インターネット広告の配信方式 ~メールマガジン~

インターネット広告の配信方式 ~メールマガジン~

アドネットワークやリスティングと言ったインターネット広告が注目される一方で、メールマガジンのような昔ながらの広告の良さも昨今では見直されてきています。
今回は、広告としてのメールマガジンの価値や有用性についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

メールマガジンとは

メールマガジン(メルマガ)とは、Eメールを使って継続的にメッセージを発信するサービスのことです。
日常でインターネットを使うことが当たり前になった現代では、ほとんどの方が携帯電話やスマートフォン、パソコンなどで、メールをチェックしているはずです。 インターネットが公共空間であるとするなら、メールの受信箱はいわばユーザー個人にあてられた私的な空間。この私的空間に直接届くということが、メルマガの最大の特徴です。

メルマガの読者になってもらうためには、まずユーザーにメールアドレスをシステムに登録してもらわなければなりません。このハードルを越えることができれば、他の広告形式よりもよりユーザーに親しみを感じてもらえるというメリットがあります。

SNSよりもメルマガ

メールマガジンはインターネットが普及し始めた頃から使われている最も基本的な広告・告知方法で目新しさはありませんが、現在でも広告方式として大きな魅力を持っています。

メールマーケティングの情報を発信するサイト「メールマーケティングラボ」が行った 「メールマガジンに関する意識調査2014」 によると、企業やショッピングサイトからのお知らせは、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアよりも、Eメールで受け取っていると回答する人が多いとの結果が出ました。また、メールマガジンがきっかけで商品を購入したことがあるユーザーは、53%にも上るそうです。

元々、ユーザーがメールマガジンにメールアドレスを登録するということは、既に商品購入歴があるなど、強い興味を持っていることが背景としてあげられます。これらのリサーチ結果から、メールマガジンが商品に対して関心の高いユーザーの購買意識をさらに促進する、強力な広告形式であることが分かります。

メルマガはスマホで読む時代に

古くからあるメールマガジンですが、時代の変化に対応させるべき点もあります。
以前ではメールマガジンはパソコン上のメーラーで受信・閲読するものでしたが、スマートフォンなどのモバイル端末の普及により、外出先や移動中のスキマ時間などに、Eメールを読む人が増えているのです。従って、発信者としてもモバイル端末に適したメールマガジンにすることを考えていく必要があります。

スマホを意識した配信とは

・スマホで表示をチェック

近年、メールマガジンはテキストメールでの配信に代わって、HTMLを使用し、多くの画像が使われた見栄えの良いものが主流となってきています。
このようなリッチコンテンツのメールマガジンを配信する際は、スマートフォンでもHTMLメールが最適に表示されるかどうか、忘れずにチェックしましょう。

・配信時間帯

配信時間帯にも注意する必要があります。いつも手元にあるスマートフォンだけに、望まない時間に配信されると「迷惑」と感じる可能性もあるのです。
メールマガジンのターゲットにもよりますが、たとえばビジネスマン向けのメールマガジンであれば、忙しい就業時間帯は避け、始業前の午前8時頃、あるいは、お昼休みの12時くらいでしたら、迷惑に感じられずに閲覧してもらえる可能性があります。 逆に主婦がターゲットのメールマガジンであれば、朝食の支度や子供の世話に忙しい朝の時間は避けたほうがいいでしょう。 顧客により読んでもらいやすい時間帯は異なりますので、効果的に閲覧してもらえる時間帯を検証することも大切です。

まとめ

今後はますます、メールマガジンはスマートフォンで読まれる時代になります。 変化する時代に合わせて、メールマガジンも柔軟に対応させていきましょう。

スマホ対応のHTMLメールマガジンを作成するに当たっては、スマートフォン対応のサイトを作成する知識が役に立ちます。 インターネットアカデミーの「スマートフォンサイト制作講座」 では、スマートフォンの特徴を活かしたサイトの設計やデザインについて学ぶことができます。
スマートフォンサイト制作のスキルやインターネット広告を活用したWebマーケティングのスキルを習得したい方は是非一度インターネット・アカデミーへお問合せください。