学習に役立つ資格をご紹介します。

【統計学】「統計検定」

統計検定

データ分析では、統計学を避けて通れません。近年、ソフトウェアの進歩によって分析自体は容易になってきていますが、「得られたデータをどのような手法で分析するか」「分析結果から何が読み取れるか」を考える際に統計学的知識が求められます。

統計学のスキルを身に付けたい方におすすめの資格が「統計検定」です。「統計検定」は総務省が後援しており、基礎的な知識が問われる4級から幅広い知識・応用力が要求される1級まであります。データサイエンティストを目指す方は大学1・2年生程度の統計力が試される統計検定2級から勉強を始めてみると良いでしょう。

【データベース】「オラクルマスター」「OSS-DB技術者認定試験」

データサイエンティストが分析しようとするデータは一般的にデータベースに蓄積されるため、データベースの操作によって必要なデータを抽出したり、負荷をかけずに分析するための知識が必要です。 代表的なデータベース資格として、ベンダー資格「オラクルマスター」(Oracle Master)や、特定の企業や製品に依存しない資格「OSS-DB技術者認定試験」があります。

【情報科学】「基本情報技術者試験」「応用情報技術者試験」

基本情報技術者試験

情報処理技術者試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施する国家試験です。システムエンジニア(SE)を目指す方には必須の試験ですが、高度なIT技術とその活用能力が求められるデータサイエンティストも取得した方が良いでしょう。

情報処理技術者試験にもさまざまな試験がありますが、エンジニアの基礎的スキルを問う「基本情報技術者試験」、基本情報よりもワンランク上の「応用情報技術者試験」の取得が特におすすめです。

おわりに

今回はデータ分析に役立つ資格をご紹介しました。データサイエンティストに求められるスキルは多岐にわたりますが、すべてのスキルを満遍なく満たしている方は少数です。資格取得を通じて自分に足りないスキルを補ったり、伸ばしていきたいスキルを磨いて知識を増やしていきましょう。

データサイエンティストを目指す方へあなたにぴったりのコースをご提案いたします

無料体験レッスン

無料体験レッスン実施中

最先端のWeb技術や、業界のトレンドについてご紹介をする無料体験レッスンをインターネット・アカデミーでは毎日開催しています。インターネット・アカデミーは日本初そして唯一のIT・Web専門スクールなので、その専門的なノウハウを活かした授業の体験も承っています。ぜひお気軽にご参加ください。

このページの上へ

お電話での無料体験レッスンのお申込み・お問い合わせはこちら(受付時間10時-21時)