Java EEの一機能Servlet(サーブレット)&JSPとは?

Java EEの一機能Servlet(サーブレット)&JSPとは?

Webシステム開発のためのフレームワーク「Java EE(Java Platform Enterprise Edition)」が持つ強力な機能として、Servlet(サーブレット)とJSPが挙げられます。
ライフサイクル管理やマルチスレッド処理が可能なServletと、タグを用いてHTMLにJavaのコードを埋め込むことができるJSPは、どちらもJava開発の現場に欠かせない存在です。そこで今回は、ServletとJSPについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

Java Servlet(サーブレット)とは

Java Servlet(サーブレット)とは

Java ServletはWebサーバー上で動作するJavaプログラムのことで、Webページを動的に生成したり、データ処理を行ったりします。単にServletと呼ばれることも少なくありません。
Java Applet(アプレット)もServletと同じくJavaプログラムですが、Appletはクライアントがダウンロードしてクライアント側で実行されます。

Servletは単体では動作しません。動作にはTomcatなどの「サーブレットコンテナ」と呼ばれるソフトウェアが必要です。

Java Servlet(サーブレット)でできること

Java Servlet(サーブレット)でできること

Servletはライフサイクル管理やマルチスレッド処理が可能、さらにプラットフォームに依存しないという点が長所です。

ライフサイクル管理

ライフサイクルとは、Servletの開始から終了までの一連のプロセスのことです。クライアントからサーブレットに対するリクエストがあると、初期化処理が実行されます。Servletは1度ロード(読み込まれる)されるとメモリ上に保持されるため、2回目以降は初期化処理が不要となり、処理時間が短縮されます。

マルチスレッド処理

プログラムを実行する際、コンピューターはコードを先頭行から1行ずつ読み込んでいきます。このような一連の処理の流れをスレッド(thread:糸)と呼びます。
マルチスレッドは複数の処理を並行して実行できるため、複数のクライアントがServletに同時にアクセスしても待たせることなく、処理を進めることができます。

プラットフォームに依存しない

Javaは「Write Once, Run Anywhere(1度書けばどこでも動く)」というスローガンからも分かるように、Windows、Mac OS、Linuxといったプラットフォームに依存することなくプログラムを実行できる点が魅力です。ServletもJavaプログラムであり、プラットフォームの依存性を気にする必要がありません。

JSP(JavaServer Pages)とは

JSP(JavaServer Pages)とは

JSPとは「JavaServer Pages」の略称で、HTMLページ内にタグを使ってJavaコードを埋め込むことができる技術です。JSPで記述されたプログラムは、Servletプログラムに変換されてから実行されます。

「プログラムを最終的にServletに変換するのであれば、JSPは不要ではないか」と感じた方もいるでしょう。JSPを採用する理由は、MVC(Model View Controller)モデルに基づくWeb開発アプリケーション開発を行うためです。

MVCモデルは、アプリケーションのビジネスロジック(業務処理)を受け持つModel、Modelの表示を受け持つView、ModelとViewを制御するControllerの3機能に分けて開発を行う手法です。

MVCモデルに基づくWebアプリケーション開発では、Modelの機能をJava、View の機能をJSP、Controllerの機能をServletで実現します、各機能の開発はそれぞれの専門家が担当し、互いに干渉し合うことがありません。Viewの機能(ビジュアル面)の開発はWebデザイナーに、他の機能の開発はエンジニアに担当させることが可能です。

おわりに

JavaによるWebアプリケーション開発を行う場合、コンピューター上で単独で動作するJavaアプリケーションの開発スキルに加えて、Webサーバー上で動作するServletやJSPのスキルも求められます。Javaエンジニアを目指している方は、JavaのWebアプリケーション開発向け機能も学んでおきましょう。

インターネット・アカデミーは、Java開発元のオラクル社とシルバーパートナーとして提携しており、世界基準でJava講座のカリキュラムを提供しています。Webアプリケーション開発に興味をお持ちの方は、ぜひインターネット・アカデミーで学んでみませんか。

関連記事

【初心者入門編】プログラミングを学ぶならJavaから!その理由

関連講座

Java講座 ITエンジニア総合コース

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム