グローバルに活躍するIT人材の育成ならインターネット・アカデミー研修!ポイントはIT×英語!?

compare_it_training_english.jpg

テレビやネットなどで新たなIT技術の開発が頻繁に取り上げられるようになり、それと同時に今日ではITがどの業界でも取り入れられるようになりました。日本の企業にとって世界で戦っていくためにもグローバル化はとても重要な役割を持っていますが、IT化もグローバル化と同等に重要なものとなっていくでしょう。

また、日本の少子高齢化に伴い、企業の人事担当者は未経験の人材でも大勢を採用して入社後にITや英語などの専門的スキルを学ばせたり、海外からも積極的に人材を受け入れたりしています。そのような人材育成に対し、効果的なITの習得方法をお伝えいたします。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

英語によるIT研修のメリット

IT研修を英語で実施することは英語と親和性の高いIT用語を理解するうえで大きなメリットとなります。特にプログラミング言語のほとんどは英語が土台になっているので英語を理解していることで短期間でプログラミングが身に付きやすくなります。また、情報面でもメリットがあります。最新のIT情報はまず英語で発表されます。そして翻訳され日本語で伝えられるのですが、日本語に翻訳されるまでの間に多くのIT情報は抜け落ちてしまいます。ただ情報が伝わるのが遅いだけではなく、自分が今欲しいIT情報や知っていれば大いに活用できたはずのIT情報を得る機会を失ってしまうのです。

しかし、日常生活で英語を使う機会はあまりありません。英語ができる人材を増やそうと思ったのなら社内で英語を使うように働きかける必要があります。英語によるIT研修は社内のグローバル文化を創る良い機会になるのではないでしょうか。そのような英語によるIT研修を実施する機関の中でもインターネット・アカデミーがおすすめです。インターネット・アカデミーでは英語によるIT研修の実施はもちろん、「英語が苦手な人がいるので日本語でサポートしてくれるサブ講師を付けてほしい」等の人事担当者様のご要望に応じて、研修内容やサポート体制をカスタマイズすることができます。

インターネット・アカデミーはなぜ専門的な英語研修を行えるのか?

他のIT研修機関にない、インターネット・アカデミーの特長として「日本および海外拠点で活躍するインストラクターを自社で育成している」ことが挙げられます。つまり、インターネット・アカデミーでは最先端の知識と現場のノウハウを習得したグローバルで活躍するエンジニアやWebデザイナーを研修インストラクターとして採用しているのです。インターネット・アカデミーは世界的な最先端IT都市であるニューヨーク、ボストン、そしてインドのバンガロールにラボや支店を持っており、ITのプロフェッショナルを手配することができ、英語によるIT研修を実施できるのです。

ニューヨーク

compare_it_training_english_pic01.jpg

ITベンチャー企業がもっとも集まるマンハッタンのSoHo地区。インターネット・アカデミーのニューヨーク校はその中心にあります。ここでは最新のIT情報やビジネス情報を集めることができ、その情報をインターネット・アカデミーの研修カリキュラム開発に役立てています。

ボストン

compare_it_training_english_pic02.jpg

インターネット・アカデミーは教育業界唯一のW3C("World Wide Web Consortium"の略称で、 Webサイト制作に必要なルールの標準化を行っているWebに関する世界最高位の団体)のメンバー企業です。ボストン支店はW3C本部とマサチューセッツ工科大学(MIT)の近くにあり、インターネット・アカデミーの社員がW3C /MITの客員研究員として働き、そこで得た最新の技術情報をカリキュラム開発に還元しています。このことは、どこよりも最新で、正確なWebスキルの情報を皆様に提供することを可能にしているのです。

バンガロール

compare_it_training_english_pic03.jpg

急激な経済成長を遂げているインドはIT人材において、質・量ともにアメリカと並ぶといわれております。バンガロールはインドIT産業の中心地です。バンガロール支店ではインドのITエンジニア分野の人材の豊富さと強さを活かしてインターネット・アカデミーの研修カリキュラム開発に役立てております。

このようにインターネット・アカデミーは世界的に重要なIT先端都市に支店を置くことで、世界に通用する最先端の現場知識を皆様に提供することを可能にしています。また、海外支店を持つことで英語対応の可能な講師陣を取りそろえることも可能にしているのです。インターネット・アカデミーでは難易度の高い専門的な内容であっても安心して英語での研修を受けることが出来ます。

インターネット・アカデミーでの英語によるIT研修の事例

インターネット・アカデミーで実際に英語によるIT研修を実施した企業様から、高い評価を頂いております。インターネット・アカデミーでは企業様のご要望に合わせてオリジナルカリキュラムをご用意しております。英語による研修を検討している企業様はぜひ研修事例を参考にしてみてください。

研修事例 楽天カード(株)様

楽天カード(株)様には「英語によるWebサイト制作研修」を実施させていただきました。海外事業統括部海外事業企画グループ 林様 / 許様 / 畔栁様から以下のコメントをいただいています。

compare_it_training_english_pic04.jpg

3年前に、楽天カードでの新卒の研修を依頼させていただいたことがあり、当時の担当者に話を聞いたところ、インターネット・アカデミーがお勧めと言っていたので、他の選択肢はあまり検討していませんでした。また、楽天グループでは社内の公用語が英語ということもあり、英語でのIT研修も対応しているというインターネット・アカデミーの特色も決め手の一つです。質問も日本語、英語どちらでも対応してくれる点が大変魅力でした。

参考

楽天カード(株)様

研修事例2 NTTコミュニケーションズ(株)様

NTTコミュニケーションズ(株)様には「チームでのアプリケーション開発研修」を実施させていただきました。先端IPアーキテクチャセンタ 担当課長の大津谷亮祐様から以下のコメントを頂いています。

compare_it_training_english_pic05.jpg

インターネット・アカデミーのことは社外研修を検討する前から知っていました。弊社はW3Cに加盟しており、その活動を通して同じくW3Cメンバーであるインターネット・アカデミーというWebのスクールがあることを知ったのです。他にも数社、研修先として候補が上がっていましたが、W3Cメンバーであるということ、そして過去の研修実績も豊富であるため、やはり インターネット・アカデミーにお願いすることに決めました。また、今回の研修参加者の中には外国籍の社員もいたため、英語での対応も可能な、バイリンガルな講師が理想でした。インターネット・アカデミーは米ボストンやインドに海外展開していて英語での講義にも対応可能だったので、その点も魅力的でした。

参考

NTTコミュニケーションズ(株)様

まとめ

いかかでしたでしょうか。インターネット・アカデミーでは英語でのIT研修でも企業様に満足していただけるようなカリキュラムを取りそろえております。外国籍の社員にIT研修を受けさせたい場合、もしくは社内の英語レベル向上のために英語でのIT研修を受けたい場合は、インターネット・アカデミーでの研修を検討してみてはいかがでしょうか?まずはお気軽にご相談ください。

トップ企業が選ぶ、グローバル時代のIT研修なら
プロフェッショナルを育成するIT専門スクールインターネット・アカデミー

すべての業界で通用する研修ラインナップ

インターネット・アカデミーの研修カリキュラムには、短期間で実践スキルを習得するためのノウハウが凝縮されています。

新入社員向けIT研修

既存社員向けIT研修

圧倒的なIT研修実績

次代を見据えた企業の人事担当者やトップリーダーに選ばれ続けてきた実績が、何よりのインターネット・アカデミークオリティの証明です。

  • NTT
    コミュニケーションズ
    大津谷亮祐 氏

  • 日本
    デザインセンター
    色部義昭 氏

  • 楽天カード海外事業企画グループ

  • 博報堂
    アイ・スタジオ
    廣岡マヒコ 氏

  • 有限責任監査法人
    トーマツ
    吉村礼子 氏

  • カシオ計算機山本幸司 氏

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム