2030年には80万人不足?ハイレベルなIT人材を育成して競争力を高める!

2030年には80万人不足?ハイレベルなIT人材を育成して競争力を高める!

ITサービスの市場において、これから需要の拡大が見込まれるのがビッグデータ、クラウド、ソーシャル、モバイル、IoT、そしてAIなどの"第3のプラットフォーム"と呼ばれる分野です。実は日本のこうした分野で深刻な人材不足が懸念されています。企業は今後さらに優秀なIT人材を「採用」し、さらに「育成」する必要が出てくるでしょう。企業が優れた人材を多く「採用」できるための個人レベルの環境作りは進みつつあります。その1つが2020年から小学校の教育指導要領で必修化されるプログラミング教育です。また近年ではITの専門的な知識を学ぶことができるWeb専門スクールの人気も高まっています。

今回は企業が優秀な人材を「育成」するための企業・法人レベルの課題についてご紹介します。「ハイレベルなIT人材になりたい!」という方はもちろん、高い競争力を獲得するために研修によるIT人材育成を検討している方はぜひお読みください。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

IT人材が足りない!~量的な課題~

ITサービスの需要の増加は今後も見込まれます。特に"第3のプラットフォーム"(ビッグデータ、クラウド、ソーシャル、モバイル、IoT、AI)と呼ばれる分野でのITサービスの需要が高まってきており2020年代後半にはこの業界の過半数を占めると予想されています。したがってこれからは先端ITや情報セキュリティなどを担うような"新たな技術に対応して高付加価値を生み出すIT人材"の需要が伸びていくでしょう。

しかし経済産業省の推計によれば2019年を境にIT関連産業における退職者の数が入職者を上回るようになり、IT人材の平均年齢の上昇・高齢化も進むことが予想されます。このIT人材の需要と供給のギャップ、すなわち需給ギャップから2030年には40~80万人規模でIT人材が不足することも試算されました。日本は今後深刻なIT人材不足に直面することになるのです。

IT人材が足りない!~量的な課題~

日本のIT人材はレベルが低い?~質的な課題~

経済産業省は各国のITスキルの標準(経済産業省が定めている、個人のIT関連能力を職種や専門分野ごとに体系化しIT人材に求められるスキルやキャリアを示した指標)を調査しました。その結果、日本の標準レベルはアメリカやインドはもちろん、ベトナムやタイなどの東南アジア諸国よりも低いことが明らかになりました。基礎的な知識・技能ではなく高度な知識・技能を身に着けている人材の割合が低くなっています。このように各国と比較すると日本がハイレベルなIT人材を育成する必要性がより一層鮮明になります。

またこの調査ではIT人材のレベルと年収のレベルの関連性も示唆されています。ハイレベルな人材によってその業界や関連の業界の競争力が高まり、結果として高水準な給与につながっている言うことができると言えます。

日本のIT人材はレベルが低い?~質的な課題~

社員の教育・研修に投資して正のサイクルを生み出す!

会社の教育・研修制度や自己研鑽制度に対する満足度の調査では日本は各国と比べて満足度が低い結果となりました。社会におけるIT活用が高度化するにつれてその業界に関わる個人にも高度な技術や知識が求められるようになってきています。そのような高度な内容のものを自社だけで提供するのは難しくなってきているのが現状です。これからは個人が自主的に幅広い知識を取り入れることはもちろん、企業・法人単位での教育・研修が重要です。

社員の教育・研修に投資して正のサイクルを生み出す!

企業が社内で教育・研修に力を入れ、新しい知識や技術を習得できれば、今までになかったアイデアやサービスを提供することができるようになります。そうしたことが競争力を底上げしてくれるので結果として給与アップ、企業ブランドのアップ、そしてさらなる優秀な人材の確保につながり好循環(正のスパイラル)を生み出すことができます。

おわりに

若年層の減少、高齢化も相まってIT人材の大幅な不足が懸念される日本の社会で、企業は量ではなく質の高い優秀な人材を確保する必要に迫られています。初等教育の場などでも人材育成に向けた取り組みが進められている中で、企業がIT関連の研修に積極的に投資して知識的、技術的な底上げを行うことも必要とされているのではないでしょうか。

近年では高度な知識や技術の研修を自社の中で行うのではなくWeb専門スクールなどに委託したいと考えている企業も増えてきています。インターネット・アカデミーでは、Webデザインからプログラミング、さらにはWebマーケティングやディレクション等のマネジメント系の講座まで提供していますので個人で学びたいと考えている方はスクールの無料体験レッスンにご参加ください。

また、企業で人材育成を検討されているご担当者様であれば、ご要望に合わせて講座内容からスケジュールまで研修内容をカスタマイズして実施することが可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

参考

経済産業省人材育成・確保 経済産業省IT人材調査 経済産業省IT人材育成状況

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム