機械学習とは?AIの活用に必須のスキルを学ぶべき理由

機械学習とは?AIの活用に必須のスキルを学ぶべき理由

AI(Artificial Intelligence:人工知能)を駆使したサービスの提供やシステムの開発などを、自社でも導入してみたいけれど、何から始めるべきかわからないという悩みをお持ちの担当者様はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、AI運用の基本となる「機械学習」に焦点を当て、機械学習とは何かとその需要をご紹介します。

フリータイム制で見つかる私だけの学びスタイル。

https://www.internetacademy.jp/

日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーは、他のスクールとは全く違います。講師、環境、カリキュラム、システム、サポートなど、すべてがWebに特化しているので、初心者を最短距離で最前線へ導くことができるのです。

目次

機械学習とは

機械学習とは

機械学習とは、ある事柄についてのデータを解析し、得られた結果から機械自らが学び、判断や予測を行うプロセスのことです。

AIを搭載したオンラインサイト上の「あなたへのおすすめ機能(レコメンド)」を例に、機械学習を考えてみましょう。これまでの購入履歴や他の類似するユーザーの情報という様々なデータを解析し、あなたが気に入りそうな商品の特徴をモデル化します。その商品モデルにマッチした商品がリストアップされ、あなたへのおすすめとして表示されるという仕組みになっています。

このように、機械学習とは、数多くのデータから得られた特徴から法則を導き出し、結果や予測を出力するプロセスだと言えるでしょう。

「機械学習」と「ディープラーニング」の違い

「機械学習」と「ディープラーニング」の違い

機械学習という言葉と同時にディープラーニングという言葉も聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。機械学習とディープラーニングは、どちらもAI自らが学び、求める結果や予測を立てるという点は共通しています。

機械学習では、学習によるモデル作成を通じて、AIが予測を行います。つまり、予め与えられた観点や基準に即してAIが自ら学ぶプロセスです。
一方、ディープラーニングでは、「どんな観点、基準でデータを分析するか」ということまでも、自立して機械が学習することを指します。例えば、自動運転が安全な運転を行うためには、標識や信号機の認識、歩行者の確認など様々な観点を機械自身が正確に判断できる必要があります。このような「目の付け所」を機械自身が学び、その精度を高めていくことに、機械学習とディープラーニングの違いがあります。

しかしながら、先ほど述べたように、AI自らが学び、求める結果や予測を立てるという点は共通しているので、機械学習の中に、よりAIが自立して判断するディープラーニングが位置付けられていると言えます。

機械学習を学ぶ意義

機械学習を学ぶ意義

機械学習への確かな理解を持つことは、今後AIをビジネスに導入する上で非常に重要です。

特に今後あらゆるものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)時代に近づくにつれ、AIが自ら情報を処理する仕組みを作れる機械学習の知識やスキルを持つことが求められていきます。すでにパナソニックでは約1000人の機械学習およびAI人材の育成を始めていたり、AmazonやMicrosoftでは機械学習の教育コースを配信したりしており、その需要をうかがうことができます。
また、機械学習はデータ分析にも優れており、データサイエンティストにもニーズがあります。ビッグデータ解析、IoT、人工知能などの先端IT技術の専門家は2020年には国内で4.8万人不足すると言われていたり、日立は約3000人のデータサイエンティストの育成を始めたりと、機械学習に関わる人材のニーズも高まっています。

今後を見据えたプログラミング学習を

あらゆるものがインターネットとつながったり、インターネット上での情報のやり取りが増えたりしていることを考えると、今後機械学習の知識やスキルを使って活躍する場はさらに広くなると予想されます。
そのために、機械学習を見据えたプログラミング学習が求められていくでしょう。ところが先ほど述べたように機械学習を含む先端IT技術の専門家は2020年ごろに4.8万人不足するとされていますが、IT人材全体へのニーズ、約37万人を鑑みれば、わずか13%程度に過ぎません。つまり、先端IT技術の専門家のニーズは現状では一般的なIT人材ニーズと比べて少ないといえるでしょう。
そのため、近々IT人材として転職や就職を考えていらっしゃる方にとっては、JavaやC言語を学び、その後、先端IT技術の専門家としてステップアップを考えてもよいかもしれません。TIOBE Indexによれば、2018年から現在(2019年1月)に至るまで、Java、C言語などの人気はいまだ根強いことからも、こうしたプログラミング言語の学習を通じて機械学習や人工知能の勉強に繋げてみてはいかがでしょうか。

おわりに

今回は機械学習の仕組みから、そのニーズについてご紹介しました。機械学習やより複雑なディープラーニングを駆使したAIを活用していくためには、まずは基本的なITスキルを習得し、それを応用させることが今後さらに求められていくことになるでしょう。

IT・Web専門スクールであるインターネット・アカデミーでは、ITに関する知識やノウハウを幅広く提供しています。母体がシステム開発も行うWeb制作会社であるため、学びたい内容を実践に即したカリキュラムに沿って学習することができます。また、人材教育だけではなく、ITの最新技術をビジネスに導入するノウハウを伝えるITコンサルティングも行っております。
そのため、機械学習をはじめとした分野のスキルを身に付けたIT人材教育のご検討や、自社でのITサービスの運用でお困りの企業担当者様は、是非お気軽にお問い合わせください。ご要望に合わせた研修内容からスケジュールまでカスタマイズしてご提案させていただきます。

参考

Clonos「機械学習・深層学習・AIについて」 MUFG Innovation Hub「「機械学習」と「ディープラーニング」は何が違うのか?」 atmarkIT「約1000人の機械学習/AI人材を育成、パナソニックの全社展開における課題とは」 ZDNet Japan「アマゾン、社内の機械学習教育コースを無償で一般公開」 日本経済新聞「日立、データサイエンティスト4倍の3000人に」 TIOBE Index for January 2019

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム