次のWebデザイントレンドは「グラデーション」が来る予感!

次のWebデザイントレンドは「グラデーション」が来る予感!

以前、「フラットデザインとグラデーション」という記事で、グラデーションを活用するデザインに新鮮味が出てきているということを紹介しました。

グラデーションといっても、以前流行したような立体的な表現をするための使い方ではなく、あくまでもフラットデザインや画像に重ねるようにして使う、というものです。
あくまでも個人的に、ですが、「フィルター的グラデーション」とか「スペクタクルグラデーション」と名づけています。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

Webデザイントレンドのグラデーション

このグラデーションの表現手法が本格的に日本にも来るだろうと確信したのは、6月8日から開催されることが発表されたAppleの開発者会議「WWDC 2015」のサイトを見たときです。 サイトトップのWWDC 2015のロゴも透明なグラデーションですが、注目すべきは右上のメニューの各ページのメイン画像です。

WWDC 2015 Webページデザイン1

WWDC 2015 Webページデザイン2

WWDC 2015 Webページデザイン3

いずれも、写真の内容、イメージに合うグラデーションの加工が施されていますね。 これが、これから流行するグラデーションの使い方になるはずです。(むしろ、海外ではもう流行しているのですが日本にはまだイマイチ浸透していないので...)

常にデザイントレンドの最先端を行くApple社が採用しているデザインは、大体どこの企業も注目しているものですから、ぜひみなさんも参考にしてみてください。

ちなみに、WWDC 2015のトップページに掲載されているロゴは、iPhone、iPad、Mac用の壁紙が用意されています。 気に入った方はダウンロードできるので、チェックしてみてくださいね☆