Web動画でリッチなWeb制作を!動画コンテンツの効果と制作方法

動画コンテンツの効果と制作

人間は忘れる動物といわれます。ドイツの心理学者エビングハウスは、文字を記憶しても20分後には42%、1日後には74%も忘れてしまうことを明らかにしました。

しかし、アメリカ国立訓練研究所の研究によると、オーディオビジュアルで視聴した場合には通常と比較して長く記憶を保持できることが分かっています。そのため、広告認知度を高めるために企業がコンテンツを動画化することが増えています。今回は動画コンテンツの効果と制作方法についてご紹介します。

IT業界まるわかりガイドは、日本初Web専門スクールのインターネット・アカデミーが運営する業界情報メディアです。最新の業界情報を、初心者にも分かりやすくご紹介しています。

目次

動画コンテンツの効果

動画コンテンツの効果と制作

株式会社電通と株式会社ディーツーコミュニケーションズが発表した「iPhone向け動画広告調査」によると、動画コンテンツの広告認知度は通常のバナー広告の約1.7倍です。さらに、米国の動画専門企業であるInvodo社が発表した「E-Commerce Video Benchmarks Report Q2 & Q3 2013」によると、動画を見たユーザーは通販サイトでの購入率が1.81倍も高くなります。

バナー広告、つまり文字主体の広告は、消費者が内容を読んで理解するという能動的な行動を必要とします。一方、動画広告は、「何となく」視聴していても内容が頭に入ってきやすいのです。また、画面の明るさを変えたり、音量を変えたりするなどにより、広告内容をユーザーに強く印象付けることができます。

Webにおける動画コンテンツは、バナー広告のように広告枠(インバナー広告)として掲載することも、自社Webサイトに掲載することもできますが、より効果が大きいアプローチは、動画サイトへのアップロードです。

動画サイトにコンテンツをアップロードすることによって、視聴者の感想や口コミの拡散効果が期待でき、少ない視聴頻度でも高い認知度を得ることができます。またテレビCMでは視聴機会が限られますが、動画サイト上のCMはいつでも視聴することが可能です。

動画コンテンツのニーズ

動画コンテンツのニーズ

動画コンテンツは、Webサイトの動画背景やバナー広告、会社PR、商品PRに対して使用されます。

Webサイトの背景やインバナー広告に動画を使う場合、基本的に音声を流すことができません。そのため、どちらかというとテキスト情報を補完する動画コンテンツとなり、効果も限定的になります。

しかし、Webサイトの背景では大画面を使うことができるため、イメージ広告としては非常に有効です。また、バナーの上にマウスを移動させたり、バナーをクリックしたりすると音声付きの動画が始まるなどのインタラクティブな動画広告を設置することもできます。

会社PRや商品PRで使用する動画コンテンツは、企業や商品を覚えてもらうことが主な目的です。特に商品PRにおいて、インターネット通販などWebを宣伝基盤として利用する場合に動画コンテンツはとても効果的です。

動画コンテンツ制作の方法題

動画コンテンツの制作には、主に以下の3つの方法があります。

1. プロに依頼する

プロに依頼する

撮影・編集・録音・編集・インターフェース付加など、ほぼすべての工程を制作会社に依頼する方法です。質の高いコンテンツを制作できますが、費用がかさむことがあります。また、制作期間も長くなりがちです。

2. 動画編集ソフトを利用する

動画編集ソフトを使用することにより、自分で動画コンテンツを制作する方法です。動画や音声などの素材は、制作会社に依頼しても、自分で用意しても良いでしょう。

ただし、本格的な動画コンテンツを制作する場合、ソフトの使い方に習熟することが必要です。

3. JavaScriptを利用する

リッチなWeb動画を制作するために最適な方法です。動画のタイムラインに合わせてテロップを出したり、動画中の商品をクリックすると商品ページに飛んだりするような、インタラクティブなコンテンツ制作ができます。

また、ブラウザに依存しない独自のインターフェースのデザインを表現することも可能です。この場合、JavaScriptのプログラミングスキルが求められます。

[PR] Webデザイナーの仕事の魅力とは? 先輩Webデザイナーに聞いた仕事の魅力

おわりに

動画コンテンツは広告認知度が大きい効果的な広告媒体です。しかし、視聴者に強く訴求でき、かつ効果の高いコンテンツであるかどうかはコンテンツの質にかかっています。そのため、自社制作、外部制作にかかわらず、制作内容やコンセプトをしっかり詰めてから制作を始めることが大切です。

出典

株式会社D2C:iPhone向け動画広告効果調査 Invodo社:E-Commerce Video Benchmarks Report Q2 & Q3 2013

Web業界への就転職・キャリアアップを成功させたいと考えている方へ
日本初そして日本唯一のWeb専門スクールインターネット・アカデミー

自分にぴったりのコースが見つかる

インターネット・アカデミーでは、Web業界を目指すあらゆる方にお応えすべく、多彩なコースをご用意しています。

Webデザインを学びたい方

プログラミングを学びたい方

自分のペースとスタイルで学べる

毎回好きな受講形式を選んで学習することができるので、働きながらじっくり通いたい方も短期間での就職を目指す方も自分の都合に合わせて、スケジュールを組むことができます。

  • ライブ授業

    現役のプロインストラクター
    と仲間と学ぶメリット

    ライブ授業
  • マンツーマン授業

    インストラクターと
    1対1という贅沢

    マンツーマン授業
  • オンデマンド授業

    いつでも学びたいことを
    学べる

    オンデマンド授業

自分に適した学習方法を探す

インターネット・アカデミーでは、無料体験レッスンを毎日開催しています。デザインやプログラミングの体験ができるのはもちろん、実際の授業に参加したり、就職や転職のご相談、通学スケジュールのご相談なども承っております。

  • ご要望をお伺い

    ご要望をお伺い

    まずはお客様のご要望をお伺いし、お一人おひとりの目的や悩みに最適な内容にカスタマイズ。お客様専用の内容で当日ご案内いたします。

  • カウンセリング

    カウンセリング

    就職や転職、在宅で働きたいなど、お客様の希望を叶えるために専任のスタッフが最適な学習プランをご提案。現在の仕事のご相談なども承ります。

  • 体験レッスン

    体験レッスン

    「自分に向いている分野は?」「自分にできる?」そんな疑問を解決するレッスンを無料で体験。デザインもプログラミングもお試しいただけます。

無料体験レッスン・個別相談のご予約

当日ご希望の方やお急ぎの方は、フリーダイヤルにてご予約いただけます。

0120-746-555 フリーダイヤル受付時間(平日・土日) 10時-21時 オンライン予約

IT研修・人材育成のご相談を無料で承っております
法人専用社員研修、内定者・新人研修のご予約

インターネット・アカデミーでは、
あらゆるニーズに合わせた研修カリキュラムを取り揃えています。

「自社に最適な研修プランを相談したい」「研修費用の相談をしたい」「助成金を申請したい」など、お電話またはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

03-3341-3781 受付時間(平日・土日) 10時-21時 法人専用 お問い合わせフォーム