なんと、展覧会まで!?GIFアニメが今熱い

なんと、展覧会まで!?GIFアニメが今熱い

いろんなGIFアニメの魅力を紹介する展覧会「ジフ展」が、9月5日から9月13日までの9日間、神田で行われます。

GIFアニメの展覧会って、どういうこと!?と、私も今から気になって仕方がありません。 場所は、神田にあるTETOKAというスペースで行われます。


IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

GIFアニメの勢いは止まらない

先日「今再びホットなGIFアニメのコンテスト「theGIFs2015」」というブログ記事の中でも、いま再びGIFアニメーションが注目を集めている理由についてご紹介しましたが、少しアナログな印象のあるアーティスティックなGIFアニメの魅力に魅せられたクリエイターが続々と増えています。

そんな中でも、私が最近気になったGIFアニメクリエイターさんを3名ご紹介します。
もし、いろいろなGIFアニメを見て興味が湧いてきたら、最初にご紹介した展覧会に足を延ばしてみてもいいかもしれませんね♪


1. Guillaume Kurkdjian

Guillaume Kurkdjian

http://guillaumekurkdjian.com/

可愛らしいけれど、ちょっとコミカルで、ユーモアにあふれたGIFアニメーションを毎週1つ公開しているフランスのイラストレーターさんです。 ループの内容から、いろいろとストーリーを想像したくなって、ちょっとやみつきになるような作品ばかり。


2. 1041uuu

1041uuu

http://1041uuu.tumblr.com/

どこか懐かしくて切なさを感じさせる、8bitのGIFアニメーションを作成しているのが1041uuuさんです。 日本人が哀愁を感じる風景と、8bitGIFアニメの決して繊細な表現には向かない特性がうまくマッチして、いつまでも眺めていたくなります。


3. Oamul

Oamul

http://www.oamul.com/

中国のイラストレーターOamulさんのGIFアニメーションは、絵本から飛び出したような温かみのある作品ばかり。 上記イラストは「the-24-solar-terms」という、春夏秋冬をさらに細かく24個の季節として分けた二十四節気をテーマにした作品です。

Webサイトでは、GIFアニメーション以外の作品も楽しめるので、イラストが好きな方はぜひご覧ください。