「時短勤務なのに残業」を解決!システム思考など仕事の効率化を助ける思考方法

仕事を効率化する思考方法

平成24年7月1日より、改正育児・介護休業法が全面施行され、すべての企業で短時間勤務制度の設置などが義務付けられるようになりました。3歳未満の子供を持つ社員が希望すれば、企業は1日の労働時間を原則として6時間とする短時間勤務制度を設ける必要があります。

時短勤務を選択した場合、育児により多くの時間をさけるメリットがある一方、業務に費やせる時間が減ってしまうため、効率的に仕事を進めることが大切です。そこで今回は、システム思考などの業務効率化に役立つ思考方法についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

「仕事の効率化」は思考方法を変えることから

残業が続くと、家族と過ごす時間や趣味を楽しむ時間が減ってしまいます。時短勤務の方はもちろん、通常勤務の方も残業しないよう勤務時間中に仕事を終わらせたいですよね。 特に時短勤務の方は勤務時間が短いため、仕事を効率的に終わらせることが重要です。まずは思考方法を変えることから始めてみましょう。

ビジネスの問題解決に役立つ考え方として、「システム思考」「ロジカルシンキング」「クリティカルシンキング」の3つがあります。

システム思考

システム思考

「システム思考(systems thinking)」とは、それぞれの事象を別々に捉えるのではなく、事象の相互関係にも注目しながら事象全体を1つのシステムとして捉える思考方法です。

「木を見て森を見ず」といわれるように、私たちは物事の一面にとらわれて全体像を見失ってしまうことがあります。仕事を効率化するためには、個々の業務プロセスだけではなく、業務全体のプロセスに注目することが重要です。

生産ラインごとにバラバラだった在庫管理を在庫管理システムによる一元管理に変更することもシステム思考です。すべての在庫をリアルタイムで把握できるため、急な生産スケジュール変更にも柔軟に対応できます。

ロジカルシンキング

ロジカルシンキング

「ロジカルシンキング(logical thinking)」とは、論理的思考のことです。新人研修時にロジカルシンキングについて学んだ方もいるでしょう。複雑な物事も筋道を立てて考えることによって、業務効率化のボトルネックとなっている箇所を特定することができるようになります。

ロジカルシンキングの基礎となる考え方は、演繹法と帰納法です。

「演繹法」とは、前提となる事柄から結論を導く推論の方法を指します。演繹法の代表的な例が三段論法です。「AならばB」「BならばC」という条件から、「AならばC」という結論が得られます。

一方「帰納法」とは、多くの事例を基にして一般的法則を導く推論の方法です。例えば、業界の大手企業の動きをチェックして、業界動向を予測する場合などに用います。

情報を表やグラフで図示する「マトリクス」や課題や原因をツリー状にブレイクダウンする「ロジックツリー」、個々の事実や情報から見えてくる課題や原因をピラミッドのように積み上げる「ピラミッド・ストラクチャー」などのツールを利用することによって、ロジカルシンキングに、より取り組みやすくなります。

クリティカルシンキング

クリティカルシンキング

「クリティカルシンキング(critical thinking)」とは、批判的思考のことです。一般に当たり前と思われることについても常に疑問を持ち、「得られた情報は信頼できる情報なのか」「偏った見方(バイアス)や事実と意見の混同がないか」という視点から考えます。

データを眺めるだけでは、本質が見えないこともあります。このようなときに必要な思考方法が、クリティカルシンキングです。

近年関心が高まっているデータ分析ですが、データ分析を利用する際もクリティカルシンキングの実践が大切になります。データの分析結果を批判的に吟味することで、新しい発想が浮かんだり、今まで見えなかった部分が見えてきたりするかもしれません。

業務効率化のためには、従来の仕事の進め方を見直すことが大切です。効率化が困難とされる業務でも、初めからできないとあきらめてしまうのではなく、クリティカルシンキングを使って業務改善できないか考えてみましょう。

おわりに

システム思考やロジカルシンキング、クリティカルシンキングは、ビジネスパーソンの基礎となる考え方です。関連情報は書籍やインターネットで簡単に手に入るため、興味がある方は思考方法の改善から取り組んでみてください。

思考方法、特にロジカルシンキングを鍛えるためにはプログラミング学習も効果的です。プログラミングを学ぶ際は、マネジメントに強いスクールを選ぶとプログラミング技術だけでなく、このような考え方まで学べるでしょう。

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム