Adobeユーザーに嬉しい最新ニュース

Adobeユーザーに嬉しい最新ニュース

Adobeのソフトウェアやサービスは、いずれもWebデザイナーやクリエイター、マーケッターに欠かせないものばかりです。 インターネット・アカデミーの授業でも、たくさんのAdobeソフトの使い方やノウハウをご紹介していますが、そんな受講生・卒業生のみなさんにぜひお伝えしたいAdobeのニュースを本日はご紹介します。


IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

「Typekit」でモリサワフォントが使えるように!

Typekitは、Adobe Creative Cloud(Adobe CC)の中のサービスの一つです。CCのメンバーに入ってさえいれば、1000種類以上の欧文フォントを追加料金なしで使うことができます。

そのTypekitの中に、なんとモリサワグループのフォントが追加されました。 ということは、欧文フォントのみならず、なかなか高価で手が届きにくかった和文フォントまで、無料で使うことができるようになったのです。

Adobe Creative Cloud「Typekit」

Adobe CCアカウントがなくても、有料プランに申し込めばTypekitを使うことができるので、詳しくはぜひTypekitのサイトでご確認ください。

Androidで使えるアプリの新作が登場!

Adobeが Android 向けの新アプリ「Illustrator Draw」「Capture CC」をリリースしました。 どちらのアプリも、Google Play ストアで手に入れることができます。

「Illustrator Draw」は、タッチ操作でベクトル画像を作成できるいわばモバイル版Illustrator。 「Capture CC」は「Brush CC」「Color CC」「Shape CC」を一つに統合したアプリで、PhotoshopやIllustratorで使えるブラシやベクトル画像に変換できるグラフィックツールです。

いずれも無料なのと、外にいながらにして、気軽にグラフィック素材の作成ができるのもが嬉しいですね♪ 便利なツールはどんどん活用して、インスピレーションを得たり、いろんな作品を作っていきましょう!