ユニークなスマホ向けソリューションでレストランビジネスが変わる!?

ユニークなスマホ向けソリューションでレストランビジネスが変わる!?

スマートフォンやモバイル端末の普及に伴い、私たちの生活は様々なところで便利になっています。

最近では、レジを置かずにiPadなどのタブレット端末で管理しているお店も珍しくなくなりました(「タブレット型POSレジ」といいます)。 それ以外にも、スマートフォンを活用した新しい店舗向けのサービスやアプリが続々と登場しています。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

最新の展示会でみつけたユニークなソリューション

2017年5月10~12日にかけて、幕張メッセで「第一回店舗ITソリューション展【春】」という展示会が行われていました。IT系の展示会は今までも多数行われてきましたが、 店舗のIT化に関する製品・サービスがメインの展示会は今回が初の開催ということもあり、注目を集めたようです。

そのイベントでは、小売店、飲食店、ホテル・旅館などの店舗を持つ企業の経営企画部門、情報システム部門の方などが多数来場し、スマートフォンやタブレット端末を活用したソリューションの展示に注目が集まっていました。 スマートフォンを使って柔軟にコンテンツを制作するだけでなく、利用者のモバイル機器を通して、利用者を巻き込むというアプローチの商品・サービスがみられるようになってきたのも、昨今の特徴といえるかもしれません。

例えば、店舗のスタンプカードをスマートフォンに搭載する「スタンプWALLET」というサービスがあります。

スタンプWALLET

イベントに出展していた企業の一つであるウィルマーケティング株式会社が提案するソリューションです。 スタンプカードがデジタル化することで、様々な店舗のカードを何枚も財布で管理をする必要がないですし、ポイントの有効期限などの詳細も確認しやすいですよね。 しかもこのソリューションは、企業にとっても、利用者の情報を入手・管理しやすいので、今後のビジネスのための分析も行いやすいというメリットがあります。

他には、株式会社システムフォワードの提案する「スマホdeメニュー」というものもありました。

スマホdeメニュー

飲食店を利用するユーザーのスマートフォンがメニューとなり、同時に注文も行うことができるというソリューションです。利用者のデバイスがメニューとなれば、テーブルのスペースを気にする必要もなくなりますし、なんといっても、店員さんを呼ばずともデバイスから注文ができるので、ミスも注文時間も減らせます。

スマートフォンの未来

スマートフォンを中心に、モバイル機器を活用した新たなサービスやビジネスが続々と生まれています。多くの人が所有しているスマートフォンだからこそ、その活用の場を新しく創造したり提案することができれば、新たな消費者行動につながったり、将来のビジネス拡大のポイントにもなるかもしれません。

新たなビジネスチャンスを獲得する上では、レスポンシブWebデザインやUI/UXの知識、Javaなどのアプリ開発のためのプログラミングや、さらにこれからはARやVRの知識など幅広い知識が当然のように求められるようになるでしょう。

スマートフォンをはじめとしたモバイル機器でビジネスチャンスを掴みたい方、これから需要の高い知識を学びたいという方は、ぜひ一度、インターネット・アカデミーに足を運んでみてください。独立志向の方や企業担当者として悩みを抱えていらっしゃる方向けのカウンセリングも、「無料体験レッスン」の中で実施しておりますので、お気軽にご相談ください!