タイピングした文字を手書きに変換する「Gracious Eloise」

タイピングした文字を手書きに変換する「Gracious Eloise」

手書き文字をタイピングで用意できたらどんなにいいだろうか...と、思ったことはありませんか。もちろん本当に手書きした場合の魅力というのは挙げればキリがありませんが、タイピング操作やスマートフォンなどの携帯電話を使った文字入力に慣れてくると、きっとそう思った経験がある方は、多いのではないかと思います。 実は、海外ではすでにそんなサービスが最新技術を使って登場しています。それが、Gracious Eloiseです。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

Gracious Eloiseとは

Gracious Eloiseとは、ユーザの手書き文字をデジタイズし、そのデータをもとに、キーボードからタイプしたメッセージをその人の手書き文字に変換するソフトウェアサービスです。 このサービスのすごいところは、手書きメッセージを"画一的に"使用するのではなく、行中の位置や大きさなどを微調整し、あくまでもユーザーの"手書きの個性"を再現するような仕組みになっている、というところです。

Gracious EloiseはあくまでもBtoCのサービスではなく、開発者が新しいサービスに活用することを想定し、API(アプリケーションプログラミングインターフェース。プログラム開発のための規約のようなもの)としての利用を想定しているとか。

実は、手書き文字をデジタル化するサービスは海外では開発がいろいろと進んでいるようなのですが、こんなに"リアリティ"や手書きの風合いを大事にしたサービスは画期的なようです。 これが日本にも入ってきて、あっという間に当たり前になる時代もくるのかもしれませんね。