Webマーケティング|フレームワーク「PDCA」の意味・「PDCAサイクル」の回し方とは?

meaning-and-method-of-pdca_cycle.jpg

ビジネスシーンにおいて活用すると便利な思考の枠組みである「フレームワーク」。その種類は豊富にあり、目的に応じて使い分けが必要です。その中でも、幅広い分野で用いられているフレームワークがPDCAです。目標達成のための施策や業務計画を立てても、思う通りに成果が出せなかったり、失敗してしまうことがあります。そんな時はPDCAサイクルを回して、業務の進め方をブラッシュアップしていくことが重要です。今回はPDCAの意味やPDCAサイクルの回し方についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

IT研修・ITスクールのインターネット・アカデミー

目次

PDCAサイクルとは?

meaning-and-method-of-pdca_cycle_pic01.jpg

PDCAとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Action(改善)というサイクルを繰り返すことにより、業務の効率化を図るためのフレームワークです。もともとは、製造業における品質管理や生産管理の手法として提唱されましたが、今日ではあらゆる場面で利用されています。

PDCAサイクルの回し方

それでは、PDCAサイクルの回し方について、プロセスごとに見ていきましょう。

1.Plan(計画)

meaning-and-method-of-pdca_cycle_pic02.jpg

目標を設定し、その目標を達成するための計画を立てます。
後で評価がしやすいように、できる限り定量的な(数値による)目標を設定することがポイントです。計画を立案する際は、「いつ(When)、どこで(Where)、誰が(Who)、何を(What)、なぜ(Why)、どのように(How)」という5W1Hに注意しましょう。

2.Do(実行)

Planで計画した取り組みを実行して、その結果を記録します。計画を実行してみると、さまざまな想定外の事象も起こるでしょう。このような事象をきちんと記録しておくことで、次のプロセスで質の高い評価が行えるようになります。

3. Check(評価)

取り組みが計画通り実行され、設定した目標が達成されたのかを評価します。目標と結果を比較し、目標を達成できた要因(もしくはできなかった要因)を明らかにします。

4. Action(改善)

判明した問題点の解決策を考え、その解決策を次のPDCAサイクルにつなげます。

PDCAを実践する上でよくある失敗例

PDCAの実施方法によっては、期待しているような効果を得られない場合もあります。代表的な失敗例として、以下の3つを挙げることができます。

PDCAサイクルを1周しか回していない

PDCAサイクルは、繰り返し回すことが欠かせません。PDCAサイクルを1周回して「効果が得られない」とやめてしまうのではなく、継続して取り組むことが重要です。PDCAサイクルを何度も回すことによって、見落としていた問題点の発見や解決につなげることができます。

PDCAの中で抜けているプロセスがある

meaning-and-method-of-pdca_cycle_pic03.jpg

PDCAサイクルは、計画・実行・評価・改善という各プロセスを、省略せずに行うことが大切です。例えば、計画が適切に実行されていない、評価の際に問題点をチェックし切れていない、改善が十分のまま次のサイクルを回してしまうなど、プロセスに抜けがあれば、PDCAサイクルは空回りしてしまいます。

最初から高すぎる目標を設定している

最初から高すぎる目標を設定し、その目標に合わせて計画を立てると、その後のプロセスに無理が生じてPDCAサイクルを回せなくなります。はじめは現実的な目標を設定し、PDCAの各プロセスを丁寧に進めていくことを心掛けましょう。

おわりに

今回はビジネスで広く利用されるPDCAについてご紹介しました。PDCAは有効なフレームワークですが、実施して短期間ですぐに効果が上がるとは限りません。十分な効果を得るためには、PDCAサイクルを回し続けることが大切です。特に、Webマーケティングの分野においては、Webがすぐに改善できるメディアだからこそ、PDCAサイクルをいかに早く回すかが、そのままWebサイトの成果に直結します。

インターネット・アカデミーの法人研修では、 PDCAサイクルをはじめ、Webマーケティングを基礎から効率よく確実に身につけられるカリキュラムをご用意しています。総合的なビジネススキルの定着を図りたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連講座

新入社員研修(Webマーケティング研修) 既存社員研修(マネジメント・マーケティング研修)

関連記事

Webマーケティングとは?Web担当者(Webマーケッター)の仕事内容 Webマーケティングとは?戦略に必須のフレームワーク9選
Webデザイン・プログラミングスクール インターネット・アカデミー

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム