副業・転職を目指す方へ

CSSフレームワーク「Bootstrap」とは? 便利な機能と使い方

  • 2022/12/10
 CSSフレームワーク「Bootstrap」とは? 便利な機能と使い方

Webサイトのデザインとは切っても切り離せない要素がCSSです。記述方法は至ってシンプルなため、覚えて使うこと自体は難しくありません。しかし、記述の自由度の高さから、「コードに統一性がなくなる」「他の制作への再利用がしづらい」などの問題につながるケースもあります。

今回はこのような場面で効果を発揮する、「Bootstrap」と呼ばれるCSSフレームワークについてご紹介します。

AIちゃん
AIちゃん

CSSにもフレームワークがあるんですね!

有村先生

あらかじめ決められた型の「フレームワーク」を使えば、簡単にCSSを組むことができますよ。今回はCSSフレームワークのひとつ、Bootstrapについて解説します。

目次

CSSフレームワークについて

CSSフレームワーク

個人でWebサイトの制作をする場合と異なり、チームで制作する場合は一定のコーディングルールに従い、CSSの記述に統一性を持たせることが必要です。

CSSフレームワークには、よく利用される「Webパーツ」や「機能」などがまとめられているため、制作時の手間を省くことができます。利用者は決められたコーディングルールに従うことで、手軽で統一性のあるコーディングが可能になるのです。

あらかじめ用意されたルールの下でWebサイトのデザインコーディングを行うため、オリジナリティを持たせるなどのカスタマイズが難しくはなりますが、CSSで重要とされているメンテナンス性を向上させることができます。

Bootstrapでスピーディーなコーディング

スピーディーなコーディング

Webサイト制作の場において、統一性のとれたCSS設計は欠かせません。現場においてスピーディーなコーディングを可能にするツールが、CSSフレームワークの「Bootstrap」です。

CSSフレームワークには数多くの種類がありますが、BootstrapはTwitter社で開発されたフレームワークです。当初はTwitter Bootstrapと呼ばれていました。

Bootstrapは、再利用性の高いWebパーツや各レイアウトのデザインを整える機能を豊富に備えているため、CSSのコードを一から組むことなくWebサイトのデザインを進められます。

また、表示切り替えやアニメーションなど、ダイナミックなWebサイトを制作する際に必要なJavaScript・jQueryも手軽に読み込んで利用できます。

今では常識となりつつある、マルチデバイスやレスポンシブデザイン対応も容易で、コードとデザインを交互に眺めながら微調整をする手間が不要となったことも、Webデザイナーに とっては大きなメリットです。

Bootstrapを使ってみよう

最新バージョンのBootstrapは、公式サイトからダウンロードすることができます。以下の手順に従い、インストールしましょう。

1. 公式サイトの「Download Bootstrap」のボタンを押して、最新バージョンBootstrap3のダウンロードを開始します。


2. ダウンロードしたbootstrap-3.3.7-dist.zipを解凍すると、distフォルダが現れます。distフォルダの中にはcss、fonts、jsの3つのフォルダがあります。


3. 下記のファイルをご自身のサーバーにアップロードしてください。
・cssフォルダ内のbootstrap.min.css
・fontsフォルダ内の全てのファイル
・jsフォルダ内のbootstrap.min.js

Bootstrapを使いこなすためには

Bootstrapを使いこなす

Webサイトに求められる機能は時代によって目まぐるしく変わっていきます。Bootstrapにはこのような機能のトレンドが反映されているため、使いこなせれば生産性を向上させるだけでなく、表現の幅を広げることができるでしょう。

ただし、BootstrapはあくまでもCSSを使いやすくしたツールです。CSSの基礎が身に付いていなければ、CSSフレームワークであるBootstrapを使いこなせません。

CSSでは3つの基本要素、「セレクタ」「プロパティ名」「プロパティ値」を組み合わせてスタイルを設定します。構造が単純で理解しやすい一方、厳密なコーディングルールが存在しないため、チームで制作する場合は混乱が生じる可能性もあります。

CSSやBootstrapを使いこなすためには、最初にCSSの基本文法を押さえた上で、保守性や拡張性の高いコードを書けるように練習を積むことが大切です。

おわりに

CSSの記述方法によっては、コードの統一性や一貫性が失われてしまうことがありますが、BootstrapのようなCSSフレームワークを利用することにより、迅速でメンテナンス性の高いWebサイトを制作することができます。

Webサイトのトレンドを取り入れた機能が豊富で、動的要素を追加する際に欠かせないJavaScript・jQueryの扱いが容易なこともBootstrapの大きな魅力です。

定められたルールに従ってコーディングしていけば、動作不良によるチェック作業の手間を省くこともでき、制作現場のデザイナーの負担軽減や生産性向上につながります。

ただし、Bootstrapをカスタマイズして使うためには、HTMLやCSS、JavaScriptに関する知識が必須です。Bootstrapを利用してWeb制作をしたいとお考えの方には、WebスクールでWeb制作の基礎を体系的に学習することをおすすめします。

インターネット・アカデミーのフラグシップコース

Webデザイナー総合コース

Webデザイナー総合コースは「Webデザイナーコース」に作品制作講座とJavaScript講座をプラスし「クオリティ」と「スピード」を即戦力レベルまで磨き上げます。

相談してコースを選びたい方はカウンセラーに無料で相談

カウンセラーに無料で相談

※無理な勧誘は一切ありません

無料で相談してみる