未経験からWebデザイナーとして就職するために役立つ資格とは?

未経験からWebデザイナーとして就職するために役立つ資格とは?

「Webデザイナーになりたい」と志したとしても、全くの未経験からの就職活動は不安なもの。 就職に役立つ資格をとっていれば、心強いでしょう。しかし、Webデザイナーに関連する資格はたくさんあります。どの資格を取れば、未経験からの就職に役立つのでしょうか?

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

採用者側の感想

企業で実際にWebデザイナーの採用面接官を経験した方の感想をみると、 資格をどう扱うかはその会社の方針や、面接官によっても違っています。

資格があることを重要視する人もいれば、それほど重くみない人もいます。 「資格があるかどうかよりも、会社が求めている技術をしっかりと習得していて、 その会社で働いてみたいという熱意ややる気を感じられるかどうかが大切」 という意見もあります。

たしかに、未経験のWebデザイナーが就職するにあたって、 技術と熱意が最も大切な要素であることはいうまでもありません。

資格を取るメリット

とはいえ、実務未経験者にとって資格は心強い武器です。 全く未経験から新しい世界に飛び込むのは大変な勇気が必要です。

「自分にやっていかれるだろうか...」 「どうせ、経験者の方を採用されてしまうんじゃないのか」 といった不安にかられるときもあるでしょう。

しかし、新しい知識や技術を吸収する柔軟性と意欲のある元気な人材を、企業は求めています。 未経験だからといって、恐れることはありません! うまく自分の長所をアピールできれば、いい結果が待っています。

資格取得のメリットは2つあります。 1つ目は技術や知識があることを企業にアピールできます。 2つ目は資格を取ることで、 「自分にはこの資格を取るだけの技術や知識がある。勉強もしっかりしている」 という自信を得ることができます。

就職試験の面接の際大切なのは、自信をもって自分の長所をアピールできるということ。 資格試験に合格したときの喜び、それを忘れないようにして、明るくポジティブな態度を心がけましょう。

どんな試験を受けたらいい?

検定を受けるにはその検定に向けた勉強をしなければなりませんし、受験料もかかります。 できるだけ信頼性のある資格を取りたいものですね。

Webクリエイター能力認定試験

サーティファイが運営する、Web業界でも受験者の多い試験で、それだけ知名度が高いといえます。

HTMLやCSSの知識など、Web制作に関する総合的な知識やスキルが要求されます。 「ホームページ制作能力認定試験」という資格試験を同じ会社が運営していますが、 こちらはやや初心者向けで、Webデザインを勉強した後最初に、力試しにとるのに向いています。

自分に自信をつけるためにはよい試験ですが、就職の武器としてはやや心細いと言えます。 Webデザイナーとして就職する武器に使うのであれば、上位版である「Webクリエイター能力認定試験」をとっておきたいところです。

ウェブデザイン技能検定

特定非営利活動法人 インターネットスキル認定普及協会が運営する、国家検定です。 国の検定であるという点で信頼性があるといえるでしょう。 1級から3級まであり、難易度は高めです。

Webデザイナー検定

CG-ARTS協会が運営しています試験です。 ウェブデザイン技能検定よりも実践的な内容なため、Webデザイナー関係の専門学校からも支持を集めている検定です。 同じく1級から3級まであり、自分のレベルに合わせて受験することができます。

Webデザイン関係以外で役に立つ資格

色彩検定

色彩検定協会が運営する、文科省認定の試験です。

Webデザインにとって色は重要な要素。色彩に関する知識を持っていることは、 Webデザイナーとして実務に就く上での役に立ちます。

また、似た試験に東京商工会議所運営のカラーコーディネーター検定試験というものもあります。

資格は他にもいくつかあり、インターネット・アカデミーが公開している 「IT業界まるわかりガイド」 というコンテンツでもWebデザイナーを目指す方にオススメの資格を紹介しているので、 ぜひそちらも合わせてご覧になってください。