デザインを自由にするAdobe発モバイルアプリ

デザインを自由にするAdobe発モバイルアプリ

Adobeといえば、クリエイター必携ソフトのPhotoshop、Illustratorなど、グラフィックソフトが大変有名ですが、実はパソコン向けのクリエイティブツールだけでなく、モバイル端末向けのアプリケーションソフトもたくさんリリースしています。 今日は、そのいくつかをご紹介します。


IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

1.Adobe Shape CC

Adobe Shape CC

http://www.adobe.com/jp/products/shape.html

iPhoneやiPadを使って取り込んだ画像を、ベクトルシェイプに変換できるアプリです。このアプリを使えば、写真や画像に含まれている複雑な模様を、自由にオリジナルのベクトルデータとしてデザインに取り込むことができます。


2.Adobe Illustrator Draw

Adobe Illustrator Draw

http://www.adobe.com/jp/products/draw.html

Adobe Illustrator Drawは、iPadで自在にベクトルデザインを作成することができるアプリです。外出先でも自在にベクター画像を作成し、さらにそれをモバイルやデスクトップパソコンなどに移行してブラッシュアップすることもできます。


3.Adobe Photoshop Sketch

Adobe Photoshop Sketch

http://www.adobe.com/jp/products/sketch.html

自然な描画ツールとカスタムブラシがそろったiPad用スケッチアプリです。アクリルやパステルなどの表情豊かなブラシを使って、思い立った時にいつでもグラフィック作品を作成することができます。


4.Adobe Color CC

Adobe Color CC

http://www.adobe.com/jp/products/color.html

iPhoneやiPadで撮影した画像から、色の組み合わせ(カラーテーマ)を作成し、保存することができます。このアプリを使用すれば、自然界の美しい色彩からカラーテーマを作成したり、そのカラーテーマを仲間と共有することができます。


あとがき

スマートフォンやタブレット端末の登場により、いつでもどこでもデジタルのクリエイティブワークを行うことができるようになりました。 本日紹介したアプリケーションは、いずれもその活動をサポートし、そしてその表現力を確実に高めてくれるものばかりです。

全てiPhoneもしくはiPadといったiOS対応のアプリケーションのため、Androidでは残念ながら使用できませんが、使える端末をお持ちの方はぜひインストールして使ってみてくださいね。