「スクリプト」の有無で大違い?JavaとJavaScriptの違いとは

「スクリプト」の有無で大違い?JavaとJavaScriptの違いとは

プログラミング初心者の方の中には、JavaとJavaScriptを混同されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。名前は似ていますが、両者は全く別のプログラミング言語です。しかし、どちらも習得したいプログラミング言語ランキングの上位に入っており、高い人気を誇っています。今回はJavaとJavaScriptの違いについてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

Javaとは?

Javaとは?

Javaとは、Windows、Mac OS、Linuxといったプラットフォームを選ばない、汎用的なプログラミング言語です。

Javaが開発される以前のプログラミング言語は、Windows、Mac OS、Linuxといったプラットフォームに依存しており、他のプラットフォームへの移植に多くの時間とコストがかかっていました。
「プラットフォームに依存する」とは、「それぞれのプラットフォーム(PCのOS:オペレーティングシステム/基本ソフト)に合わせたプログラムでないと動作しない」という意味です。例えば、Windows非対応のソフトはWindows PC上で動作させることはできません。

ところがJavaの登場により、プラットフォームに関係なくプログラムを動作させることが可能になります。Javaの発表当時(1995年)のコンセプトは「Write Once, Run Anywhere(一度書けばどこでも動く)」で、20年以上経過した現在も根強い人気があります。 身近なところでは、Androidアプリ、SNSやECサイトのシステム、銀行のATMシステム、電気やガスなどライフラインの管理システムなどの開発がJavaで行われています。

JavaScriptとは?

JavaScriptとは?

JavaScriptは、Webサイト、モバイルアプリ、チャット、ゲームなどの動的なコンテンツの作成に用いられるプログラミング言語です。

例えば、Webサイトの制作では、Webページの文書構造をHTML、文書の見栄えをCSSで指定しますが、HTMLとCSSだけでは基本的には静的コンテンツしか作れません。JavaScriptを併せて利用することで、Webページに動きを与えることができるのです。

近年はコンテンツの見栄えだけでなく、競合サイトとの差別化を図るためにUX(User Experience:ユーザー体験)が重視される傾向にあります。「利用していて楽しい」「ストレスなく操作できる」など、Webサイト制作においてJavaScriptがUX向上に果たす役割はますます重要になっています。

「Webページのクリックしてほしいボタンを光らせる」「Webサイトのトップページで画像をスライドショー表示する」「ECサイトで買い物かごに入れた商品数量の変更や削除、金額の修正をする」など、JavaScriptは私たちの身近な場面で活躍しています。

結局、JavaとJavaScriptの違いとは?

このようにJavaとJavaScriptは、特徴や使用される分野が異なります。2つのプログラミング言語の違いを挙げると、以下の通りです。

Java

Java
  • プラットフォームにかかわらず、プログラムが動作する
  • 企業の顧客情報管理などの大規模なデータ処理を得意とする
  • 公共系サービスの管理システムやATMシステムなどの社会インフラを支える
  • サーバーサイドの開発(サーバーで動作するプログラムの作成)に用いられる

JavaScript

  • Androidのアプリ開発、RPGやシューティングゲームなどの開発に欠かせない
  • 動的なWebコンテンツの制作に利用される
  • 家電や車のナビゲーションシステムなど、身近な場所で活躍している
  • クライアントサイドの開発(クライアント端末で動作するプログラムの作成)に用いられる

おわりに

JavaとJavaScript、両者の違いをイメージできるようになったでしょうか。特徴と用途が異なりますが、これからシステム開発やWebサイト構築に携わることを希望される方は、2つとも学んでおくことをおすすめします。

Web制作会社を母体としたWebスクール、インターネット・アカデミーでは、現場で蓄積されたノウハウをプロの講師から学ぶことができます。JavaまたはJavaScriptにご興味のある方は、毎日開催している無料体験レッスンにぜひお越しください。

関連講座

プログラマー入門コース ITエンジニア総合コース Webデザイナーコース Webデザイナー総合コース

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム