デザイン思考(Design Thinking)とは?ビジネスにもたらす効果を解説

デザイン思考(Design Thinking)とは?ビジネスにもたらす効果を解説

国内の人口構造や消費傾向の変化、経済のグローバル化やテクノロジーの進化など、私たちを取り巻く環境は刻々と変化しています。その中で企業には、より良いサービスの提供や競争力を高めることが求められるようになりました。このような課題へのアプローチ法として、最近「デザイン思考(Design Thinking)」が注目されています。
今回は、デザイン思考の概要とビジネスにもたらす効果についてご案内します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

デザイン思考とは?

まず、デザイン思考とはどのような課題解決法かを見ていきましょう。

デザイン思考とは?

デザイン思考とは?

ここでいう「デザイン」とは、配色やレイアウトなど「装飾」ではなく「設計」を意味します。デザイン思考とは、発生した問題や課題に対し、デザイン的な考え方と手法で解決策を見出す考え方を指します。
その特徴として、さまざまな種類の職種やビジネス、そして職種に通用することがいえます。また、プロジェクトに関わるすべての社員・スタッフがそのプロセスに参加できるなど、一部の役職だけにとどまらないところもデザイン思考の持つ特徴です。

なぜデザイン思考が求められる?

デザイン思考について詳しく紹介する前に、なぜデザイン思考が求められるようになったのか背景を知っておきましょう。

デザイン思考が求められるようになった理由として、サービスの多様化やニーズの変化が急加速したことで、それまで主流だった仮説検証型のアプローチでは解決策の用意が間に合わなくなってしまったことが挙げられます。
時代の急激な変化についていくために、より多くのアイデアから解決策を導き出そうと考案された手法、それがデザイン思考なのです。

デザイン思考の5段階(プロセス)

デザイン思考には5つの段階(プロセス)が存在します。

1.観察・共感(Empathize)

この段階では、ユーザーが何を求め、考えているかといったニーズを探ります。
実際にサービスを利用したユーザーがどのように感じ、思うのかを把握することが目的です。

2.定義(Define)

ユーザーが抱く疑問や問題点を調べたことをまとめます。その内容をベースにしてユーザーの真のニーズを洗い出し、問題がどこにあるのかを明確に定義づけします。

3.概念化(Ideate)

概念化(Ideate)

定義された問題点に対し、具体的にどのようにアプローチすべきかを考えます。
スタッフやメンバーを集め、枠にとらわれることなく、自由に意見を交換しましょう。より多くのアイデアを出し合い、方策を練ります。仮説を具体化することがポイントです。

4.試作(Prototype)

3で方策がおおよそ固まったら次は試作です。試作品を作成することで、さらにアイデアを具体化でき、イメージしやすくなります。試作品を通してサービスの機能性や効果、そして実現性について検討しましょう。
試作品ができるとアイデアの再現が容易になり、解決策の提案での説得力を補強することができます。

5.テスト(Test)

社内での検討を経て、いよいよユーザーにアイデア使用感を問います。それまでの方針が正しかったか否かを見極めるだけでなく、今後の課題を決める重要な段階です。
テストと改善を繰り返し、最終的な解決策(ゴール)を目指します。

デザイン思考がビジネスにもたらす効果

デザイン思考がビジネスにもたらす効果

デザイン思考はプロジェクトやチームに所属する全員により行われます。「Design Thinking」ではアイデアの重要度に眼目が置かれ、そこに役職による分け隔てはありません。あらゆる発言が平等に扱われるのです。
最後にデザイン思考によって得られる効果の一部をご紹介します。

1.新たなアイデアの醸成

デザイン思考では、5つの段階「観察・共感」「定義」「概念化」「試作」「テスト」により、得られた結果をチーム全体でレビューします。仮説の検証を経て、さらにPDCAサイクルを繰り返すことで、新たな気付きやアイデア・発想が生まれます。
この習慣が根付くことで、新たなアイデアが醸成されやすい環境を整えられることでしょう。

2.組織の強化

プロジェクトやチームに所属するメンバーが自由に意見を交換することで、共通の認識や方向性を持つことができ、さらにメンバー間の信頼構築につながります。
プロジェクトにおいて特に重要なメンバー間の結びつきが強くなると、組織の強化にもつながり、おのずと生成物の品質向上にもつながるのです。

おわりに

デザイン思考は、サービスや商品が持つ問題点を洗い出し、その解決策を練る上で大きな効果を発揮します。また、プロジェクトやチーム全体のメンバーが集まり議論を交わすことで、新たな発見やアイデアが得られるだけでなく、互いに共通の認識を持つなどの信頼にもつながります。今後ますますデザイン思考がビジネスの場に求められることが考えられます。

インターネット・アカデミーでは、法人研修としてクリエイティブシンキングの授業を開講しています。クリエイティブシンキングは「枠にとらわれない自由な発想力」を鍛えることができ、今回ご紹介したデザイン思考にも大きく関わっています。より柔軟で解決力に富んだチーム作りを図りたいと考えている法人の方に、ぜひ受講をおすすめしたい講座です。

関連講座

研修ラインナップ(マネジメント系講座) クリエイティブシンキング

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム