JavaのWebアプリ開発をするためのおすすめフレームワーク

JavaのWebアプリ開発をするためのおすすめフレームワーク

汎用性が高く、世界中の開発現場で高い人気を誇るJava。
Javaを用いたアプリ開発に欠かせないのがフレームワークです。フレームワークにも様々な種類がありますので、現場でよく使われるフレームワークを選んで学習しましょう。 おすすめのフレームワークをご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

フレームワークとは

フレームワークとは、開発の際にベースとなる、基本的な枠組みのことです。
たとえば、あるシステムやアプリを1からすべて自分でプログラミングして開発するためには、膨大な手間暇と深い知識が必要です。しかし、フレームワークを用いれば、あらかじめ半完成品というべき基本構造が提供されます。開発者はそれぞれのフレームワークの規約に従って、一部の改変や、機能・処理の追加をしていけばよく、開発がスムーズになります。

また、フレームワークの利用には、チーム内でコード記述の基本的な考え方を統一できるというメリットもあります。
Javaは非常に多機能で、さまざまな処理ができる言語なので、結果として同じ動きをするアプリでも、いろいろな記述方法が考えられます。 そのため、複数人で作業する際はコードの書き方がまちまちになってしまうという問題が起こりえます。

しかし、フレームワークを用いることで、チームメンバーで基本的な考え方を統一でき、作業を効率的に進めることかできます。

フレームワーク使用の注意点

フレームワークによっては、そのアプリ開発に必要のない要素が含まれたり、開発の自由度が下がったりする場合もあります。フルスクラッチ(完全な新規)でアプリ開発をする場合、フレームワークの選び方に失敗すると、かえってフレームワーク自体を自分たちで作った方が早かったという場合もありえます。そのため、フレームワークはその開発の目的に合ったものを選びましょう。

フレームワークを学習する際は、開発現場でよく使われている人気の高いものをおさえておくことをオススメします。人気の高いフレームワークは、汎用性が高い、特定の分野に強いなど、人気になるだけの理由があります。

Javaの開発でお馴染みのフレームワーク

Java EE

JavaEEとは、Java Enterprise Editionの略です。

企業向けのシステム開発に必要な機能を標準化したフレームワークで、大企業での大規模システム(サーバー用途)での開発に携わって活躍したい方にオススメです。 Java標準のフレームワークで、新バージョンのリリースごとに業界のニーズを取り入れた新機能が統合され、アプリケーションの移植性が強化されています。

Spring Framework

現在世界的に人気があり、多くの開発現場で採用されているフレームワークです。 その秘密は、カバーしている範囲がとても広く、Webアプリから大規模システム開発まで、汎用性が高い万能型であることです。

機能が充実している分、学習コストが高くなるのがやや難点ですが、多くの現場で求められるスキルであるため、注目も高まっています。

Play Framework

Spring Frameworkとは対照的に、Webフレームワークに焦点を絞り、軽量で使いやすく、開発しやすい点が長所として人気のフレームワークです。 学習コストも比較的低めで、敷居の低いフレームワークということができます。

まとめ

Javaは様々な開発に利用できる言語として人気ですが、Java言語だけではなく、主要なフレームワークもあわせて学習しておくことで、様々な企業や幅広い分野で活躍することができます。
また、フリーランスとして独立する際も、受注できる仕事の幅が増えます。 現場で使えるフレームワークを学習して、ぜひ、高収入のJavaプログラマーを目指してください。

インターネット・アカデミーの「Java講座」は、最新標準であるJava EE7に対応しており、Javaの基礎はもちろん、大規模Webシステムの開発やスマホアプリの開発まで学ぶことができます。 効率的にJavaを学びたい方、是非、お気軽にお問い合わせください。

関連講座

大規模WebシステムやAndroidアプリの開発を学ぶJava講座