【Java】配列変数とは?大量のデータ処理の強い味方!(変数の応用)

【Java】配列変数とは?大量のデータ処理の強い味方!(変数の応用)

開発するシステムにもよりますが、Javaのプログラムでは大量のデータを扱うことが少なくありません。膨大なデータを正確、かつ迅速に処理するためには、配列や変数といったプログラミングの基本を熟知しておくことが重要です。
今回は大量のデータ処理の強い味方、配列変数についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

大量のデータ処理を効率的に進めるには?

大量のデータ処理を効率的に進めるには?

プログラミングでは、データのやりとりによく変数を使います。例えば、2人が試験を受験し、その平均点を求める場合は、得点を格納する変数score1とscore2を用意しておけば、平均点は(score1 + score2) / 2と求めることができます。

5人が試験を受験したときの平均点を求めるときも同様です。変数score1、score2、score3、score4、score5を用意して、平均点は(score1 + score2 + score3 + score4 + score5) / 5と計算されます。

しかし、この方法では平均点を求めるために、受験人数分の変数を用意しなければなりません。受験人数が100人や200人になると非常に手間が掛かってしまいます。また、試験を繰り返し実施したときの全期間の平均点を求める場合、受験人数が多くて用意していた変数が不足することも考えられます。

学生の試験結果などはデータ量が多いだけでなく、後でデータが追加されていく特徴がありますが、このようなときには配列変数を用いると便利です 。

配列変数とは?

そもそも「変数」とは?

そもそも「変数」とは?

変数とは、情報(データ)を入れておく箱のようなもので、変数に付けられた名前を変数名と呼びます。変数を利用する際は変数の型と変数名を記述する必要があり、これを変数の宣言といいます。イコール(=)を挟んで左側に変数名、右側に値を記述することで、変数に値を代入することが可能です。
変数の型には、整数を格納するint型、浮動小数点数を格納するfloat型、1文字を格納するchar型、真偽値(trueもしくはfalse)を格納するboolean型、文字列を格納するString型などがあります。

配列変数とは

配列とは、複数の同じ型の変数を並べて集めたもので、配列に付けられた名前が配列変数です。格納されたデータにはそれぞれ「インデックス」と呼ばれる、識別番号が付与されます。インデックスを指定することにより、配列データの出し入れが可能となります。

配列を使う場合、その変数名と格納できるデータの数をあらかじめ宣言しておかなければなりません。その後、データをそれぞれのインデックスに対応した箇所に格納し、プログラムで必要なときに取り出せるようになります。

配列変数の例

配列変数の例

Javaで利用される配列変数のサンプルを見てみましょう。以下のサンプルでは、3人の氏名と点数、そして平均点を出力しています。今回は3人のデータをあらかじめ与えていますが、CSVファイルから大量のデータを読み込んで同様の処理を行うことも可能です。

public class ArrayVar{
 public static void main(String[] args){
  String name[] = {"suzuki", "kaneko", "takeda"};
  int score[] = {84, 77, 89};
  int i;
  int sum = 0;
  for(i=0; i<3; i++){
   sum += score[i];
   System.out.println(name[i] + score[i]);
  }
  System.out.println("平均点" + sum/score.length);
 }
}

おわりに

今回はJavaにおける配列変数を用いたデータの処理についてご紹介しました。配列変数を身に付けるコツは実際にコードを書き、動作させてみることが一番です。データをどのように配列に格納したり、取り出したりしているのかを確認しましょう。

インターネット・アカデミーは、業界の第一線で活躍するプログラマーやクリエイターの指導により、これまでに25,000名以上の卒業生を世に送り出してきました。初心者の方でも、Javaの基本から自分のペースで効果的に学ぶことが可能です。インターネット・アカデミーのJava講座で、実践で役立つスキルをマスターしてみませんか。

関連講座

Java講座 ITエンジニア総合コース

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム